目心口窓Ⅱ-心裸万象-

目(あい)心(しん)口(く)窓(そう)Ⅱ(とぅー)-しんらばんしょう-

耳は心のアンテナ、目は心の窓、口は心の扉…

散らされた桜に伸びた青葉見て強く生きたい願いを想う

2017年04月19日 | 短歌
お花見をしてから毎日吹き荒れる風に花びらすべて散りゆく

散り桜あの満開はもしかして幻なのか儚く弱く

散らされた桜の姿に重ね見る吾の内なる弱き儚さ

花の散る時の中にて育つ葉の力強さに勇気づけられ

新しい青葉に思うこの強さ吾の心も桜のように

花は姫青葉は男気両性の華を兼ね添え強く生きて

詠み人:風音颯羅(しおんさづら)

※この短歌には著作権があります。無断転載・無断使用はご遠慮いただきますようお願いいたします。引用もできるだけご遠慮いただきたく思っております。学校の短歌の宿題に無断使用したりしないでくださいませね。


人気ブログランキングに参加しています。
下のバナー(ボタン?)をクリックしていただくと、
人気ブログランキング内でのこのブログの順位が上がります。
クリックすると人気ブログランキングのページに飛びます。
クリックしていただくと、このブログを
応援していただいていることがわかり、励みになります♪
こちらをクリックです↓
人気ブログランキングへ
みなさんいつもクリックしてくださり
ありがとうございます♪
(*^◯^*)~♪
『短歌』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 葉桜に吾の優しさ君は見て歌... | トップ | フルートの音色が優しく触れ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む