紫苑のきもの&60代から何ができる?

いつのまにか60代。きものブログで試行錯誤してきましたが、残りの日新しいことにも挑戦してみたい。

銀座に行きました。~^白大島&

2017-05-18 20:05:45 | ビジネス・半分ビジネス

 

打ち合わせで銀座に行きました。

Sonyビルの向かい、阪急のあとにできた

バリー。

 こういうワンピ好き。

もう着られないけど。


単衣白大島に唐草。

ブルー絞り帯揚げ&道明。


撮影場所変えました(笑)。

いつもの場所は

ハレーション起きすぎるので。

どっちでもいいよね。


銀座に行くには銀座結び、

というわけでもないのですが。



打ち合わせのあと、

こちらに行きたかったのですが。


GINZA6

新しく開店したショッピングビル。


大好き椎名林檎さんが歌っている

「目抜き通り」

プロモーションビデオ。


すべてコスプレの潔さ~椎名林檎さん」


打ち合わせのあと、友人に会って、

そのあと食事だったので時間が

なくなった。

今度、ここ目当てに行きます。

楽しいプロもだから見てね。

夜の銀座を使って撮影した優れもの。

エキストラで参加したかった(笑)。

どんどん変わっていく銀座。


知人命名の「文春砲ポーズ」?



というわけで、

いつも応援ポチ

ありがとうございます。

 


にほんブ
にほんブログ村

  

ジャンル:
ファッション
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もうヒールは履けない~~足... | トップ | 「嫌われる勇気」のアドラー... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
銀座に似合う白大島 (亜雅紗)
2017-05-19 17:13:27
大島紬の紺色は私には似合わないんです。憧れなんですけど。さらに憧れの白大島は友人曰く「慣れないのに着ると汚すよー。着膨れるし(トホホ)」
で、ヤフオクでホンワカ花柄の色紬を落札してみたけど袷…しばらく着られない。でも嬉しい。

銀座はどんどん変わっていく街。生きている街ですわね。
何回も上京するたびに浮き浮き歩きました。
少し横路に入ると垢抜けたおじさまがいらした老舗っぽいステキな紳士服専門店があったけどまだあるのかなぁ?
いつか銀座を着物で歩くのって夢です。7070
初めまして。 (毬子)
2017-05-20 13:20:43
こんにちは。いつもブログを楽しく拝読させていただいております。
初めて紫苑様のブログを見つけた時、ウィットに富んだ文章と、鋭い着眼点、なによりお着物への飽くなき好奇心!に感激し、過去のものもくまなく遡って夢中で読ませていただきました。
エッセイを出版なさればいいのに~*^^*

私ちょうど師岡宏次さんという方の昭和10年代の銀座の写真集を見ていたところでした。戦前の銀座はお濠で囲まれ島のような状態だったそうです。冬はかもめが舞い、春には柳が風になびき、夏には数寄屋橋の下の濠にボートが出ていたとか。今もそんな風情あふれる銀座だったらどんなに夢のようでしょうね。
白大島 (紫苑)
2017-05-21 09:12:43
亜雅紗さま
私も少し前までは白大島NGだったんです。その理由は白はちゃんと着付けしないと幽霊のように見える(笑)。
痩せて貧弱だから余計ね。きものは少しふっくらしている人のほうが貫禄があるけど、それも仕方がない。自分の体型で工夫するしかないです。
銀座は最近また盛り上がってきましたね。
銀座の写真集 (紫苑)
2017-05-21 09:16:51
毬子さま
本当にうれしいコメントありがとうございます。ちゃんと読んでいただいてホント、嬉しいです~~。
師岡さんの写真集、私も持っていました。引っ越しのときに処分したけど、惜しかったかな。本当に昔の銀座はまさに風情あふれる憧れの場所。今は風情というより、ブランドショップばかりが目立つようになってしまいました。それは寂しいです。着物への好奇心、ちょっと行き過ぎの感がありますが、もう少し続くかなあ。また覗いてやってください。ありがとうございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。