目心口窓Ⅱ-心裸万象~あるスピラーの散文~

目(あい)心(しん)口(く)窓(そう)Ⅱ(とぅー)-しんらばんしょう-
耳は心のアンテナ、目は心の窓、口は心の扉…

【後日訂正しました】『日月神示』のことなのですが・・・(※神さまに雷雨で叱られてしまい訂正・削除しました)

2017年07月11日 | スピリチュアリティ
【後日追記】2017.7.13

みなさま、この日記である魔法入門のブログさんを

「すごく納得がいくしっかりとした記事を書いておられて、真実を言っていると思うなぁ、エセスピリチュアルについてをしっかり教えてくださっているなぁと、いくつかの記事を読ませていただいて思いました」

とご紹介してしまったのですが、昨日の2017年7月12日の夜、あるジャンルのある集まりの勉強会の帰りの午後9時30分頃から、名古屋在住なのですが神さまに雷雨で叱られてしまいました。
(>_<)

もう少し詳細な事情を別の記事に書きますが、その魔法入門のブログさんにはイエスさまが実在の人物ではないことについてのいくつもの記事があってそれについて調べて記事を掲載しようとワードパッドにいろいろな記事リンクをメモ保存しながら記事をあとで書き上げようと保存し、あるジャンルのある集まりの勉強会に行ったのですが、

雷雨のお怒りの中、ずぶ濡れで帰宅して着替えてから、魔法入門のブログさんの記事を見てイエスさまが実在の人物ではないという記事内容のことについて調べ始めたことで、私がイエスさまへの信仰を貫いていないということを、神さまはとてもとてもお怒りになられたようで、

いろいろ自分で思いつく心当たりの反省点を申し上げて「神さま、イエスさま、マリアさま、ごめんなさい」と謝り、魔法入門のブログさんの削除やみなさまへの事情説明謝罪文を書きますとも申し上げたのですが、神さまはかなりお怒りの雷を何度も響き渡らせておられて、途方に暮れて、

「ブルーノ・グルーニングさん、どうしましょう。
私がイエスさまへの信仰をしっかり貫けていないことをしてしまったので、
神さまがとても怒っていらっしゃいます。
私はとてもいけないことをしてしまったようです。
どうしよう・・・神さまがとても怒っていらっしゃる・・・
(>_<)」

と途方に暮れてブルーノ・グルーニングさんに話してみたら、それから雷が鳴りませんでした。

ブルーノ・グルーニングさん、もしかしたら神さまにとりなしてくださったのではないかと思っています。


なのでその魔法入門のブログさんのブログタイトルとそのブログURLをこの記事から削除させていただきます。

この魔法入門のブログさんは、「魔法結社に所属すると真実を教えてもらえる」ということを色々な記事に書かれていましたが、『魔法』について検索をかけて調べてみましたところ、これは『神道』からはずれる『魔道』とのことでしたので、みなさまをこの魔法入門ブログさんに誘導してしまったことは、私がみなさまを『魔道』つまり『魔に属する道』に誘導してしまったことになります。

それで神さまはそのこともとてもとてもお怒りだったのだと思います。

この魔法入門のブログさんをご紹介して神さまに叱られたことについては、別の記事に少し詳しい情報を掲載します。


もし、この記事に書かれていた魔法入門のブログさんをお気に入りに登録されて読み始めてしまったのでしたら、どうぞ削除されて『神の道』に戻られてくださいませ。
もしこの魔法入門のブログさんの記事を色々と読み進める場合、かならずこの魔法入門のブログさんの記事内容を鵜呑みに信じたりしないようにお願いいたします。


みなさま、昨日、背中の天使の羽についてのことを調べていたら引っかかったブログさんが、

このブログの運営者さんはすごく頭が良い方なんだな、すごく納得がいくしっかりした記事を書いておられて、真実を言っていると思うなぁ、エセスピリチュアルについてをしっかり教えてくださっているなぁと、いくつかの記事を読ませていただいて思いました。

(このスペースにある魔法入門のブログさんをご紹介してしまっておりましたが削除しました)

