目心口窓Ⅱ-心裸万象-

目(あい)心(しん)口(く)窓(そう)Ⅱ(とぅー)-しんらばんしょう-

耳は心のアンテナ、目は心の窓、口は心の扉…

【ごめんなさい】無知がゆえにあの魔法入門ブログさんをご紹介してしまったことごめんなさい。イエスさまが存在していないという記事で調べていたら神さまに雷雨で怒られました。

2017年07月13日 | スピリチュアリティ
みなさまへ

先日、『日月神示のことなのですが・・・』という記事で、ある魔法入門のブログさんをご紹介してしまいましたが、神さまに雷雨で怒られてしまいまして、その魔法入門のブログさんのブログURLを『日月神示のことなのですが・・・』の記事から削除させていただきました。

あの魔法入門のブログさんをご紹介したことは、私がみなさまを『神道』(神の道)から外れさせてしまう『魔道』に誘導してしまうということだったのだとわかったのです。

昨日の2017年7月12日(水)の夜9時30分以降、神さまに雷雨で怒られてしまい気づきました。(名古屋在住です)

本当に申し訳ありません。
どうかあの魔法入門のブログさんをお気に入りに入れて読みに行かれるようになった方は、お気に入りから削除して読みに行かないようにしていただきたいということを切実に願っております。

どうしてもあの魔法入門のブログさんを読みたいという方は、けっして『神の道』から外れないように神さまに守護をお願いしてくださいませ。

あの魔法入門のブログさんは真実も書いておられますし、悪の人を暴露することも書いておられるので悪質ではありませんが、『魔法結社に所属すると真実を教えてもらえる』といろいろな記事に書いておられるのですが、『神の道』から外れて『魔の道』に進むことになるので気をつけてくださいませ。

『魔法結社』で検索をかけると、この言葉のウィキペディア説明はなく、『魔術結社』という単語でもウィキペディアには説明がありません。
『秘密結社』の単語で検索をかけるとウィキペディアに説明があるので、『魔法結社』という言葉はこの魔法入門ブログの運営者さんが、大衆に受け入れられやすいようにオリジナルで作った言葉と考えられます。

※ウィキペディアの『神秘学』の説明ページに『魔術結社』という言葉が記載されていましたが、『魔術結社』の説明ページというのはウィキペディアにはありません。

『魔法』と言うと私たちは漫画やアニメの特に魔法少女物の漫画とそのアニメで

「素敵なことができちゃう♪」
「すごいことができちゃう♪」
「みんなを助けられちゃう♪」

みたいな好感のイメージを持ってしまうので、『魔法結社』と書くと良いイメージの団体と思わせてしまうことになるんだと思います。

私は1990年代の頃にファンタジー少女漫画の大御所の中山星香さんの魔法使いアーサー・ロビンの話や、光の神の力を発揮する3つの剣とその剣の持ち主となれる魂の持ち主が登場する光と闇の闘いに関するファンタジー長編漫画を好んで読んだくらいですが、

『白魔法使い』と『黒魔法使い』がいて、つまり『白魔術』(光側)と『黒魔術』(闇側)が『魔道の術』なわけですが、よく知らないし知る気もないですが『秘密結社』(魔法入門ブログさんの言い方では『魔法結社』)には悪魔崇拝団体の秘密結社だってきっとあるのでしょうから(イ●●●●●ってところがそうらしいですよね)、

『魔法』は可愛らしく聞こえますが『魔術』は『神道』から外れる『魔道(魔の道)』つまり『悪魔のもの』になると思うので秘密結社には近づかないほうがいいと思います。

『魔術』なんてやらなくてもヒーリングに取り組んで波動をどんどん高く上げていくことで『引き寄せの法則』が使えるようになりますし、波動が高くなると神さまとチューニングが合いやすくなるので神霊や天使が自ら自分の所に来てくださって側にいてくださるようになるし、波動を高くすることでキネシオロジーテストの意識レベルの数値も上がるので守護霊さまも守護神さまもお喜びになりサポートしてくださるはずです。

