目心口窓Ⅱ-心裸万象~あるスピラーの散文~

目(あい)心(しん)口(く)窓(そう)Ⅱ(とぅー)-しんらばんしょう-
耳は心のアンテナ、目は心の窓、口は心の扉…

【固定】大人の友達関係は『お金の関係でもある』のです。中学生時代の友達関係とは違います

2018年12月31日 | 人間関係
私が最近、今までの過去の人間関係や友達関係を
振り返り続けていることと、
オラクルカードセッションを「お心づけ」で
やっていたことで気づいたのは、

大人になってお金を稼ぐような
立場になってからの友達関係は、
『お金の関係でもある』ということです。

彼氏彼女関係でも夫婦関係でも
お互いが裸になってセ●●●までして
子どもまで授かって産み育てる仲だけど、
生活がかかっているから『お金の関係』でもある。

夫がお金を稼いでこなくなったら
ある程度の期間、様子を見て、
ダメそうだったら離婚するでしょう?

子どもの学費のことや命のこと、
生活と人生がかかっていますから。

大人になって働くようになってからは
友達との関係においても『お金の関係』でもあるんです。

友達がその仕事のプロなら
正規価格を支払うのは当たり前のこと。
友達でない知人ならなおさらです。

だけど世の中の多くの人が
「友達なら無料や格安でやってもらえる」
と思って勘違いしています。

それはなぜかというと、
中学生くらいまでの友達関係と同じだと
思っているからです。

中学生まではお小遣いはもらっても
アルバイトはできないですから
友達関係はあまりお金の関係じゃない。
高校生でアルバイトするようになると、
友達関係にお金が絡んでくるようになってくる。

けれど
高校卒業して就職してから、
成人してから就職してから、
就職して結婚してから、
主婦になってから、
の『大人の友達関係』は
『お金の関係でもある』と気づきました。

「友達や知人からお金を取るなんてお金にがめつい」

ではない、
その友達はその仕事のプロをしているということは

『一生を最期まで自分で稼いだお金で
生きていくための生活と人生がかかっている』

ということ。

友達や知人からの依頼であろうと
他の方からの依頼であろうと
その仕事をするのに時間が必要で、
家事もこなさなくてはならなくて、
お金を稼がなくては生活をしていけない。

友達や知人からの無料や格安の仕事の依頼を
何件も引き受けていたら
正規価格の仕事をする時間がなくなってしまうので、
お金が稼げなくて生活していけなくなってしまうのです。

「私は無料や格安でやってもらって得をして
金銭的にもメリットも得たい。
だけどその仕事をやってくれる友達や知人が
お金を稼げなくて生活していけなくなっても
私そんなのどうでもいい。」

と思うのですか?
それが友達に対しての本音の思いなのでしょうか?

学校を卒業して働く立場になってからの友達関係は
中学生までの友達関係の付き合い方の
延長で付き合ってはダメなのだということ。

そのプロが主婦をしているとか
国に保護されているとかで
「お心づけ」でやっていても
相場価格は参考にしないとならないということです。

そのプロが「お心づけ」でやっていても
その仕事ぶりが良かったと感じたなら、
相場価格やそれに近い金額を支払う、
それはそのプロを尊重するということでもあり、
そのプロが生活していけるようにするということです。

その道のプロでやっている友達に
無料や格安でお願いしたり
「割引してよ」とお願いしたりしたら、
その友達はもうあなたと友達でいることを
辞めることもあるということです。

『お心づけ』でもその支払われた金額で

「依頼した人が自分に(自分の仕事の内容)に対してどう思っているか」

をプロは知ることになります。

その友達に仕事を依頼するということは
プロであることを尊重する、
そのプロとしての力を信頼してみるということであり、
そうなのであれば正規価格を支払うのは
当たり前のことになるからです。

学校を卒業して働く立場になってからの友達関係は
中学生までの友達関係の付き合い方とは違うのだと
そこに気づくことが必要なのです。

『大人の友達関係はお金の関係でもある』

ということ・・・

私は友達や知人になったセラピストさんや霊能者さんや
タロットリーダーさんやオラクルカードリーダーさんに
正規価格をちゃんと支払ってセッションを受けています。

当日、セッションを受けるつもりがなくて、
友達がセッションをしようとしてくださったとき、
ちゃんと

「今日はお金を工面できないので」

と言って、それで友達が

「無料でやりますよ」

と言ってくださったなら、
ありがたく受けますが、

あとでお金を工面して、

「あのときの・・・」

とお礼としてお渡しする、
それくらいのことは
するのが当たり前だと思っています。

なかなかお金を工面するのが難しくても、
会うたびに数千円ずつとかお礼として渡していけば
セッションのお金は工面できます。

現金をプレゼントされることを嫌う人もいます、
そういう場合は美味しい食品や品物や本でもいいのです。
特に品物の場合は、いらないものをさしあげるのではなく、
今なにが欲しいかをいくつかあげてみてもらったり、
素晴らしいと思ったもので

