堤防だより

しんどかった40代がもうすぐ終わる。終わるとなると名残惜しく、大切に過ごしたい2015年デス。みなさんはどうですか?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

昨夜のお稽古メモ

2008-01-30 17:29:00 | ヴァイオリン
①右手、手首をメインに動かす
アップの時に手首を天井方向に上げるのではなく
方向はあくまでも弓が動く方向の上下運動
それを可能にするには持ち方から点検する必要アリ
人差し指を弓に絡めるようにいつもより深く巻きつける
小指は弓から離さない
薬指にも活躍してもらう
そうすれば肘から指先までが自分の目から見て
1本の線に見える、ハズ

細かい移弦はその手首で行うとバタバタ忙しくならない
特にA線E線

お稽古時に悪戦苦闘して出来るようになった
すると音が少し安定して確かに演奏が変わった!!
しか~し、今日また練習してみたら出来なくなっていた・・・
あ~ん泣けるよ

②ハフナーの出だし
カチカチで決まった拍に音を入れる事
はじめはゆっくりで
はみ出さず、先走りしないようにきちんと音を入れる練習を繰り返す

全てをやろうとせずに
確実に出せる所を決めて練習し、それを流れのなかに入れる
演奏しているフリは続けること!

左手指の練習
一つのフレーズを徹底して練習
パターンを変えても行う

③ホントは一番はじめにチェックすること
前傾姿勢にならない(いつもなってる)
踵重心気味でまっすぐに立つ
脇は絞めずに肩からリラックス

昨夜は後の生徒さんがお休みでその分たっぷり出来ました
オマケに前回のオケ参加時の話しや
その後1週間うなされた(眠りが浅くて変な夢ばかり見てた)と笑いをとりつつ
アドバイスを頂き、少しだけ安心しました

先生は、この春大学卒業するのでオケ参加が難しくなるとのこと
残念・・・悲しい・・・寂しいデス
2月の先生の演奏聞きに行きます
卒業後、どうするのか未定のようですが先生にはぜひプレイヤー優先でいて欲しい
1番弟子(勝手に決めた)としてはそう思うわけデス
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

めがね

2008-01-24 16:27:35 | 出来事
今週の月曜日
書類にしてもPCの画面にしても朝から目のピントがど~しても合わない
小さい目を眉間に皺を寄せて細くして見ても限界がある
なので諦めて仕事中に眼鏡をかける事にした
この1年で視力が落ちたな~と思っている所に
ガラにもなく勉強を集中してやったので不可をかけ過ぎてしまったらしい

3年位前に眼鏡は作ってあったんだ
でも眼鏡が似合わない顔なのでかけるのに抵抗があったの
・・・観念するしかないよな~

今日で眼鏡生活4日目
発見がある
首の後ろから肩甲骨の辺りまで凝る事がなくなった!
どんだけ目の筋肉に負担かけてたんケ~(「ちりとてちん」風)
夜、ワンコの散歩の時に両手&首をぐるぐる回すと
バリバリ剥がれてきそうな音たててたもんな(大袈裟でスミマセン)
肩甲骨の真中辺りが冷たく固まってる感じはホント

こんなんだったから実は試験勉強って言っても
図書館で3時間続けると視力と集中力が限界に来る訳で
がむしゃらってこんな程度だからサ
試験間際2週間で受かろうってのが間違いだってーの
視力が試験落ちる理由じゃないけど
ムツカシカッタデス・・・来年、頑張ります
神様こんな時だけゴメンナサイ
後は宜しくお願いします~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

愛車はちょいのり

2008-01-22 17:32:28 | 出来事
寒くなるとバイクに乗りたくなる
と言っても今の愛車は「チョイノリ」で
これが馬力とかスピードとは程遠い存在

そもそも「チョイノリ」は、ちょっとそこまで乗るバイク
ではないそうだ 旦那さんの友人でもあるバイク屋さんいわく
「ちょっとしか乗っちゃいけないバイク」
だから毎日使う通勤・通学は駄目だよと釘をさされた
そこまで言われると何だか怖いがどこまでならOKか試したくなるのよね

今の会社まで車で片道約7km
チョイノリだと怖くてトラックがじゃんじゃん通る国道1号線は避けるので
距離はもう少し延びるかな、往復15km
先々週は月・水・金、先週は水・金通勤に使った
今の所好調を保っている

チョイノリに乗る時には音楽がないと寂しいので
HDプレイヤー(現在東芝ギガビート/iPodは1年で壊れ・・・イヤ壊した)で聴いてる
面白い事に、選曲が車で聴く時と違う
車では主にクラシックとFMラジオ
成道やヴァイオリン・コンチェルト、練習中の曲などなど
チョイノリでは、コブクロ・ゆず・映画のオペラ座の怪人など鼻歌出そうな感じで選んでる
今朝はサンボマスター
一緒に歌うときは、口は控えめ声は大きくが基本
車の中で歌うのとは違う開放感があってご機嫌な1日のスタートがきれるよ、お薦めデス!
もちろんぶくぶくの完全防寒装備をお忘れなく
寒いと、泣ける・・・