そもそも、フラワーエッセンスとブルーノ・グルーニングさんの『聖霊療法』やエネルギーヒーリングをして心の傷を癒して満たして心が穏やかになり、波動が上がってキネシオロジーテストの意識レベル数値もどんどん高くなっていくと、心が苦しみから抜けて穏やかになって、エネルギーヒーリングで霊的エネルギーチャージをしたときは

「幸せ♪るんるん♪
(*^^*)」

の心の状態になったりする短い時間もあったりして、心が幸福状態(幸福「感」ではなく幸福「状態」)になるので、物欲が少なくなって金銭欲もさほど持たなくなり、我欲が少なくなっていくので、『魔道』の『魔術』を使って現世利益をたくさん得なくてもよくなりますし、

一般的な人なら(つまり私みたいに修行僧の星を持って生まれていない人と言えばいいのか)、フラワーエッセンスと『聖霊療法』かエネルギーヒーリングで波動を上げてキネシオロジーテストの意識レベルの数値を200以上(ポジティブレベル。愛のレベルは意識レベル200(勇気)のレベルからで、愛の意識そのものは意識レベル500から)にどんどん上げていくと、『波長の法則』が働いて、ポジティブエネルギーのレベルの人を引き寄せるようになるそうですから、人間関係も変わっていくのです。

だからいちいち『魔道』の『魔術』に頼って現世利益をたくさん得ようとしなくてもいいのです。
真実を知りたいから~なんて秘密結社に入って『魔道』に進んで死後は魔界行きなんて道を選ばなくてもよいと思います。

もし『真実』が知りたいなら、聖者の遺した言葉を学ぶことです。

【書籍】わたしー真実と主観性/聖者デヴィッド・ホーキンズ博士
<わたし> ―真実と主観性(覚醒ブックス)
クリエーター情報なし
ナチュラルスピリット


この本はイエス・キリストとブッダの境地に立った方と言われている、アメリカの精神科医さんでキネシオロジーテストの研究をした、故・聖者デヴィッド・ホーキンズ博士のご著書ですが、おそらくこれは読めるのはかなりスピリチュアリティの勉強をして、
聖霊とイエス・キリストからの直メッセージとされている『奇跡のコース』を実践して『奇跡のコース』のテキストのメッセージの言っていることが「わかっちゃった!」になった人しか読めないハイレベルな本なんだろうなと思います。

この本のキネシオロジーテストの意識レベルの数値は「999」(この物質世界で出せる最高値は1000)だそうで、この世で一番意識レベルが高い本だそうです。

私はこの本は手に入れましたが、私レベルが読める本ではないらしく、どうしても文章が目で追えなくて読めない本です。

さて、神さまに雷雨で怒られてしまったということについて、事情を書くことにいたします。

2017年7月12日の早朝から、私はあの魔法入門のブログさんの『アヘンション』カテゴリーの記事と『性愛』についての記事を1つだったか読ませていただいていたら、イエスさまが実在しないがモデルになった人物はいるという記事があり、びっくりしてそのことに関するこの魔法ブログさんの記事をgoogleで見つけ出して、ワードパッドに記事リンクをメモ保存しながら、これについての記事を検索してそれも記事リンクをメモ保存して、記事を書くための準備をしていたのです。

イエス様が実在しないという理由について、その魔法入門ブログさんだけでなく、他のブログさんでも、

「近隣諸国にイエスが実在していたことに関する書物が一切ない」

ということが理由として挙げられていたんです。

それで、

「あれ?イエスさまに関する近隣諸国の書物って、聖書を1冊の本にしてローマかどこかが民衆を統治(支配)するのに、あちこちの街とかのイエスさまに関する書を全部焼き払ってしまったとテレビ番組で伝えていたんだけどな?