漫画やアニメにこのセカイの真実が盛り込まれていることを指摘しておられると思ったのですが、

その魔法入門のブログさんが『日月神示』のことを少し書いておられて、「なるほど納得できる」と思ってしまった私はその記事のリンクと共に、

「日月神示は海外では信用されていないそうです」

と書きましたが、このブログさんがそう言っていてお私にはそれを確認できませんものですから、そうなのかどうかわかりませんよね。


『日月神示』は私はまだちらちらっとしか読んでいないですが、ちゃんと審神者(さにわ)されているとのことだから「信頼できないもの」とする必要はないと思いました。

なのでその魔法入門のブログさんの『日月神示』の記事もこの記事から削除いたします。

ここから先は掲載しておいてもかまわなさそうな文章に編集しておきます。

゜゜‥*。。☆。。*‥゜゜‥*。。☆。。*‥゜゜‥*。。☆。。‥*‥゜゜‥*。。*‥☆‥*゜゜

『ひふみ神示(日月神示)』には、

「すぐに現世利益を与える存在は悪霊ぞ」

と書いてあるとお聞きしたということ、それは霊能者さんが口を揃えたように、現世利益主義や金儲け主義に走ると「動物霊(こくりさん)」が憑くということをおっしゃっているし、スピリチュアリズム普及会さんの記事に『霊能者の堕落』についてのことや『シルバーバーチの幸福論』や『憑依と除霊』についての記事などでも、現世利益の幸福ばかり求めて堕落することで低級霊に憑依されることが書いてあったので、

『日月神示』の「現世利益をすぐに与える存在は悪霊ぞ」はそれと言っていることは同じようなものだと思って、まだ日月神示を全文読んでいない段階ではありましたが、みなさまは私より先にお読みになれるかもとご紹介しておりました。

『日月神示』を全文読むにしてもすごく期間がかかりますし、読んでも頭の悪い知識不足の私が真偽について真実を言えるわけではないだろうと思いますが、この方がおっしゃっておられることを取り入れますならば、

(ここに『シルバーバーチの霊訓』を疑う言葉を書き連ねておりましたが削除いたします)

私は『シルバーバーチの霊訓』などは、「ほんとうのわたしのこころ」が「見て」いるという『エゴ』が決めた、『エゴのたくらみと計画の設定』を言っているのかなと、『奇跡のコース(奇跡講座。ア・コース・イン・ミラクル)』のことを紹介してくださった方のお話から思ったりしているので、

『シルバーバーチの霊訓』はこの地球で生きる上で私たちに課せられているもの(地球ルール)じゃないかなと思っていますが、

(ここにシルバーバーチさんやインペレーターさんやホワイト・イーグルさんたちを疑ってしまうことになる一文を書き連ねておりましたが、削除させていただきました)

高級霊シルバーバーチさんは、

「私の言うことを鵜呑みにして信じないでください。いくらでも疑ってください。理性で考えてください」

というようなことをおっしゃっておられますので、

『日月神示』を鵜呑みにして信じるのではなく、メッセージの内容をまずは理性で判断するのがいいのだろうと思います。


【追記】2017.7.11

ご紹介してしまっていた魔法入門のブログさんの他の記事を読んだら、『日月神示』の内容には『起きる時期』の日付が書いていないとのことで、それだと書かれている内容が例えば1000年後に起きても通用することになるから、時期をはっきりさせてほしいということをお書きになられていました。

そういえば・・・旧約聖書でしょうか、まだ34章くらいまでしか読んでいませんが、イエスさまのことのお話で耳にしたのは、イエスさまが救世主として生まれてくることが預言されていたそうですが、時期については何年とかはっきりと預言されていなかったのかもしれませんね。

イエスさまが産まれた時に星を読んで3人の老人の賢者でしたっけ、赤子のイエスさまに会いにきたとかいう話だそうですけれど、それみたいに『日月神示』も星の運行を読んでなにが「起きそうか」の話が流布するってことになるのですが、

(ここに『日月神示』は海外ではこうですという魔法入門のブログの運営者さんの本当かどうかわからない一言を書き記してしまっておりましたが、削除いたしました)

私はブルーノ・グルーニングさんの奇跡の幸福と治癒が起きる『神の治癒』や、天使の第一人者ドリーン・バーチュー博士の天使についての本と『天使体験談』の本や『大天使ラファエルの奇蹟』の本やエンジェルカードやエンジェルナンバーを利用したり、

エイブラハム・ヒックス(エスター・ヒックス&ジェリー・ヒックス)の『エイブラハムの引き寄せの法則』の本や動画や映画『ザ・シークレット』を観たり、『マーフィーの法則』の本を読んだり音声動画を聴いたりして潜在意識の活用の祈り言葉で奇跡治癒を体験しているし、ブルーノ・グルーニングさんのアインシュテレンでの病気治癒や霊的エネルギーチャージや幸福も体験しているし、