昨日の朝
ウチの方では珍しい光景なのでパチリ
でも今朝の方が寒かったのかバリバリにフロントガラスが凍ってたね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬の寝床における考察

2008-01-21 17:20:12 | つぶやきしおん
今年の冬は犬を布団に入れて寝ている
それまでは布団の私の足元辺りに丸まって寝てた
しかしこれには問題があった
始めは丸まって寝ている犬たちはだんだんと○からIに伸びるのだ
そして掛け布団が侵略され奪われ私は寒くて夜中に目が覚める
これは睡眠を脅かす忌々しき大問題であ~る
なので掛け布団の下に犬を入れてみた
そしたら湯たんぽの代わりにもなって調子良い
問題は解決したかに見えた・・・がっ!!!

夜中に「ハッハッハッハ・・・」苦しそうな荒い息で目が覚めた
あい、だった
布団から鼻だけでも出せばいいのに(れんはそうしてる)、
彼女はお尻を外に顔を布団の中心に入れて寝る
そしてあいの布団の上に猫が団子になって寝る
熟睡→酸素不足→猫たちの圧迫→意識朦朧=動けない→「ハッハッハッハ・・・」
真夜中にあいを布団から掘り起こす
あいはボール投げでもこんなに息は上がるまいと思われるほど苦しそうだ
こうしてやはり私の安眠は妨げられる

猫の圧迫を馬鹿にしてはしけない
何しろ我が家は猫の数が多いのだ
そして我が家の猫はワンより賢い
もう誰も私の布団の中に入るものはいない

夜どこに寝るのか、猫によって違うが大別すると
①私の枕元
②布団の私の上
③布団の私以外の上
④その他

①は気が付くと私に皆お尻を向けている
どうも私は鼻息が荒いらしい
②私が寝返りをうつと猫も一緒に移動するのがわかる
サーカスのピエロが乗るボールの気分だ
③の猫が一番多くて結構手ごわい
猫団子は布団を引っ張ってもびくともしない
布団はこうして奪われる

私は腰が弱いので横向きでねる
気が付くとベットの一番右端ぎりぎりで背中を掛布団から出して寝ている
落ちないで留まっているバランス感覚に我ながら感心する
敷布団は90×180cmはあるはずなのに15×160cmしか使っていないような気がする
掛布団も然り
私の布団なのに何故だ?!

昔のテレビ番組を思い出す
「金どこ」だっけ?細長~い布団セットで3姉妹が寝ていたのは
もしかして30年前!??
特注でもないのに、私はそんな布団で寝ています
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詰まってきました

2008-01-10 17:07:31 | つぶやきしおん
便秘ではありません
来る20日にカウンセラーの試験が迫り
この前の週末から手をつけ始めたものの分かるのは、
「このままでは受からない!」と言う事だけで
来る3連休に勝負を掛けるつもりです


そして
実は年末に駆け込み入団しました
・・・サーカスではありません
以前見学に行った市民オーケストラで
冬休みの間に次回公演の楽譜が届きました
火曜日のお稽古で先生に急遽3ポジを教えてもらい
19日のオケの練習までに少しは何とかしたいと思っています

お、待てよ
試験は20日、練習は19日の夜?
自分の首を絞めてるのかな

公演は5月末だから、19日は参加することに意義があると言うことにして
とにかく沢山出てくるカタカナの心理学者名や理論をやっつけないとね
今の所受かる自信全然ないし

ちなみに5月の公演はこの三曲
モーツアルト 交響曲「ハフナー」
ベルリオーズ 「幻想交響曲」
ヴォルトン 「王冠」

いきなり3曲出るのは無理だからハフナーと王冠だけにしてもらいました
先生のアドバイスでもあります
幻想も数回聴いて好きになって残念ではありますが
技能と集中力に限界がありますので仕方なし

昨年の、実にゆったり寛いだ1年の出だしとは違い
緩みきれずにスタート切った感アリ
暖かくなればソフトボールもシーズンイン
今年は好きなものをどうバランス取るかが課題
時間は短くても集中して続ける
途切れないことが大切

そう言えば石けんも友人のお店に置いてもらえそうで
これもラインに乗せたいんだった
おい、どーするよ自分?
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

今日の富士山

2008-01-06 00:28:35 | 出来事
夕方の散歩で
連日天気が良いけど結構富士山はすっきり見える日は少ない
でも今日は雲ひとつない絶好の写真日和!
そして日没



そしてたそがれるワンコが1匹



何もないのに何かしきりと気にしていたな~



そうするとこんな表情も深読みしそうになる



おまけにあいも



黒いからか、同じように撮ってもこんな感じ
難しいね~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加