目心口窓Ⅱ-心裸万象-

目(あい)心(しん)口(く)窓(そう)Ⅱ(とぅー)-しんらばんしょう-

耳は心のアンテナ、目は心の窓、口は心の扉…

【固定】【福島の現状】『DASH村』はまだ居住可能にはならない放射能量のはずです

2017年05月22日 | 動画・テレビ
福島のDASH村のことを書く前に
これを言わせていただきたいのですが、

「福島の食べ物は大丈夫です!」

って言っているのを知りましたが、

大丈夫なはずないですから!

読み進めると書いておいてありますが、
チェルノブイリ原発が30年経っているのに
いまだ手がつけられていない状態だそうで、
立ち入り禁止区域はずっと立ち入り禁止のままだそうですから。

食材が放射能汚染されているかを
測定器で測定して基準値が出ているシーンを
テレビで映したり目の前で見ている方いると思われますが、

あれ、機械の初期設定いじって
基準値の範囲内の数値が
出るようにしてあると思いますよ。

機械ってそういうこと
できるでしょ?


さきほどプロバイダーの注目ニュースで、
DASH村の生き字引とも言える明雄さんの野菜の種を、
新宿のビルの屋上に撒いて昭雄さんの残した種を
残していかないとという記事を読ませていただいて、

政府が『DASH村再生計画』をすると発表した
とかいうことについての一文がありました。

DASH村は福島原発の25kmの位置にあり、
完全に避難区域になって閉鎖された場所で、
そう簡単に居住区域にできるはずがないのです。

政府のDASH村再生を両手放しで喜ぶ人や、
DASH村は政府の手を入れてほしくない、
TOKIOと明雄さんの思いが詰まったところだから、
TOKIOの手で復活させてほしいという
ツイッターのつぶやきがいくつか紹介されていましたが、

2005年~2011年くらいまでの間、
私はテレビを1日6時間~10時間は見ていた時期があり、
チェルノブイリ原発事故の閉鎖区域から
避難しないで暮らしている人たちのうちの1人の女性を、
日本のテレビ局が現地に行って取材して特集を組んでいたことがあり、
その番組を私は観たことがあるんです。

チェルノブイリ原発事故が起きたのは、
私が高校生の時だから1986年と記憶していますが、
そのチェルノブイリ原発事故の立ち入り禁止区域の取材を
日本のテレビ局が放映したのが
2005年~2011年のどこかの年なので、
取材されたのが放映された日から3年以内だとしても、
まだ2003年~2008年とか
それくらいの時期のことだろうと思います。

チェルノブイリ原発の現状について調べてみましたら、
2016年4月にNHKがチェルノブイリ原発の番組の
特集を放映していたようです。


NHK
チェルノブイリ原発事故から30年 終わらぬ闘い
2016年4月25日(月)

http://www9.nhk.or.jp/nw9/digest/2016/04/0425.html

悲劇から30年 チェルノブイリの実相
2016.4.26 公開

https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/chernobyl/

チェルノブイリ原発事故は自己から30年(今年で31年)経っていますが、
いまだに手がつけられていない状態だそうで、
有害なままだそうです。

チェルノブイリ原発事故ですらそうなのですから、
福島原発に近い完全避難区域がそう簡単に
居住区域になるはずがないと、
私は何年も前に何度かチェックしにいった
福島原発の現状を伝えている個人サイトさんを
もう一度検索してみましたが、
どうも見つかりませんでした。

ただ、福島原発の現状を伝えているサイトさんはありました。

福島原発の現状がヤバすぎる!
放射能漏れがコントロール不能の原発事故!
東京オリンピック中止しよう!

https://matome.naver.jp/odai/2145104336855583901
(このページは下に2ページ目を表示させられる
クリックできる数字があります)

上記記事に東電の人のツイッターのコメントが掲載されていて、

「福島原発は手に負えない」

という旨の発言をなさられています。

さらに今現在の福島原発の現状を
報告してくださっているサイトさんがあります。

福島第一原発・最新情報 P-36
http://www.imart.co.jp/houshasen-level-jyouhou.html

福島原発事故の真実と
放射能健康被害

http://www.sting-wl.com/category/%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E5%8E%9F%E7%99%BA%E4%BA%8B%E6%95%85%E3%81%A8%E5%B0%8F%E5%85%90%E7%94%B2%E7%8A%B6%E8%85%BA%E3%81%8C%E3%82%93

それからこちらのブログさん↓は
本当の原発問題を現地に行ったり
福島や東京の現地の人たちの声が集めて
発表してくださっている
勇気ある方のサイトさんです↓

原発問題
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05


福島県の子どもたちと大人たちに多発する
甲状腺ガンのこと、
福島の妊婦さんの胎児が奇形児になってしまい
中絶する妊婦さんがとても多いという話についてや、

そして東京で暮らしている方が
ベランダでメダカを飼っているけれど、
年々メダカの奇形児が増えているという
声が寄せられましたと掲載してくださったりして、
福島まで取材に行ったりして知ったことや
人々から寄せられた声を掲載してくださっています。

人間はまだ事故を起こした原発を
無害にすることができる科学技術を発見していないはずです

もし発見できていたらとっくに
チェルノブイリ原発と福島原発に適用しているはずです。

無害にできるような科学技術がないから
こんなことになっているのです。


JP- パーヴェル・シェーメットさんは放射能の被曝から生還しました!
https://youtu.be/-FO2tIT9zlQ

この動画は私が入門している
奇跡のヒーラーのブルーノ・グルーニングさんの交友会
(ドイツ非営利社団法人。宗教団体ではありません)
の公式動画です。
ブルーノ・グルーニングさんが変圧器となって
流してくださる神の愛と治癒の善のエネルギーである
『ハイルシュトローム』
を受け取り続けて放射能被爆の肉体的後遺症から
生還した男性のインタビュー動画です。