でもローマがイエスさまに関するすべての書を焼き払っている話を聞いて、どこかの街なのか団体なのかがイエスさまのことの書を瓶の中に隠してどこかの洞窟に隠して、それが何年か前に発見されて、瓶の中からイエスさまに関することの書が出て来たとか、

ある修道士か偉い立場の方の墓を掘り起こしたら、棺の中からイエスさまに関する書が入っていて古文書として発見されて、今それを確認中じゃなかったっけ?

そうだ、『三十番地キリスト教会』の『下世話なQ&A』に「イエスさまって本当にいたんですか?」というような質問があって、牧師さまが答えておられる質疑応答があったよな。」

と『三十番地キリスト教会』はお気に入りに登録してあるのでページを出して読み直してみましたら、

三十番地キリスト教会 下世話なQ&A
Q.イエスってホントにいたんですか?

http://ichurch.me/gesewa/j_existence.html

上記サイトさんの『下世話なQ&A』でも、たまに気が向いた時に気になる質疑応答のものを読ませていただいたりして少しずつお勉強させていただいているのですが、イエスさまのことを書いた書物のことについて、牧師さまが、

『ヨセフス』『タキトゥス』のお名前を出されていたので、ウィキペディアでイエスさまの説明時期があるはずだとgoogle検索をかけてみますと、

ウィキペディア
イエス・キリスト

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88
※まだ全文読んでいない段階で紹介しています。

このページ冒頭に、

~引用ここから~
>>イエスの存在についてはフラウィウス・ヨセフス(1世紀)、タキトゥス(1世紀)、スエトニウス(1世紀)などの歴史家がその著作の中で言及している。
~引用ここまで~

ウィキペディア
ナザレのイエス
(この項目では歴史的な人物としてのイエスの経歴とその研究について説明しています)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%B6%E3%83%AC%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%82%B9
※この記事も全文まだ読んでいない段階で紹介しています。

こちらの『ナザレのイエス』にもイエスさまのことを伝えている著作として、『フラウィウス・ヨセフス(1世紀)、タキトゥス(1世紀)、スエトニウス(1世紀)』が書かれています。

それらの書物が後世に書かれた偽物だって話の記事もありましたけれど、無知な私ではよくわからないです。

それで、さきほど書いた、

「何年か前に洞窟が発見されて瓶の中からイエスさまかなんかに関する書が出て来たんじゃなかったっけ?」

ですが、調べてみたら『死海文書』というものの発見のことではないかと思いますが、あのテレビ番組で『死海文書』という言葉は出てこなかったような・・・

あのテレビ番組とは、何年も前の放映なので番組名も覚えていないのですが、何年も前に『ダ・ヴィンチ・コード』っていう映画が公開されましたでしょう、あの時に公開日前か公開してからの日時が覚えていませんが、イエスさまに関する特集番組が2つだったか民放テレビ番組で放映されて、イエスさま好きな私は聖書も持っていない頃だったのですがそのテレビ番組を観たんです。

『ダ・ヴィンチ・コード』に出てくるその『ダ・ヴィンチ・コード』にどんなものがあるかをネタ披露してくださったり、イエスさまとマグダラのマリアさまの間にサラという名前の娘さんがいて、そのサラの像は『黒いマリア像』と呼ばれているものだとか、

キリストの子孫だと言われている人をテレビ番組の取材スタッフさんが取材していたんですけれど、キリストの子孫の方はイ●●●●●か他の組織団体か覚えていませんが守り続けているとのことなのに、日本のテレビ番組の取材スタッフがテレビカメラでその子孫だという金髪長髪男性(30代くらいに見えました)を取材していたので、私はその時、

「なんで団体組織が守っているキリストの子孫という重要人物な人に日本のテレビ番組スタッフが簡単に取材できてしまうんだろ・・・」

と首を傾げた記憶がありますが、それはおいておいて、映画『ダ・ヴィンチ・コード』が公開されたのが2006年のことなのでイエスさまに関するテレビ番組が民放テレビ番組で2つほど放映されたはずなのですが、検索をかけてみてもどうもそれを話題にしているブログさんが引っかかりませんでした。
(珍しく私もビデオ録画して詳細にその番組を記事にしなかったんですよね)

