紫苑のきもの&60代から何ができる?

いつのまにか60代。きものブログで試行錯誤してきましたが、残りの日新しいことにも挑戦してみたい。

アンティークきものは難しい

2017-05-20 18:44:03 | おしゃれのルール

 

先に「誉められきものにセンスはいらない」との

ブログをアップさせていただきました。


えっ、センスいらないなんてことないでしょう。

きものブログにはセンスある人、

いっぱいだよ。

センスないのは、あんただけじゃないの、

と思われた方もいるのではないでしょうか。

はい、わたしセンスないのです。

 

きものにハマったきっかけはアンティーク、

という方多いと思います。

きものブログ開けば、もう華やかな

アンティークのお花畑。


かく申す私も恥ずかしながら、

50代できものにハマり、

初期にはアンティーク、


2008年、アンティーク仲間とお出かけ。


君の場合、アンティークというより

古い、安いだけではないの?

との意見もありそうですが、

はい、まさにその通り。

もう最初にアンティーク着ている人を見たときには

びっくりした。

カルチャーショック。

こういうきもの着る人は車で移動するのかと

思ってました。

家から駅までどうやって来るの?

「いつもの道ではなくて、裏通りを歩く」(笑)


あの華やかなきものに憧れて、

浜松にあるCHOKOさんの行きつけのお店

にまで行ったほど。


すいかカフェで、きものカリスマCHOKOさんと]

私の貧弱なこと。


この方の色彩センス、

もうアートとしか言いようがない

素晴らしさ。

マネできない、と悟る。


きもの着るようになって、

パーソナルカラーを研究?したり、

少しでもセンスアップしようと

試行錯誤を重ねましたが、

生まれついてのセンス音痴は仕方がない。


せめて長羽織なりともアンティークを、の時代。


柄オン柄とか、色重ねとか、

アンティークきものは本当に難しい。

センス必要です。


着ている本人がアンティークの時代。

これだってセンスいらない着物。

控えめアンティーク。



なんちゃって日本髪に凝ったり~~。


50代できものに目覚めてアンティークはちと

痛いかなと方向転換を始めたのは

60を前にした頃。

せめて帯だけでもと、控えめアンティークを。


ぐるりぐるりと回って、

ようやくたどり着いたのが

シンプルきもの。


な~~んだ、これが一番簡単、

かつ似合うかも、と。

仕事でもホテルでも町でも、

どこにでも行けるしね。


かくして、自分のセンスというより

先人が考えてくれたセンスに

身を任せることにいたします。

遊ぶなら、これにいろいろ重ねていこう、

と思った次第。

センスある人もセンスない人も

きものは楽しい~~

いつも

応援ポチ

ありがとうございます。


にほんブ
にほんブログ村

ジャンル:
ファッション
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「嫌われる勇気」のアドラー... | トップ | 大学は美味しい・食べる楽し... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同感で~~す② (明石の玉子焼姫)
2017-05-20 20:02:19
きものを着始めて8年ほど。
アンテークには今も憧れてます 
でも柄on柄とか色重ねは、超真面目な私(うん???)にはとても難しい。それに裄が長いので寸法が合わない。

元々シンプルイズベストの人間だったので、シンプル路線は今もそのまま継続中!

実は最近、やっとこ紬に目覚めました

この頃はお財布の中を見ながら、最初の頃には考えれなかった裄出しや八掛替え、そして
何と自分寸法のも仕立てた! もっともまだ3枚のみですが・・・

いろいろな変遷(多分これからも?)しながらも、やはりきものは楽しですね!

アンティークは本当に難しいですね (亜雅紗)
2017-05-20 23:49:48
柄オン柄。でもちゃんとまとめるなんて私から見ると神業。
でも紫苑様のコーデは素敵です!品があってでも個性もちゃんとあって、なんでこんな風に組み合わせられるのかなぁとマジマジ毎回拝見しております。

ヤフオクで綺麗な刺繍帯とか出てるけど状態のいいものはあっと言う間に何万円になりますね(TT)自分で締められなくてもいいから一本欲しいんだけどまだまだ良いものをちゃんと見分けられない。
自分の七五三の着物をお正月のタペストリーとして飾ることに決めたので、豪華な刺繍帯も飾りたいと思ってるのですがなかなか難しいです。
アンティーク (紫苑)
2017-05-21 09:06:27
明石の玉子焼姫さま
コメントありがとうございます。紬は楽ですよ。考えてみれば、同じきものといっても、いろいろありますね。
その変遷ぶりもまた楽しい。
アンティークの色遣いには本当にひかれます。シンプルもいいけど、目の保養にはアンティークは素敵。せめて人の色遣いを見たり、部屋に飾ったりして楽しむことにします。
Unknown (紫苑)
2017-05-21 09:08:52
亜雅紗さま
本当に柄オン柄は難しい。神業。アンティークにもいろいろ、そうだ、池田重子さんもアンティークだった。この人のアンティークなら大人でも大丈夫でした。忘れてたけど。また見直してみましょうかね。
確かに、部屋に飾ってもいいしですよね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。