しおんの部屋

3DCG とか スクリプト とか…

Blenderで女の子! 下まぶたを変えてみた3

2017年06月18日 | Blender 3DCG
Blenderで女の子! 下まぶたを変えてみた2 の続き

またまた時間をおくと不満が出てきた^^;

・下まぶたの赤みが強すぎる
・白目の白さが目立ちすぎ
・涙袋の目頭側の縦の幅がありすぎ?

また前回既に唇が気に食わなかったが・・・

・唇の色の黄色味が強すぎる
・唇の形がなんかおかしい

という事で以下を直した。

・下まぶたの赤みを弱くする
・白目の色の明るさを少し落とす
・涙袋の目頭側の縦の幅を少し縮める
・唇の色に青みを少し加える
・唇の形を大幅に変更

直した結果がこれ



全体的に落ち着いた感じになった。かな?^^;


目元を主に直していたはずなのに、今回最も変えたのは唇だった。
しばらく唇の不自然さの理由がわからなかったのだが、WEBで色々な写真を見ているうちに、斜め前方から見た時に上唇に対して下唇の位置が少し後ろに引っ込んだ方が立体感が出ることがわかった。

そこで、まずは上唇と下唇の境目である口角部分を変えた。
いままでは上唇と下唇の曲線が口角部分で分かれていたが、口角部分を上唇側の曲線の延長にしたところ、下唇が上唇の内側から始まる感じになり、斜め前から見ても良い感じになった。

次に上唇を変えた。
前方に膨らむのではなくほぼ垂直に下に降りてそのまま口の中の方に曲がっていくようにすると良い感じになった。
その結果、上唇と肌の境目の凸形状も実現できた。



結果として上唇と下唇の合わせ目が自然になり、唇の立体感が増して影のでき方も自然になった。
・・・気がする(^^;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Blenderで女の子! 下まぶたを変えてみた2

2017年06月11日 | Blender 3DCG
Blenderで女の子! 下まぶたを変えてみたの続き

やはり時間をおくと少し不満が出てきた^^;

・涙袋がクマみたいに見える
・全体的にのっぺりしている
・涙袋にメリハリがない
・頬の赤みが目立ちすぎ?
・肌の黄色が強すぎる?

そこで以下の変更を加えた

・涙袋の目頭側の下側のくぼみを強調する
・眼窩の目頭側を少しだけ強調する
・ほうれい線の鼻に接する部分を少しだけ強調する
・肌の色の黄色味をおさえ、全体的に色を薄くする
・頬の赤みを薄くする

結果はこんな感じ



肌が白くなった分、微妙な赤みの効果が出るようになって目元や頬のリアルさが少し増した気がする。
ただ唇は・・・なんか気に入らない^^;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Blenderで女の子! 笑顔2

2017年05月20日 | Blender 3DCG
Blenderで女の子! 笑顔2
前回Blenderで女の子! 笑顔の続き

やはり笑顔は一筋縄ではいかない^^;
前回の笑顔を見ると、口と目の表情がばらばら。
特に口が笑っている形になっているだけという感じがしてきた。

という事で以下を変えてみた。
・口の幅を少し広げた。
・口角を縦に少し開き気味にして力が抜けた感じにした。
・ほうれい線の谷線の曲がりの強さを調整した。
・目を少し閉じ気味にして左右のバランスを変えた。
・眉を少しハの字形にした。
・下唇がV字形型っぽく見えたので、少しU字形にした。
・口角の下唇側に出来る不自然な影を消した。
・不自然さを消すため、顔の向きを少し変えた。



顔の力が抜け、自然な笑顔になった気がするが・・・
後で見ても同じように感じるだろうか?^^;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Blenderで女の子! 笑顔

2017年05月14日 | Blender 3DCG
前回Blenderで女の子! 肩を直した の続きというよりは
前々回Blenderで女の子! 下まぶたを変えてみた の続き?

笑顔の人の方が好感度が高いということで、過去に何度も玉砕した笑顔に再挑戦してみた。
鼻のふくらみの上から口にかけてほうれい線のラインを調整し、
口元がそこに少しだけもぐりこむようにした。
静かに微笑むというよりは、
まだ子供っぽさの残る無邪気な笑顔にしたかったのだがうまくいったのだろうか?^^;



ちなみに笑っていないときはこんな感じ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Blenderで女の子! 肩を直した