しかし2006年放映の民放テレビ番組、確かにわりと2006年に近い年に偶然村人が洞窟を発見して中に瓶がたくさんあって瓶の中からイエスさまかキリスト教に関する書が入っていたってやっていたのですが、検索をかけると『死海文書』が今年2017年に12番目の洞窟が発見されたという情報と、

60年ぶりに12番目の洞窟発見!全世界が注目する「『死海文書』のニュース」を読み解く6つのポイント
https://blog.mizica.me/deadseascrolls2017/

死海文書 ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%BB%E6%B5%B7%E6%96%87%E6%9B%B8

あとこの『死海文書』の一巻だという『天使の巻物』というが古代イエス・キリストに宛てて書かれたものだということしか見つけられなかったので、

月刊ムー公式ウェブ
新たな『死海文書』発見! 人類破滅の大預言成就への予兆なのか?

http://gakkenmu.jp/column/10712/

私も記憶力はおおざっぱな記憶力しかもっていないので、2006年に近い年に洞窟が発見されてというのは私の覚え間違いだったのかなぁ、2006年近年とかではなく、1956年の『死海文書』の発見の話だったのかな・・・と首を傾げているところです。

話は長くなりましたが、昨日の2017年7月12日(水)の夜9時30分以降に、雷雨で神さまに怒られてしまったことについてなのですが、

あの魔法入門ブログさんのイエスさまが実在しないという記事をいくつか検索で見つけて読んで記事URLをワードパッドにメモ保存しながら調べていたわけですが、午後19時からのある所でのあるジャンルのある集まりの勉強会に参加していたら、

勉強中に雷がゴロゴロ鳴って、参加者の女性が「名古屋は雷雨が来るってやっていましたよ」とおっしゃっていましたが、お茶の時間を終えて帰るときに少し小雨が降りながら、雷がピカッと光ってゴロゴロ鳴っていて。

その時はまだイエスさまの存在について調べていることの、つまりイエスさまへの信仰をゆらがせている私への霊的ペナルティの雷雨とは思っていなかったのです。
なので駅までの道を歩きながら、

「神さま、今日は雨合羽を持ってきていないので、●●駅(最寄り駅)に着くころには、雨が止んでいてくださると助かります。」

と神さまにお願いして電車に乗って最寄り駅に着いて階段を上がって出入り口に着いたら・・・

強めの雨が降っているんです。
こういうことは私の人生では滅多にないことなのです。
確か、夜21時10分くらいでした。
すぐに別の駅のパン屋の『ヴィ・ド・フランス』で夜10時までいたら雨は止むだろうか・・・と思いつつ、そこで10分ほどか小雨にならないか待ってみたのですが、雨が弱まる気配がなく・・・

もっと待てば小雨になるだろうか、止むだろうかと夜空を見上げたけれど、ゴロゴロ雷が鳴って、

「いや・・・これ、ペナルティの雨だ。イエスさまの存在を疑っているのと同じことをしているから、神さまが怒っているんだ。濡れて帰らなきゃいけない。」

とすぐに濡れて帰ることを決めて自転車に乗り、漕いでいる時、

「もしこの雨がペナルティじゃないのなら、家に向かっている間に雨が止むはずだ。
だから家につくまで雨が降っていたら、これは神さまが私に怒っていることのペナルティだ。」

と思って自転車を漕いで、団地に着く直前に雨がぽつぽつ程度になったものの、雷が鳴り響き始めたのです。

家についてすぐに体を拭いて新しい服に着替えて時計を見たら夜21時54分。
すぐに玄関ドアを開けて外をチェックしたらその時は雨が止んでいました。

そしてすぐに神棚に手を合わせてイエスさまが存在していないということについて記事を調べたりしてイエスさまへの信仰をしっかり貫いていないことについて、神さまとイエスさまとマリアさまへお詫びするお祈りをしたのですが、雷がゴロゴロゴロ・・・

