「来年」を失わないために。

……来年があるってことは、ものすごく幸せなことやねんで。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

その後の楽天TBS問題についてちょっと【追記あり】

2005年12月09日 | ベイスターズを守れ
さぼってました。
というより、「記事にする気がおきなかった」というのが正確でしょうか。
まずは球団合併の目はなさそうだという時点でこの問題に対するモチベーションが大幅に低下したのは否めませんが、それ以上に色々と思うところがありまして。
報道には目を通していますが、それについていちいち書いていくのが少しばかばかしくなっている、といったところです。

ひとつ後悔しているのは、記事にはしなくても関連ニュースのURLくらいその都度拾っとけばよかったということです。
あとから探すのは大変。
というわけで、ソースなしで記憶だけで突っ走ります。

以前の記事の繰り返しになることも多いかと思いますが。


最初、私自身も頭をよぎったことでしたが
楽天がTBSと経営統合をもちかけたりするのは(楽天そのものがそれに積極的に荷担しているかどうかはまたその先の話として)去年球界縮小再編に失敗した勢力によってまた球団合併という話に利用されるのではないかということが一番の懸念でした。

しかし、その目はない。

その流れで出てきた話なら、爺さんどもは喜んでこの話にのっかったハズだと思うんです。協約なんて自分たちの都合のいい解釈しかしない連中ですから、「協約違反」などどうとでもなるんです。
だって、「もうオーナーでもない」あのお爺さんが仰ってたじゃないですか。
村上ファンドでごちゃごちゃしたときに。
「協約をちょっと変えるだけで対応できる」って。
協約をちょっと変えることなんて、なんとも思ってないんですよ。

なのに、こっちの問題に関してだけは判で押したように「協約違反」「協約はなんとしても遵守しなければならない」のオンパレード。

去年のことを思い出してみてください。

球団合併なんて蛮行を行うのに、そのこと自体に関しては形式的な承認を行っただけで、なんの議論もしてこなかったのがNPBなんですよ。
自分たちに都合のいいことにはとことん甘いのがNPBなんですよ。

だから、少なくとも楽天は球界縮小再編勢力とは組んではいないんでしょう。
(他の勢力で球界を牛耳ろうとか、そういう意図があるかないかは知りませんけど)

ということもあり、やたら「野球協約」をタテに楽天を批難することがひどくくだらなく思えるんです。

私は実はこの問題に関しては三木谷社長に対しては「野球のことは二の次ってゆうか考えてなかったやろ、アホやな」程度にしか思っていませんでした。
しかしここへきて、協約は時代遅れだ、業界を取り巻く環境に応じて常に議論を重ねて改正を加えていくべきものだ───という三木谷氏の主張は、少なくとも私には非常に真っ当な主張だと思えます。
(イーグルスのオーナーとしての三木谷氏のやりかたには全否定こそしませんが全肯定ももちろんできません)


何度も記事に書いたように早い段階から私は今回のようなことが起こってもそれぞれの球団に影響を与えないような方法や協約の改正を求めたいというスタンスになっていましたが、そういう意見は依然あまり聞きません。
でも今の時代、仮に楽天がTBSから手をひいたからって、それで問題が解決するとはとても思えないしこれからも同じような問題は出てくると思います。その都度該当する球団のファンが不安な思いをするようなことは避けなければならないんじゃないんですか?


ここらで本音を言わせて頂きますが、

横浜"TBS"ベイスターズを守りたいのはわかりますが、
その気持ちが行き過ぎるあまり単なる楽天バッシングになっていたり
「楽天はイーグルスを手放せ」
という論調になるのが私は我慢できない。

1シーズン目を終えたばかりのイーグルスは確かに親会社が変わってもさほど大きな影響はないかもしれない。
でも、「チームの顔は変わらず親会社が変わるだけ」で済むとは限らないということに関してはTBSベイスターズと同じです。

それとも、「自分のチームだけ守れればいい」んでしょうか。
「楽天」なんかのチームを応援しているファンは不安な思いをしても当然なんでしょうか。

あのオーナーはちょっとなぁと思っているファンは多いけど、イーグルスの姿が大きく変わるならそれは嫌だと思うファンだって多いはずです。
中には楽天にイーグルスを手放して欲しいと思っているファンの方もいらっしゃるようですが、楽天が売却した先の企業が理想的な運営をしてくれるなんてことは保障されてはいないんです。
少なくとも私は文句を言いながらでも、楽天にはイーグルスと一緒に「親会社としての成長」をして欲しいと思っています。