2017年05月06日 | Blender 3DCG
Blenderで女の子! 下まぶたを変えてみた の続き

前回珍しくそこそこ満足したので、顔から離れて首から肩周辺あたりを直すことにした。

直した部分
・肩は三角筋を意識しポリゴン構成を変えた
・鎖骨をはっきりさせるためにポリゴン構成を変えた
・鎖骨から耳に向かう筋の凹凸の深さを変更した。
・三角筋でボリュームアップした分肩幅を狭めた。
・相対的に腕が細く見えすぎる為修正した。

結果はこんな感じ。



お肌を見せるドレスでおしゃれしてみた!
但しアクセサリは目を引くため、
今回は着けなかった(9_9)



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Blenderで女の子! 下まぶたを変えてみた

2017年04月30日 | Blender 3DCG
Blenderで女の子! 唇に縦縞を加えてみた2 の続き

唇が気にならなくなると、今度は目。
まるでモグラたたき^^;
どこが原因かわからないがなんとなく気に食わない。

1週間位放置して久々に見ると、下まぶたに違和感を感じた。
色々と観察してみると・・・
下まぶたと目との接し方が目頭と目尻で異なっているのに気が付いた。
目頭側は現状でも良い気がするが、
目尻側は目に対してかなり浅い角度になるようだ。
試しに変えてみたのが以下。ついでに涙袋も少し強調してみた。



顔全体だとこんな感じ。



全体的には良い感じ?
ちょっと下のまつげが不自然だが・・・
今日は良いか^^;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Blenderで女の子! 唇に縦縞を加えてみた2

2017年04月25日 | Blender 3DCG
Blenderで女の子! 唇に縦縞を加えてみた の続き!

もともと唇には淡いグラデーションをかけていたが、
前回の変更時に間違って消してしまったようで、
薄ピンクの口紅をべったり塗ったようになっていた。

とにかくそこだけでも直そうと思い立って変更を始めたが・・・
結局顔の下半分をほぼ作り直してしまった。

見た目は誰も気が付かないかもしれないが
やたらと時間がかかった^^;

今回の変更は以下
・唇の色のグラデーションを復活させた
・唇をふっくらさせた。
・唇に合わせ、鼻や顎も変更した。

直した結果がこれ。



前回の結果から、
直した直後の感想はいまいちあてにならないことわかったが・・・
唇のリアルさが増した気がする^^;

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Blender Cycles でスクリーントーン?

2017年03月26日 | Blender 3DCG
なかなかモデリングが進まず現実逃避している間に、面白いものが出たのでご紹介します^^;

挿絵風のような、スクリーントーンのような効果で立体を表現することが出来ました。
結構いろいろできますねぇ Blender !

Cyclesのノードものせますのでお試しください^^


水着が脱げちゃいそうに見えますが…本当は肩紐があります^^;
今回の方法は、法線方向で濃淡を決めているのですが、
肩と肩紐がほぼ同じ法線なので、別々の物として表現しきれないようです。
オフショルダーに時々ある、透明な肩紐という事にしておいてください^^;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Blenderで女の子! 唇に縦縞を加えてみた

2017年02月26日 | Blender 3DCG
Blenderで女の子! 顔に光沢を加えてみた の続き!

最近微妙な変更が多いと思いつつ・・・
今回は以下の変更を加えてみた。
・唇の縦縞をバンプで実現
・頬の赤みを減らす
・涙袋の色合いをなじませる
・肌のノイズを少し強めにしてみる
・髪が頬に食い込んでいたので少し浮かせる
・歯の間隔が適度になるように微調整

直した結果がこれ。


唇がかなりリアルになった気がする。
が、縞が少し細かすぎただろうか?

また、年齢確認サイトは27歳。
肌が荒れていると判定されたのだろうか?
判断基準が良くわからない^^;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Blenderで女の子! 顔に光沢を加えてみた

2017年01月29日 | Blender 3DCG
明けましておめでとうございます! の続き!

前回すこし涙袋の色を濃くし過ぎてかなり老け顔になったらしく、
年齢確認サイトで 15歳から一気に30歳になってしまった^^;
また、唇のバランスが他の部分と比べ悪くなっていた。
そこで以下の変更を加えた。

・涙袋の目尻側の色合いを薄くした。
・唇の形を全体的に調整し、立体感を増した。
・唇・目の周囲・おでこ・頬の光沢を強くした。

直した結果がこれ。

年齢確認サイトで19歳になった。(あとマイナス2歳にしたいなw)

今回新たになる気になりだしたのは・・・

・スペキュラマップによる光沢調整は今回が初めてだったので、強くかけ過ぎた?
・唇に縦の皺が必要な気がしてきた。

ちなみに前回はこんな感じ

ちょっと寝不足みたいに見えるけど・・・30歳にみえる?^^;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明けましておめでとうございます!