それで、イエスさまへの信仰が貫けていない以外のことでも神さまはお怒りなのかもと考えて、それはあの魔法入門ブログさんをみなさんにご紹介してしまったことなのではないかと、そのことについても謝って、ブログからあの魔法入門ブログさんのリンクを外してみなさんに謝罪します、シルバーバーチさんも疑ってしまったことをお詫びしますとお伝えしたら雷の音がしばらく止まったので、許していただけたのかなと思って、

勉強会に出かけていたからお腹が空いていたので、シュウマイを蒸かし始めてレトルトカレーを温め始めてお米を炊き始めたら、雷がゴロゴロとなり始め、どしゃぶりの雨が降って来たんです。

それでシュウマイとレトルトカレーの火を止めて布団に寝転がって、

「神さま、ごめんなさい。ごめんなさい。」

と謝ったのですが雷は強い音でゴロゴロ鳴り続けたので、途方に暮れてしまって、

「ブルーノさん、どうしましょう、
私があの魔法入門ブログさんのイエスさまは存在しないという記事を読んでイエスさまの存在について考えたりしていることで、神さまが私のことをとても怒っています。
ごめんなさいって謝っても神さまが許してくださらない・・・
どうしましょう・・・」

と、奇跡のヒーラーのブルーノ・グルーニングさんに途方に暮れて話してみたら、雷の音が聞こえなくなって、それからわりと短い時間で土砂降りの雨がぴたっと止み、雷の音はしなくなったのです。

「ブルーノさん、神さまにとりなしてくださったのかな・・・?」

そう思いましたが、お布団に寝転がっていて眠気が来ていて、ブルーノ・グルーニングさんにお礼を言わない内に眠りについてしまったようで、起きたら朝6時でした。

すぐに契約解除したワイファイのアイフォンで、

「神さまは雷雨で怒る 霊的」
「神さまは雷雨で叱る 霊的」

というキーワードで調べたら、ある女性のブログで「神さまが雷で私を叱りました」とおっしゃっている記事がトップページに引っかかり、やっぱり神さまは雷雨で叱るんだなと思いました。

神さまに雷で叱られたのは、幼稚園くらいの年齢の頃、

「蟻を殺すと雨が降る」

と近所の子に教えていただいた時、私はそれがそうなのか知りたくて、ある日、残酷なことに目の前に居た蟻さんをぷちっと殺してしまったら、即座に雷がゴロゴロゴロ・・・と鳴り、神さまが怒ったんだと思ったことがあるのですが、それ以来だと思います。

そういうわけでして・・・
神さまに雷と土砂降りですごい怒られてしまいました。

みなさま、無知だったがゆえに、あの魔法入門ブログさんを「真実を教えてくださるサイトさんだな」と思ってご紹介して秘密結社(魔法結社と書かれていますが)にどなたかが所属してしまうかもしれない『魔の道』への誘導をしてしまったこと、申し訳ありませんでした。
(/_\;)
m(_ _)m

どうか私がご紹介してしまったあの魔法入門ブログさんを読みに行くことは、できれば避けていただけたらと思います。
真実も書かれているとは思いますが、イエスさまの存在と、シルバーバーチさんなど聖者や高級霊の方々を存在していないと言っている記事や、魔法結社に所属すると真実が教えてもらえるなどの記事には、どうぞ気をつけてくださいませ。

ほんとにごめんなさい。


人気ブログランキングに参加しています。
下のバナー(ボタン?)をクリックしていただくと、
人気ブログランキング内でのこのブログの順位が上がります。
クリックすると人気ブログランキングのページに飛びます。
クリックしていただくと、このブログを
応援していただいていることがわかり、励みになります♪
こちらをクリックです↓
人気ブログランキングへ
みなさんいつもクリックしてくださり
ありがとうございます♪
(*^◯^*)~♪
『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【後日訂正しました】『日月... | トップ | 「イエスは存在していない」... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む