目心口窓Ⅱ-心裸万象-

目(あい)心(しん)口(く)窓(そう)Ⅱ(とぅー)-しんらばんしょう-

耳は心のアンテナ、目は心の窓、口は心の扉…

ある友達とお別れしました

2017年05月14日 | 人間関係
ある友達Aさんと友達付き合いをやめてお別れいたしました。

私もAさんもお互い交流を取りたい意思はあったのですが、
私のほうの心身の状態と生命エネルギーが
枯渇していることで会いたくてもなかなか会えないので、
コミュニケーション手段としてメールや時々お電話で話す、
というのをすればと思ったのですが、
それらはちゃんとしたコミュニケーションが
取れる手段ではなかったのです。

また、お別れのやりとりでわかったのは、
Aさんが私のニーズに応えようとして、
私のことをすごく気遣いすぎていらしたのを知りました。
私の心身のことや利己的な人が嫌だということを、
とても気遣ってくださっていたのだそうです。

ただ、私の心身の状態やメールや電話での
コミュニケーション手段がコミュニケーションとして
使えない、ということより、
もっと重要な理由があったのです。

それは、『テレフォン人生相談』の相談を
いろいろと聞いて自分の心を内観してのことでした。

『テレフォン人生相談』には哲学者で心理学者の
加藤諦三さんが出演していらっしゃいますが、
加藤諦三さんの『きずな喪失症候群』のご著書を読んで、
『テレフォン人生相談』の『親から愛されなかった人』
についてのテーマの人生相談や、
子どもや夫のことの悩み相談で電話した相談者が
子ども時代に親との関係がうまくいっていなかった、
という人生相談の音声をたくさん聞いて、
私も親から愛されなかった人なので、
自分の心を内観してみたのです。

きずな喪失症候群~あなたを傷つける人の心理~
「あなたを傷つける人」の心理 きずな喪失症候群 (PHP文庫)
クリエーター情報なし
PHP研究所


この2冊もお迎えしました↓
まだ読破できていませんが・・・

だれにでも「いい顔」をしてしまう人
嫌われたくない症候群

だれにでも「いい顔」をしてしまう人 嫌われたくない症候群 (PHP新書)
クリエーター情報なし
PHP研究所


がんばっているのに愛されない人
ナルシシズムと依存心の心理学

がんばっているのに愛されない人 ナルシシズムと依存心の心理学 (PHP新書)
クリエーター情報なし
PHP研究所


友達Aさんとの付き合いをこれからどうするかを、
その日1日、ずっと考えていました。
人というもの、私というもの、友達というもの、
愛とはなんだろう、隣人愛とはなんだう、など・・・

『テレフォン人生相談』の気になるものを聴きながら、
深く、深く考えました。

そして私がわかったのは、

「私は人を愛する心がない」

「私には本当に信用している人はいない」

「私には本当に大事にしたい人はいない」

「私には好きな人や愛している人はいない」

「人は他人を(または私を)本当に愛する心など持っていない」

「私は自分のことだけを考えているナルシストである」

「私は表面的なところで好感も好意も持たずに
社交的に人付き合いをしているだけ」

ということだったのです。
親から愛されなかったのでそういう人間にどうしてもなるのです。

過去に恋と当時は思っていた体験もありましたが、
今ではそれは恋ではなかったのではないか、
単に親から愛されなかったので優しい愛に飢えていて
人に奉仕的で優しそうに見えた人から優しくしてもらえるのではと、
そう思って好きになって執着しただけではないかと、
あれは恋なんかではなかったのではないかと、
今ではそう思っているくらいです。

Aさんのほうは私のことをさほどよく知らなくても
私に「なにか私を気に入るなにか」を見ておられたようで、
初めから好意を持ってくださっていたようなのです。

それなのに、私の方が人を愛せない、愛情のない人間だった・・・
お会いした時に優しくすることはできても、
私の方は好感は持っても好意も愛情も感じていない、
社交的に付き合っているだけに過ぎないのだと、
そう気づいたのです。
愛せない、愛情のない人間なのだと。

優しくすることはできます。
思いやりの言動行動もある程度できます。
ですが、愛を知らない、愛情の感情を持てないのです。

それでは、Aさんに対して失礼だと思います。
私は私に好意の個人感情を持った相手とは
友達として交流を取るお付き合いはできないなと思いました。

これがAさんとお別れする一番大きな理由だったのですが、
それだけでなく、霊的なことも考えました。

よく、恋愛で、お互いが恋愛感情を持って付き合って、
結婚をすることに決めて親に挨拶をしにいったら、
親の大反対に合って、結婚をあきらめるケースがありますね。
好き同士なのに親から愛されていたくて
親の反対を押し切れず結婚することができない。

もう1つ、お互いが好意を持っていて、
デートを重ねて恋愛に持ち込みたいと思っているのに、
なかなかスケジュールが噛み合わず約束を取り付けられなくて
なかなか会えなかったり、
やっと約束ができる日が見つかって約束したら、
仕事がすごく忙しくなってキャンセルしなくてはならなくなり、
会えなくて、デートにも持ち込めなくて恋愛に発展させられない・・・