大天使ラファエル・ミカエルのヒーリングによる病気の症状治癒も霊的エネルギーチャージも体験しているし、それこそ神さまやブルーノ・グルーニングさんや大天使にお願いしたりしなくても、「思考しただけで願いが叶う」ことは何度も体験していて、それこそ私が思考するよりずっと前にすべて用意されたとしか思えない、時間的にどう考えても私が思考する前にすべて準備されていたとしか思えない引き寄せ体験をしたりしていて、

すぐに願いが叶うことなんてしょっちゅうあり、『奇跡のコース』のことを伝えてくださった方と神さまのことをお勉強されている方の2人のまったくつながりがない方たち2人が同じことをおっしゃっていたのですが、

「神さまは私たちを100%幸せにしたいんですよ。神さまは私たちの幸福しか望んでいない。神さま(創造主)にとっては私たちは目の中に入れても痛くないほどゆるぎなく愛している可愛い我が子なんです。親が子どもの不幸なんて望まないんですよ。」

また、『奇跡のコース』の方からは、

「このセカイはエゴのたくらみと計画に「ほんとうのわたしのこころ」が同意して作っています。エゴは私たちを幸せにしたくないから鞭を与え続けたいのだけど、鞭を与え続けるとわたしたちが悲鳴を上げてこのセカイを手放してしまうから、ときどき飴を与えて、「この世界もそんな悪くないな」と思わせてこのセカイに私たちを縛り付けているんですよ。
『幸福のためには代償がある』なんて言うのはエゴさんだけですな。」

このことをお聞きしていて、「すぐに現世利益を与える存在は悪霊ぞ」などについて、ずっと疑問を持ち続けていて、

「私たちはこのセカイで幸福ばかりを体験することは心が堕落しさえしなければ大丈夫なのか?」

の答えが来るのを待っているところなのです。

しかしながら、この地球は二元の世界で、光と闇の二元があるし、肉体に生まれると肉体に『利己的遺伝子』と『利他的遺伝子』があり、以前ユーチューブに『利己心脳』と『利他心脳』についての動画がアップされていたことがあったくらいなので、受肉すると人間は基本が利己的になるしエゴも目覚めるから、どうしたって人間関係で自分や他人との関係で心の闇を体験しエゴの鞭を与えられることになるし、

新約聖書にはイエスさまが悪霊祓いをした話がいくつか書かれていますので、悪霊や悪の心に染まった苦しみの未成仏霊さんがいるのは間違いないだろうという体験を、最近私はそういう霊的体験としか思えないことを体験していますから、悪霊たちの誘惑に常に惑わされているから、私たちがどれだけ綺麗な心を維持できるかにかかっているのではないかと思っているところです。

だからこそ、ブルーノ・グルーニングさんの交友会(ドイツ非営利社団法人)で、
「感情と心を善に向けるためにハイルシュトローム(神のエネルギー。善のエネルギーそのもの)を受け取り続けましょう」
と教えていただいて、私はそれをこのブログでしょっちゅうなにかにつけて記事に書いています。

ハイルシュトロームを受け取り続けると、トラウマが癒され心が満たされて幸福状態になっていくので、我欲が薄れてきて欲望が少なくなってきて、あまりあれこれ物欲を求めたりしなくなってくるので、この地球環境をあまり破壊せずに、私たちが地球環境のことや動植物たちのことや自分たちのことで思いやりの善を選択するようになってきて、幸福状態の心で生きることで幸福を体験しやすくなり、生きやすくなってくる・・・と感じております。


人気ブログランキングに参加しています。
下のバナー(ボタン?)をクリックしていただくと、
人気ブログランキング内でのこのブログの順位が上がります。
クリックすると人気ブログランキングのページに飛びます。
クリックしていただくと、このブログを
応援していただいていることがわかり、励みになります♪
こちらをクリックです↓
人気ブログランキングへ
みなさんいつもクリックしてくださり
ありがとうございます♪
(*^◯^*)~♪
『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 内なる神とブルーノ・グルー... | トップ | 【ごめんなさい】無知がゆえ... »
最近の画像もっと見る

スピリチュアリティ」カテゴリの最新記事