【奇跡の幸福と治癒】
『チェルノブイリ原発事故からの生還』
―被爆で苦しまれている方へ

http://blog.goo.ne.jp/sion-etsuko/e/fef95678d61fb5d9a5426caef7a790ef

この動画でチェルノブイリ原発事故の清掃員をした
パーヴェル・シェーメットさんが体験談を語っておられますが、
当時は国名はたぶんソ連だったと思いますが、
ソ連の政府からチェルノブイリ原発事故の
清掃員をすることを知らされることなく、
清掃員として働かされたことを告白されています。

政府というのは目的遂行のためには
それくらいのことをするのです。
それは日本国だろうとどこの国だろうと変わりません。

たとえば、テロの事件現場に
テロ専門の役者『クライシスアクター』がいて、
他のテロ事件の現場などにもいた
特定の個人のクライシスアクターさんの
現場での写真が撮られているくらいで、
政府が国民の意思を大きく動かす為に
わざとテロ事件を起こしたりするようです。

このことについては、世の中の出来事の
真実を伝えるサイトである、
こちらのブログさん↓で語られています。

福田元昭の桜の木になろう~
http://ab5730.blog.fc2.com/

政府・マスコミなどに騙されない真実を伝えておられるサイトさんです
ぜひパソコン閲覧でご覧くださいませ。
(私以上に超絶長文で詳しく記事を書いておられます)


ご紹介した福島原発の現状についてのサイトだけでなく、
ぜひご自分で検索をなさって調べていただいて、
福島に住んでいらっしゃる方々の声の
本当の福島の現状の情報について、
チェックしてみられるといいと思います。

被災地支援をしているボランティア団体が
各地に発足していると思いますが、
そういうボランティア団体の公式サイトを見たり
お訪ねして現状について質問させていただけたとしたら、
福島の現状がわかると思います。

政府もインターネットが普及している以上、
民間の人たちがサイトを作って被災地救済活動のために
情報を伝え合うことをすることは予想済みのはずです。

実際に現地で放射線量を毎日計測してくださっている
民間の方々が計測した放射線量を調べてみるといいと思います。

みんなでつくる放射線量マップ
http://minnade-map.net/

ただ今の空間線量/ホワイトフード

https://news.whitefood.co.jp/radiationmap/


どこの国でも、王政でも民主主義の政府でも、
国の運営上、国民を支配するというのは
どう考えたってあるはずです。

テレビ番組でTOKIOさんたちは、
放射能汚染されているだろう東京の新宿のビルの上に作った畑に
明雄さんの大切な野菜の種を撒いたとのことですが、
福島のほうから流れて来た放射能が含まれた
放射能雨がビルの屋上に降ることも考えられるのに
明雄さんの種を撒いたってどうしてなのでしょう・・・
その種は育っても放射能汚染された次世代の種が
作られてしまうだけだと思うのですが・・・

というわけで、ご紹介した福島原発の現状について
ご報告してくださっているサイトさんや、
その他検索で福島原発の情報を記載してくださっている
サイトさんの情報も探していただきたいのですが、

手に負えない状態の福島原発にとても近い『DASH村』が、
そう簡単に居住可能地区になるはずもないということに
気づいていただきたいのです。

福島に住み続けて被爆し続けている方々の
お子さんたちが甲状腺がんなどになっているのですから、
DASH村で再生のために防護服も着ないで
再生活動をすることになる人たちや、
もし、TOKIOのみなさんがDASH村で
防護服も着ないで再生活動をしたら、

TOKIOのみなさんが被爆して
甲状腺がんなど病気になってしまう可能性が
とても高くなることは否めないということを、

どうぞお考えになっていただきたく思います。
m(_ _)m

福島や福島の近県に住んでおられる方は、
もっと放射能の影響力が低い土地に
避難していただきたい・・・
そんな気持ちはずっと持っています。

アメリカとの戦争の時の
長崎・広島の原爆投下のあとの生き残られた
長崎や広島の方々、近県の方々はどのようになさったのだろう・・・

『はだしのゲン』は30年ほど前に
何巻までかは読みましたが、
避難どころじゃなかったのかなというような
シーンは見たことがあります・・・

でも今は避難できるのなら
生まれ育った土地に執着するのではなく、
ちょっと旅行で長期滞在くらいの気持ちで
放射能の影響が少ない土地に避難するということは
お心の関係でどうしてもできないものなのでしょうか?

昔から、『住めば都』と言います。
自分と家族、特に未来あるお子さんの
心と肉体の健康を優先して、
放射能の影響の少ない土地に避難していただきたい・・・

私は産まれてきてから今までの人生で自分の意志に関係なく
東京と名古屋のどちらかに11回引っ越しをしたことがあるので
見知らぬ土地でも『住めば都』だと、そう思います。


人気ブログランキングに参加しています。
下のバナー(ボタン?)をクリックしていただくと、
人気ブログランキング内でのこのブログの順位が上がります。
クリックすると人気ブログランキングのページに飛びます。
クリックしていただくと、このブログを
応援していただいていることがわかり、励みになります。
こちらをクリックです↓
人気ブログランキングへ
みなさんいつもクリックしてくださり
ありがとうございます。
ジャンル:
東日本大震災
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【固定】『コメントできるサ... | トップ | 【固定】最新情報医療『NE... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む