そういうの、体験している方の話を耳にしたことがあるのです。

私の場合は、2人、別々の時期に恋する
(恋だと当時は思っていた)
男性と出会えたとき、
その男性には相手にされないだけでなく、
なぜかどちらの男性のときも、
私にべったりしてくる特定の女性が現れて、
私も友達ができたと思ってその女性とべったりすることになり、
恋愛はうまくいかない・・・

ということがありました。

私はこういうのを『神さまストップ』とか
『天界ストップ』とか『守護霊さまストップ』とか
そういう表現で表せる霊的背景の
あるものではないかと思っています。

Aさんとも、こういうような、
お互いが関わりたいと思っていても、
関われないことになってしまうものなのではと思いました。

また、私が、

「愛せない」
「愛情を持たない(持てない)」
「好意を持たない」

で「社交的に付き合うだけ」の人間であることを考えて、

Aさんにはもっと素敵な『神さまOK』の方と
出会ってお友達になっていただきたいと思いました。
なぜならとても良い人だったからです。
私は友達付き合いができる愛や愛情や
心身と生命エネルギーの持ち主ではないことで、
見切りをつけてAさんとお別れすることにしました。

人生の中でやっと出会えた、とても稀な
利他的な思いやりのある方だったので、
とても関わりたくても関われない流れになったので、
残念でした。

今、私と付き合えているのは、
2002年くらいからだったかしら、
携帯メールでずっとやりとりしていて、
2015年だったでしょうか、
名古屋まで1泊2日で会いに来てくださった、
聖職者の魂で賢者タイプの魂年齢が大学生レベルと思われる
同年代の女性1人だけです。

この方とは、お会いできる距離ではないし、
メールしかやりとりの手段が基本的にないので、
メールで交流を取っていますが、
この方とは別れる流れにならないのです。

この方は私が人を愛せないこと、愛情を持てないこと、
好意も持たずに社交的に付き合っているだけだったのだと伝えても、
ショックを受けたりなさらなかったのか、
それについては何もおっしゃらなかったです。

なぜなら、心の悩み相談のプロの方でもあるからだと思います、
14年間で6000人は最低でも悩み相談をされているだろうと、
そういう賢者タイプで大学生レベルの魂の方と思われる
とても苦労されていて強く生きていらっしゃる手練れの方なのです。

それでなのかな、と思いました。
もしかしたら神さまも、この方まで私から去らせるのは
まだダメだと思っていらっしゃるのかもしれません。

自分の顕在意識の想いと感情と努力ではどうにもならない、
そういう『神の世界』の『霊的背景』の流れ、
というのがあるのだと思います。

いつだったか、

「夫婦になるカップルはレベルが同じ」

なんていう話をテレビで芸能人さんがされているのに
遭遇したことがあります。

出会って、お互いが好意を持っても、
お互いの霊的レベルが付き合える段階ではないとか、
なにか霊的背景もあって、

どんなに相手を好きになっても

近寄れない、付き合えない、
断られる、相手にされない、
付き合える流れにならない・・・
または一時的にしか付き合えない・・・

そんな相手もいるのだということだと思います。

私が何日か前に、

「私が付き合えるのは徹底的な聖職者の魂の方の中でも、
厳選された人なのだろうと思います」

ということを日記に書いた覚えがあります。

そういうことなのかもしれません。
「徹底的な聖職者の魂」なので、
なかなかそういう方はいないかもしれませんね。

Aさんと別れたことは潜在意識でも顕在意識でも
精神的ダメージがあったのでしょう、
そのあとストレスなのか30時間寝続けましたし、
まだそれでもダメージがあるのか、
お別れをした金曜日からずっと眠くて、
こうやって日記を書きあげている今も、
すぐにエネルギーが減ってしまうようで、
かなり眠気を感じています。

母親との関係のインナーチャイルドの癒しができる
『マリポサリリー』というフラワーエッセンスと、

父親との関係のインナーチャイルドの癒しができる
『ベビーブルーアイズ』を摂りたいなと思っていて、

神さまにフラワーエッセンスが買えるお金が
工面できますようにと、お願いしてみました。

友達に愛や愛情を求めたり、
自分から惹かれて好意を持って近づいた相手とは
かならず離れさせられる『愛別離苦』の運命を持つ
私の宇宙(世界、人生、持ってる星、霊的背景)・・・

引き続き親に愛されなかった関係でのセルフヒーリングに
たくさん取り組むことが必要なんだなと孤独な戦いです。
本当に、親とのことは根強いです。


人気ブログランキングに参加しています。
下のバナー(ボタン?)をクリックしていただくと、
人気ブログランキング内でのこのブログの順位が上がります。
クリックすると人気ブログランキングのページに飛びます。
クリックしていただくと、このブログを
応援していただいていることがわかり、励みになります♪
こちらをクリックです↓
人気ブログランキングへ
みなさんいつもクリックしてくださり
ありがとうございます♪
(*^◯^*)~♪
『友達』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 友とするツツジの歌のやりと... | トップ | ピアゴのスタイルワンのレト... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む