紫苑のきもの&60代から何ができる?

いつのまにか60代。きものブログで試行錯誤してきましたが、残りの日新しいことにも挑戦してみたい。

絞り展~~雨なので木綿尽くし

2017-06-14 10:22:19 | きものでお出かけ

 

新宿にある文化服飾学園の

世界の絞り・SIBORI」展に行きました。

 


絞りのきものは大好きで、

あのニュアンスがなんとも魅力的。

自分でも板締め絞りなど何度か試して

みましたが、その多くはみるも無残な失敗。

雪花絞りにチャレンジわざわざ紹介するほどか?


天気予報では午後からは雨は止むとのことだったけど、

小雨がぱらついていたので自作縞木綿&更紗木綿帯。

翡翠の帯どめ。



この博物館小規模ながら便利な場所にあります。

日本の衣ってそうなんだ。いろいろ学ぶ」


現場での写真はNGなのですが、

ネットにいろいろ出ているので

その中から。

インドのサリーですね。

これは絞りをいくつも重ねた凝ったもの。


印象に残ったのはアフリカの「ンドップ」といって

8センチの布をはぎ合わせ絞りを施したもの。

これは儀式のときに使われるそうです。

藍色でまさに日本のパッチワーク。


そのほか、ドレスの後ろ裾に羊の角を

絞りで入れて魔除けにしたり。

これは日本の後ろ襟に紋を付けるのと

似ていますね。

きものの裾にも刺繍など入れると

面白いかも。



 

その足で新宿のタカシマヤテラスに。


横断歩道の傘。

最近はビニール傘が多いね。


この頃の繁華街、どこも外国人が多い。

テラスでも「CAN I  GET~~」と

話しかけられ、


ペンギン広場で。

パチリ。

フィリッピンから来た父娘。

可愛いよね。孫みたい?


先週とはうって変わって肌寒い日で、

木綿きものと帯でお腹周りを

しっかりガード。

垂れがあがってるね。


ほかほかの温かさ。

ほんと、着物って身体にもいいよね。


これからもっともっと外国の方多くなるね。

せめて着物で日本の街を美しく?楽しく

おもてなしいたしましょう。

秋色くもの巣絞りで仁左衛門歌舞伎」


いつも応援ポチ

ありがとうございます。

 


にほんブ
にほんブログ村

ジャンル:
ファッション
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« これからは食。いのちのスー... | トップ | 「毎日、きもの」~~河村公... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日本代表 (悠々)
2017-06-14 14:24:47
紫苑様

東京は雨ですか。こちらは梅雨とは思えぬ好天続き、風が少し強く、ご近所迷惑なので風鈴は一旦休憩。

絞り展、いいですね。東京はいつもあちこちで何かしら興味深い催しがあり、羨ましい限り。あれっ、よく見ると9/4までなのですね。来月上京の時訪ねてみましす。

先日放送の洋画、日本が舞台になっていました。喪服姿の場面があったのですが、衣紋を抜き襟元もゆったり…違和感満載の着付けでした。外国の方からすればそんな細かい事はどうでもいいのでしょうね。
紫苑様はきっと『キモノ!オー、ビューティフル♡』っとカメラを向けられる事がよくおありなのでしょうね。
日本代表着物親善大使として、素敵な着姿でお・も・て・な・し を‼︎
皆日本代表 (紫苑)
2017-06-18 17:11:25
悠々さま
上京の折にはご一報を(笑)。
日本が舞台になった洋画、なんでしょう?
悠々さまは、いろんな知識をお持ちなので、教えていただきたいです。
外国の方にカメラを向けられることが多い理由は簡単で、私もカメラを持っているからです。それに目と目が合うとにっこり笑うからでしょうか。
これからはきもの着ているから皆日本代表だと思って、お・も・て・な・しすると、どちらにとっても楽しくなると思いますが。
実践します♪ (毬子)
2017-06-24 11:49:40
「目と目が合うとにっこり笑う」って素敵ですね。
私はもし話しかけられたらどうしよう、と思うとついうつむきがちになってしまいます。
でも、にっこり笑う、だけでもいいんですよね。
残りの半生(もないですが☆)、いろんな人と仲良しになりたい。これからは「目と目でにっこり」してみます。
紫苑様、大切なこと気づかせていただいてありがとうございます*^^*
にっこり (紫苑)
2017-06-25 08:46:02
毬子さま
素敵に嬉しいコメントです。私、着物着ていないときにはシャイなんですよ。きもの着ていないときにはせかせかしています。でもきもの着ると、違う人間になるのか、人と目が合うことも多く、そんなときいきなりにっこりはできませんが、にっこりムード。外国の方は、それでなくても心もとないから、現地の人はせめてにっこりムードでいきたいです。写真撮る、撮らないに関係なく、それだけでも日本に来た人はほっとするのではないかと思って。せわしい東京で、せめてきものを着たときくらいはね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。