堤防だより

しんどかった40代がもうすぐ終わる。終わるとなると名残惜しく、大切に過ごしたい2015年デス。みなさんはどうですか?

アガシ最後の夏

2006-06-29 22:44:49 | つぶやきしおん
テレビでスポーツ観戦は好きだけど、テニスもその一つ。
観るだけ。
で、アンドレ・アガシが現在ウィンブルドンに出場している。
全英の後にある全米で引退を表明しているので、今回はアガシを出来る限り応援しようと思う。
本当はアガシと同年代で、一足先に引退したピート・サンプラスが好きなのだが←分かる人には分かる

で、一回戦を観ていた時に解説者が仕切りと「ピークの時のアガシだったら」とか「今までだったら」と言う言葉がしきりと出ていたのが聞いていてつらかった。
確かに髪の毛もなくなりました。

試合は第1セット相手が取った後3セット連取でアガシの勝利。
ピークでないからこそ、応援するんだよ解説者。
次はたくさん褒めてくれ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

試合後のお約束~

2006-06-26 20:53:50 | ソフトボール
それは公園内にあったあの遊具たち。
大きなタイヤで出来たブランコや、滑り台エトセトラ・・・
何て呼ぶのか分からない。

で、皆でこんな事してきました~
上の方から綱にしがみついて滑ってきたところです。
写真だとなんか摑まってるだけにみえるな。



で、やっぱりお約束で張り切って途中で背中を押しまくる輩がいるのです。
おいおいキミキミ、試合出ないで張り切る場所が違うでしょう。
攻撃時に3塁のランナーコーチしているのに、2塁にランナーが来ると慌てて後輩を呼びつけてコーチを交代するそこのあなたですよっ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

公園のシンボル

2006-06-26 20:27:32 | ソフトボール
昨日の日曜日に公園に行きました。
それもかなり離れた静岡県西部の菊川市に。
緩やかな山を切り開いたと思われるその公園はかなり広く、カラフルな遊具がいろいろあってかなりそそられました。

この公園に来たのは、遊びに来たのでなく、先日市内大会で優勝したので県大会がこの公園内のグランドで開催されたのであります。

試合は、負けました。2-0で。
敗因1)私が指示したインコース初球。あの1球が悔やまれる~
    それまで何とか凌いでいたのになあ。
敗因2)残塁。速いピッチャーだと思っていたのが結構皆当てていたんだ。
    それが2アウトからだったり、走者を貯めてあともう1打がどうしても出なかったり。
    申告制で打順を決めたからかしら?
敗因3)私としては、打てなかった!悔しい~
    バッティングセンターに行かなきゃだめだね、最近行ってませんでした。

真面目にやると、やはり負けると悔しいし、自分の反省点が良く分かる。
次はこうしようとか考える。
だから負けても楽しい。
勝ってたら反省なんてしないもんね。
・・・負け惜しみって言うの?これ・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴン待望!

2006-06-22 03:20:21 | つぶやきしおん
この前の日本-クロアチア戦を観て思った事。
ワールドカップだからと言っても、特別な事が出来るわけじゃないんだな~って事。
途中からこのままドローで良いと選手達が思っているのがプレーを観ていて分かった。
でも。。。
そうじゃないだろう
選ばれて日本の、アジアの代表として出ているのだからあくまで勝ちに行かないといけないのでないかい。
その気持ちを表現するだけの90分間戦える体を作っておくのが基本で、それを積み重ねるから「強い」とか人を「感動させる」事が出来るんじゃないだろうか。

試合を見ながら、ゴン(中山)を思い出していた。
ゴールをしてからも次の点を取ろうと喜びもせず、ボールを自ら中央に持って行ったあの真剣な表情を。

日本の選手達は普段からJリーグでそういう試合をしているのでしょう。だからひのき舞台でも出てしまう。
最初頑張って後半はこうなるだろうと自分で予想を立てて無理をしない試合。
だって試合は次もあるから・・・タフなんだよサッカーは。
でもそこからは決して奇跡は生まれない。

勝つことを期待していた訳ではない。
勝つことを諦めない試合をする事に期待して応援してました。

毎日の積重ねしか、ないんだな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日はお休み

2006-06-20 04:04:57 | つぶやきしおん
有休をとって今日はお休みを頂きました。
土曜日がなかなか空かないので、定期的に有休を使い休むようにしています。
といっても今日は梅雨の中休み。
ここぞとばかりに洗濯機まわして、2ヶ月振りにワンコの先生に来てもらいしつけの確認。
2ヶ月の間に先生が結婚していました。
おめでとうございます~