【追記】
どうも勢いで書いたせいでちょっと言ってることが破綻してる気がしてきた。
私は「売却」という選択肢はきちんと吟味すればアリだと思います。
「現在の親会社」に球団経営に対する熱意(だなんて感覚的な言葉を使っていいものか迷うが)が全く見られず、もっと熱意をもって運営してくれる先へというなら、絶対阻止せねばならないものではないと思っています。
だから「楽天」がいつまでも1年目のようなやり方で球団の成長をむしろ阻害するような経営をするならやはりいい売却先を見つけてくれという意見に変わると思います。が、親会社も球団経営は一年生だったわけですから、これから成長する可能性はまだあると思っています。
私が憤っているのは、
「ベイスターズがどこかに売却されることを絶対阻止したいと思っている人たちが、他球団に対しては同じことを求める」
「親会社を攻撃することによってその結果を導きかねない運動を推進する」

という部分なのです。
【追記】



そういったことで私は非常に失望しております。
ここを長らく放置することになってしまったのはそのためです。


というわけで、本日をもって当ブログは
BayStars Alliance~横浜同盟~さんへのリンクは外させていただきます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナベツネ様語録と、その後の... | トップ | 合併は「成功」してしまった(... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
意味のない楽天叩き (佐々木大悟)
2005-12-13 11:47:05
自分の所で記事にはしていませんでしたが、

一部のベイスターズファンの楽天叩きには

正直辟易しておりました。



ベイスターズ存続がほぼ確実な今の状況で楽天を叩くのは、

意味がないどころか

イーグルスに迷惑をかけるだけでしょう。



問題の所在は楽天ではなく、

親会社の本業に球団の存在自体が揺るがされる

NPBの構造そのもののはず。



そろそろベイファンの方々にも冷静になって欲しいと思っています。
佐々木大悟さん (さいん)
2005-12-14 11:43:10
記事のご紹介&コメントありがとうございました。

そちらにもコメントさせて頂きましたが、ベイファンである佐々木さんからこのように仰っていただけると、反対活動をされているのが一部の方だとはわかっていてもなんだかほっとしました。

ベイを守るということより「TBSを守る」みたいになっているのが気になります。

ファン心理をTBSにうまく利用されているんじゃないのかという気にさえなっております。



それにしても、親会社の間でこういう問題が持ち上がった時に即「合併という道もありかも」という発想が出るあたり、やはり昨年の合併劇が球界とそのファンにどれほど不安定要素を与えたのかとあらためて思わずにはおれません。
Unknown (なにわっち)
2005-12-19 20:13:05
実は私も当初から、漠然としたものですが、全く同じような思いを持っていました。事が一段落したので、思いの丈を書き殴ったあとで、同じようなこと書いてる人いないかなと探していたら、さいんさんと佐々木さんの記事を見つけました(最近、健康のため、意識的に野球を避けて生きてたので気付きませんでした)。



あれは、ベイスターズファンがどうのこうのというより、単なるTBSファンが楽天叩きをするために野球の問題と無理矢理こじつけたのが発端ではないかと…。あの手の「運動マニア」に簡単に踊らされるところは、野球ファンのレベルがまだまだ低いということかもしれません。



野球協約の制度的欠陥など、球界には変えていかなきゃいけないものがたくさんあります。今後は、その課題の一つに「ファンの責任」をちゃんと定義するようにしなきゃいけないかなと考えさせられました。

コメントを投稿

ベイスターズを守れ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

ベイファンとして「楽天叩き」に反対します。 (ジユウノツバサ@横浜式)
書くのをサボっていたTBS・楽天経営統合問題ですが、 とりあえずベイスターズやイーグルスの合併・消滅という 最悪の事態は避けられそうです。 この間、 『BayStars Alliance~横浜同盟~』さんをはじめ、 ベイスターズを守るという目的で TBS・楽天の経営統合に反対する方々.
楽天のどこがどのように「野球ファンの敵」なのか? (なにわっち\'s Weblog)
この連中、根本的に履き違えてる。馬鹿も休み休み言え。 Bullet Mail T...