目心口窓Ⅱ-心裸万象~あるスピラーの散文~

目(あい)心(しん)口(く)窓(そう)Ⅱ(とぅー)-しんらばんしょう-
耳は心のアンテナ、目は心の窓、口は心の扉…

平安の貴族の遊びを君は知り桜の歌を初めて詠んで

2017年04月24日 | 短歌
咲き誇る桜の連なり平安の貴族の気持ちで歌を楽しむ


詠み人:風音颯羅(しおんさづら)

※この短歌には著作権があります。無断転載・無断利用はご遠慮くださいませ。
引用もなるべくご遠慮いただきたいのですが、ないとは思いますがもし引用なさる場合は筆名とこの記事のURLと記事タイトルの記載をお願いいたします。
国語の短歌の宿題に使わないでくださいませね。



人気ブログランキングに参加しています。
下のバナー(ボタン?)をクリックしていただくと、
人気ブログランキング内でのこのブログの順位が上がります。
クリックすると人気ブログランキングのページに飛びます。
クリックしていただくと、このブログを
応援していただいていることがわかり、励みになります♪
こちらをクリックです↓

人気ブログランキングへ
みなさんいつもクリックしてくださり
ありがとうございます♪
(*^◯^*)~♪
『短歌』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 飛行機が好きな君は空見上げ... | トップ | 桜詠む我の想いの言の葉に君... »
最近の画像もっと見る

短歌」カテゴリの最新記事