2017年01月04日 | Blender 3DCG
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。


という事で久しぶりに3DCG再開!

artist side にクリスマス投稿 の続き!
クリスマスの投稿は、慌てて作った割には良い出来だと思っていたが、すでに色々不満が出てきた。^^;

顔をアップすると・・・


・頬の赤みが目に近すぎる
・涙袋が青っぽいと病的に見える
・涙袋がはっきりしない

という事で

・頬の赤みを下に少し移動し、グラデーションを滑らかに
・涙袋の色を青っぽい肌色から、少し濃い肌色に変更
・涙袋の輪郭に沿って涙袋全体を上記肌色に変更

これらの変更を加えるとこんな感じ。



少し目元がリアルになったような・・・
でも違う場所が気になりはじめる・・・

・唇がのっぺりしすぎ!
・唇や涙袋に部分的に光沢がほしい・・・・

他の人から見ると微妙すぎてわからないだろうなと思いつつも、
今年もまだ顔からはなれられない気がする^^;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

artist side にクリスマス投稿

2016年12月25日 | Blender 3DCG
Artistsideが閉鎖? の続き
あと数日で今年も終わりますが、同時に artist side も閉鎖…
という事で artist side に 最後の投稿をしました^^


Blenderで作品を仕上げたのは今回が初めてです^^;
コンセプトは・・・
「のせられてサンタ服を着たのは良いが、ちょっと恥ずかしくて居心地悪い…と思っている間に写真撮られた。」
です。
そう見えないかもしれませんがw
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Blenderで女の子! ひざをちょっと変えた!

2016年12月10日 | Blender 3DCG
Blenderで女の子! 足をちょっと変えた2! の続き?
最近どうも脚が棒に見えて気に食わなかったので、
変えてみることにした。

変更前は、ひざ頭はお皿一つ、
ひざ裏は縦筋の出っ張り2本にしていたが、
いくら変更しても納得いかなかった。

そこで筋肉の構造を調べると…色々間違っていた^^;

一番大きな間違いは…

脚を伸ばした時に一枚のお皿だと思っていたひざ頭は、
筋肉の隆起と骨の複合形状で軽く上下に分かれている。

ひざ裏は伸ばした状態だと、
縦筋が出っ張っているのではなく、
縦の複数の筋肉すき間が逆に窪みとして見える。

脚の外側と内側のラインを根拠なく感覚的につけていたが
モモや太ももの筋肉の構造を見ると、
脚の曲線ラインの変化点がかなりおかしかった。

だが、筋肉だけ意識した状態だと別の不自然さが生じた。

またネットで調べると…
当然ながら筋肉と皮膚の間には脂肪があって、
筋肉の形は大まかにしかわからなくなる…
当たり前といえば当たり前…

ここまできて、やっと違和感がかなり改善された。
いつもは改善前後を比べるのだが、今回改善前は内緒^^;

改善後はこんな感じ。どうでしょう?

上は通常の見え方。下はMatcapで凹凸を強調してる。

最後に「今更?」と言われそうだが、今回気が付いた事。
色付けしていない形状が不自然だと、
いくら頑張っても良くならない。
これまた、当たり前…?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Artistsideが閉鎖?

2016年12月04日 | 日記
CGなどの投稿サイトArtistsideが今年いっぱいで閉鎖となるようです。

長い間、あるのが当たり前だったものが無くなるのはさみしい気がします。

人のつながりを保とうとする活動も行われています。
artistside存続の場を考える会

このブログでよくアップしている画像をあわてて投稿しました。
本当は完成してから投稿する予定だったのですが…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ReLife(ネタばれはしないと思うのですが)

2016年11月30日 | 日記
普段アニメの感想を書こうとは思わないのですが、
今回はどうしても書きたくなってしまいました。

ReLifeというアニメを見ました。

つかみはあまり面白そうだとは思わなかったし、
こんなのあり得ないという展開だったのですが、
自分の感じ方と主人公の心の動きが妙にシンクロして
だんだんと引き込まれてしまいました。

青春の甘酸っぱさと現実の厳しさが絶妙にミックスされた展開や、
シーンや会話にちりばめられたユーモアを楽しんでいるうちに、
気が付けばほぼ一気に全13話を見てしまいました。

大抵の作品は途中から結末が見えてしまうのですが、
この作品に関しては先が読めそうで読めなかったです。

また最近のアニメは、終わり方に全くまとまりがなく
「~に続く」といった中途半端なものが多すぎて
嫌気がさしていたのですが、
この作品の終わり方は見事にまとまっていて、
とても良かったと思います。

私にとってこの作品は久々のスマッシュヒットです^^
コメント
この記事をはてなブックマークに追加