「その人にとって愛のメリットがあると思われる」

なにかをプレゼントするのです。
あまり生活の中で役に立たない品物や
マグカップなど食器類や、
宝石(買えませんが)やパワーストーンなど石は
私は避けていますし、
音楽CDも相手の音楽の好みがわからない場合は避けています。

一般のスーパでは見かけない海外輸入ものの
1500円~2000円台くらいのオリーブオイルを2本くらい
プレゼントしたりはよくあります。

私は友達や知人の鑑定師さんのセッションを
受けたいと思ったときに
正規価格のお金が工面できていなければ、
お金が工面できるまでセッションは
受けないようにしています。

昔は『ツケ』というのがありましたが、
『ツケ』にするとなかなか支払うお金を
工面するようにしたりはしませんので、
『ツケ』とか「今度会ったときに支払う」は
しないほうがいいと思います。

それから、仕事の依頼をして、
受けたサービスやセッションや提出されたものが
気に入らなくても、
正規価格を支払うのは当たり前のことです。

お店でパスタを注文して食べたのと
同じことだとお考えいただけたらと思います。
自分にとってそのパスタの味がさほど美味しくなくても、
パスタは出されて1口でも食べたのだから、
お金を支払う売買契約になっている。

お金を支払うことを了解して
仕事を依頼してプロが引き受けた時点で
『売買契約』が成り立っています。
プロは自分が良いと思ったものを提供し、
依頼主が受け取ったなら、

依頼主が提供されたものをどう思うかは、
それは依頼主の個人的な感性が

「これは気に入らない」

と判断しているだけで、
そのプロの仕事を良いと思う
感性の人だっているのだから、

プロが仕事をちゃんとしてくれたなら、
気に入らないからとか、気に入ったとしても、

「お心づけでやると言っているし
私お金をあまり支払いたくないし、
格安や無料で得したいし」

と、数百円しか支払わないとか
お金をまったく支払わないとか

そういうのはとても人として良識がないし、
そういう人とはプロは友達でいる必要はないと思います。

旅館の仲居さんへの「お心づけ」というのは
最低でも(最低でも、です)
3000円はお渡しする、
仕事ぶりがよかったらもっとお渡しする
という暗黙のルールがあるのですが、

大人としてお心づけでやっているプロに依頼したなら、
最低でも(最低でも、です)
3000円は包まないと恰好がつかないし、
そのプロとの人間関係や友達関係が
お渡しした金額によっては壊れる、
次回依頼を引き受けてもらえない、
というのは良識を持っている方なら
おのずとわかっています。

というわけで、私もお金を必要とする身なので、
オラクルカードのお心づけでのご依頼は
もう今は引き受けていませんし、
オラクルカード鑑定そのものが
もう私には脳力的にも身体的にも
エネルギー的にもできなくなったので、

もう質問とかカード引いてくださいとか
悩みがあって・・・とかのご相談は
友達や知人であっても引き受けるつもりは
今のところありません。

オラクルカードセッションについては
未来はどうするかわかりませんけれど、
私もお金を必要としていますので、
プロとしてのオラクルカードセッションや
悩み相談についてはエネルギー交換もできていないような
お心づけとか無料でとかは友達であってもやれない、
そう決めました。

友達関係では友達同士で
悩み相談をしあってもらえるもの
というのもがありますが、
その友達がプロなら話は違うのです。

ただフェイスブックでつながりましたみたいな
本当の友達関係ではない友達関係や、
本当に友達だったとしても、
心の悩み相談のプロに対しては
無料や格安で悩み相談をしてもらおうというのは
プロは引き受けられないのです。

なぜならプロはプロとしてのことができるから、
それだけの勉強や訓練をしたりしてきたので、
そこらのプロとしての知識も技術も経験もない
一般的な人である友達とは訳が違うからです。