そして実家に行って用事を済ませ、母と少しテレビを見ていたらもう夕方。
あ、石けんもひとつ仕込んだな。
疲れて夕飯後にまたその辺りに転がって寝てしまい真夜中2時ごろに目が覚める。
今は4時過ぎ。
空が明るくなり始めている。

この生活のズレが最近は心地よい。
これが何か私といろんな物との折合い関係を象徴しているようで。
・・・ごろ寝する前にちゃんとベッドまで行けば良いだけの話し何だけど~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬ソナ最終章

2006-06-18 03:58:26 | 読んだ本
冬ソナにはまったのはもう2年半前のこと。
何がそんなに良かったのか、もう忘れてしまっていましたが、図書館で思わず手にしたこの本を読んで思い出しました。

これはドラマを観た一ファンが、ばたばたの最後に消化不良を起こして自らドラマの後を書いたもの。

実はこの冬ソナにはそう言う本が何冊かあるのですが、1冊一人でストーリーを書いているのはこの人だけ。
私の知っているその後では、チュンサンとの間に3人の子供がいて幸せに暮らすユジンというものがあるし、サンヒョクもチェリンとの間に友情はあるものの愛情にまで発展はしていない。
今回の本は、もちろんチュンサンとユジンの愛の成就直後の思いの充実振りと、チュンサンとチヌ(サンヒョクのお父さん)、ユジンとミヒ(チュンサンの母)との関係修復により二人を取り巻くすべての人がハッピーになっていくストーリーですが、見逃せないのはドラマで表現されたキャラクターの個性を掴んで本当に違和感なく描いているところ。
ユジンのユーモアやチェリンの気の強さが良い意味でサンヒョクを助けていたり・・・そのサンヒョクの出番が、ドラマの中よりこの本の方がかなり少なかったのが残念と言えば残念。
だってユジンを想うあの一途さに惹かれた人も多かったし、私も彼のことを知りたかったからね~。
私は断然、拗ねた高校生のチュンサンが好きです

本編ドラマのどこがそんなに良かったのか思い出したのは、チュンサンとユジンが見せる相手への思いやり。
なかなかストレートにこれでもかと表現するのは、韓国ドラマならではでしょう?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蓋を開けてみれば~

2006-06-17 19:54:50 | 石けん
ははは、やっぱりマーブルになってないや~

こんな痣のようなところと、全く緑が入っていないところもありました。
・・・マーブルの道は修行の道じゃ。
修行は私だけか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ごまクレイ石けん

2006-06-17 19:47:23 | 石けん
調子に乗ってもう一丁!
さっぱり系のごま油を使い、緑のクレイでマーブルにして・・・ってまたかよ。
外からの気配では、少しは期待していいのかな?

オイル)オリーブ、ココナッツ、パーム、胡麻油(白)、米油
OP)水、苛性ソーダ、緑のクレイ
EO)ローズマリー、ハッカ、パチュリ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しそ石けん

2006-06-17 19:23:57 | 石けん
実家の母が「しそジュース」作りにはまっている。
その紫蘇を仕込み水に半分ほど使って、石けんを作りました。
前回もそうだけど、紫蘇の綺麗な赤紫は消えてしまいます。
残念。
一緒に作った紫蘇入りクエン酸リンスと一緒に撮りました。

オイル)オリーブ、ココナッツ、パーム、米、ひまし油、
    ココアバター、ショートニング
OP)水、紫蘇ジュース(無糖)、苛性ソーダ
EO)サイプレス、クラリセージ、パルマローズ

割合はショートニングを全体の油の1/3の割合で使いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鏡になるスキル

2006-06-15 05:28:16 | カウンセラー
何でカウンセラーに興味を持ったかと言いますと、私がクライエントとして行きたい時期があったから。
と言うのが根底にあります。
今の仕事にも使えるし、人の話を聞くのが商売みたいな事してるので時に聞いた話で自分の背中になんか背負って帰って来ることもあり苦しくなることもありました。
だから自分に向いている、なんて思ってません。
ただ、今の話の聞き方はちょっと違うのではないかと感じでいて、いつかちゃんとしたスキルを学びたいと思ってはいたのでした。

半年の間、ほとんどの土曜日を奪われるのはかなりキツイのですが、たまたまウチのチームの後輩も興味をもっていて、話していて一緒に行こうと言うことになりました。
今思うと、本当に一緒に行く友人がとてもありがたい。

今は「受容する(一番の基本で一番難しい)」とか「共感する」と言うスキルで、相手の心の鏡になるのが目標。
それが結果的に自分を守る事にもなるのではないかと思っています。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加