紫苑のきもの&60代から何ができる?

いつのまにか60代。きものブログで試行錯誤してきましたが、残りの日新しいことにも挑戦してみたい。

服が燃えた!~~ので?浴衣でも

2017-07-15 09:39:00 | 暮らし

 

夕方、せっせと料理をしていて、

ガス台の向こうにあるものを取ったとき、

洋服に火が点いた!

 

気が付かないまま、何か焦げ臭いな、

身体の横が暑いな、と思っていたら、

暑い、ではなく熱い、だった。

ちょっとびっくりして、水をかけたけど、

消えない。

あわてて脱いでようやく消しました。


しかし、着ていた素材が麻だからよかったけど、

これで化繊だったら、確実に火傷してますね。

麻に感謝、燃え方がゆるい。

麻は身を助く?



お気に入りの麻だったのに

いや、そっちではないでしょ。

記念にぱちり?

どうせ火がつくなら

ハートのほうにしてほしかった~~?


家庭内の事故、多いそうです。

気をつけましょう。

知人のご子息、階段から落ちて~~。

一軒家に引っ越すとき、嫌だったのは、

そんなことがあったから。


シャワーを浴びて、気分治しに浴衣を。


水玉スカーフを帯揚げに。

可愛いので、いっぱい出してみました。


綿絽です。


自作、というか名古屋帯の裏を

半幅にして絞りの布を縫いついた帯。

もう後ろのおはしょりも気にしない。

竺仙麻浴衣で~~」


前はこんな感じ。

友人が来たので、やはり

「家庭内事故」で盛り上がる~~。


というわけで、

本日もどうにか無事に生き抜いた~~。


いつも応援ポチ

ありがとうございます。


にほんブ
にほんブログ村

ジャンル:
事故・盗難
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« わが家は発酵生活~~発酵断... | トップ | 仕事仲間と夜の銀座で暑気払... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
危ない! (亜雅紗)
2017-07-15 12:05:19
本当に麻を着てらして良かったです。フリースなんか着ている冬なんかだったら……家の中での事故は本当に怖い。

涼しげなコーデに炎天下でお出かけ中の我が身が冷やされて癒されております。
ありがとうございます。
台所 (あるばとろす)
2017-07-16 21:54:22
大事に至らないで何よりです!🙀おばあちゃん女優さんで台所で火を使っていて、半纏に火がついて亡くなられた方がいましたね。麻で救われたのですね。着物の素材調べで化繊に火をつけた時の火の廻りの速さに恐ろしいと思ったことがありました。ホントに火は怖いです。
フリース (紫苑)
2017-07-21 10:23:40
亜雅紗さま
確かにフリースだったら、怖い。夏だけの話ではなく、一年中あり得ることですものね。これからは何事も細心の注意が必要だと思い知らされました。
火の廻りの速さ (紫苑)
2017-07-21 10:25:49
あるばとろすさま
確かそんなことありましたね。当時は他人事でしたあ、だんだん他人事ではなくなりました。これくらいのことで済んで不幸中の幸いだと思うことにします。
コメントありがとうございます。
大事に至らずに良かったですね。 (鴨志田です。)
2017-07-21 15:27:41
着物の焦げで思い出しました。作家の五味康佑さんは奥さま共々着物生活をされていました。遺品を見せていただいたとき(本に五味さんの写真使わせて頂きました)煙草の焦げ後がついた着物がありました。つぎなどしてあり、気に入った着物は煙草の焦げをつけても着続けていたようです。
麻で命拾い (紫苑)
2017-07-25 09:08:11
鴨志田さま
コメントありがとうございます。麻のおかげで命拾いしました。やはり麻、ですよね。昔の人はたばこ吸っていて、布団や服を焦がしたりしていまいsたね。思えば危ないことです。昔寝たばこをして亡くなった方がいました。焦げ跡ついたもの修復してまでお召しになっていたんですね。きものにこだわりを感じます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。