私には占い師の友達がいて、
日々あった出来事で

「この出来事は聞いていただこう
これについては私はこう思っているんですよ」

とメールで話すと
友達から意見をもらえたりしていますが、
それについて、

「タダで鑑定してもらっていることに
ならないですか?」

とお聞きしたら、

「タロットを使っていないし
これはプロとしての回答ではなく、
私の個人的な意見だから鑑定とは違いますよ」

と言われまして、
ありがたいことに意見をもらえたりするのですが、

でも私はその友達に時々プレゼントを贈って
お礼をしています♪
(*^^*)

この間、友達がパソコンで仕事をしすぎて
携帯電話の液晶画面を見るのが
とても辛いとおっしゃっていたので、
小豆のホットアイマスクと肩を温めるやつを
すぐにamazonで注文してプレゼントしたら、
使ってみてくださって、
「とても癒されます~♡」
と好評でしたよ♡

こちら↓

あずきのチカラ 目もと用
あずきのチカラ 目もと用
クリエーター情報なし
桐灰化学

(表示されなかったら 小豆のチカラ か 小豆ホットアイマスク で検索お願いします)

あずきのチカラ 首肩用
あずきのチカラ 首肩用
クリエーター情報なし
桐灰化学


友達だからと無料や格安で
与えてもらってばかりではいけません。
あなたも友達に「友達が必要としていること」を
与えることをする必要があるのです。

思いやり、与え愛♡
なのです。

友達はあなたの
お母さんやお父さん的な役割や
お兄さんやお姉さん的な役割を
する人じゃありません。

働く立場になってからの友達関係は
中学までの学生時代とは違う、
『お金の関係でもある』
ことは当たり前なのだと、
どうぞ気づいてくださいませね。

余談ですが、
マザー・テレサは無償の愛の救済活動をしていましたが、
救済する人たちを救済するためにはお金が必要で、
貧しい人もお金持ちの人もマザー・テレサに
ご寄付のお金を差し上げていたのです。
マザー・テレサはお金を持ってくることで有名だったそうです。

聖職者は救済活動をするのにお金がいるんですよ。
救済する人たちのためにも
救済活動をする自分が生きて救済活動するためにも
お金が必要なのですよ。

友達にシスターや修道士みたいだなと思う方がいても、
「この人は無料・無償で与えてくれる人だ」
と思い込んで勘違いしないようにしてあげてくださいね。
誰でも生きていくのにお金が必要で
なんらかの方法でお金をいただかないとなんですよ・・・

お金を得てお金を支払って生活や人生に必要なものを
手に入れなければならない社会である以上、
人はお金を得ないと生活できず人生を生きていけないので、
無償・無料の愛なんてほとんど提供することができない
日本というアメリカの奴隷国家で私たちは生きているんです。

無償・無料の愛の提供、
それができるのは神さまと神さまの道具(媒体)となっている
この世を去った聖人や天使だけで、

この世で肉体を持って無料での救済活動をしている
聖者や聖職者については、
なにかお仕事をして生活費は自分で稼いでいる聖者もいますが、
人々からのご寄付のお金が自然と集まってきていて、
それを活動費にして救済活動をしています。

ハグを無償・無料でやっている外国人男性がいるそうですが、
お金のかからないものを提供しているからに過ぎませんし、
その男性のハグで奇跡治癒が起きたとかいうことではないようなので、
人が我先に治癒を得ようとその男性の時間のことも考えず
治癒してくれと続々と集まってくるわけでもないようなので、
生活費を稼ぐ時間もちゃんと取れるのでしょう、
自分の好きな時にその男性はハグ活動をしているだけです。

ただの一般人の私たちは親子関係であっても
一生を通じて見ると生きている以上ちゃんとお金が関わっています。

ご先祖さまのことのお寺の法事のことなどを
ちゃんとしているおうちの方というのは、
もうずいぶん前に亡くなったご先祖さまや
祖父母・ご両親やお子さんのことで
檀家となっているお寺さんにお金を御布施したりもしますし、
お盆に親戚を自宅に招いてお食事を振る舞ったりして、
もうずいぶん前に亡くなった死んだ人である身内のことでも
大金のお金を使うくらいなんですよ。


人気ブログランキングに参加しています。
下のバナー(ボタン?)をクリックしていただくと、
人気ブログランキング内でのこのブログの順位が上がります。
クリックすると人気ブログランキングのページに飛びます。
クリックしていただくと、このブログを
応援していただいていることがわかり、励みになります♪
こちらをクリックです↓
人気ブログランキングへ
みなさんいつもクリックしてくださり
ありがとうございます♪
(*^◯^*)~♪
『友達』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【固定】エネルギー交換の法... | トップ | 【固定】プロがお仕事を『お... »
最近の画像もっと見る

人間関係」カテゴリの最新記事