新車を安く買う

新車を安く買う方法

273psユニットを搭載。メガーヌ ルノー・スポールの頂点モデル2台発売

2016-10-07 13:38:25 | ルノー
yahoo自動車carviewより


トロフィーRと同じエンジンを積む2モデル発売

ルノー・ジャポンは10月5日、「メガーヌ ルノー・スポール 273」と、「メガーヌ ルノー・スポール 273 トロフィー S(LHD)」を発売した。

両モデルとも2014年にニュルブルクリンクサーキットで7分54秒36をマークしてFF最速タイムを塗り替えた(※2014年6月時点)「メガーヌ ルノー・スポール トロフィー R」と同じ、2.0L DOHCターボ(最高出力=273ps/5500rpm、最大トルク=360Nm/3000rpm)を搭載。150台限定で今年7月に発売された、同じエンジンを搭載する「メガーヌ ルノー・スポール 273 トロフィー 2」(422万円)に続くリリースになる。

発表会には10月9日に開催されるF1日本グランプリに参戦するルノー・スポールF1チームのドライバー、ジョリオン・パーマーも参加して、発表会に華を添えた。

メガーヌ ルノー・スポール273

「メガーヌ ルノー・スポール トロフィー R」と同じ273psを発生する2.0Lターボエンジンを搭載。レカロ製バケットシート(レザー調&ファブリックコンビまたはOPのレザー)、ブレンボ製モノブロック4ポットフロントブレーキキャリパーなどを装備する。6速MTのみで価格は399万円。


メガーヌ ルノー・スポール 273 トロフィー S(LHD)

「メガーヌ ルノー・スポール トロフィー R」と同じ273psを発生する2.0Lターボエンジンを搭載。



ルノー・スポール 273も装備するブレンボ製モノブロック4ポットフロントブレーキキャリパーに加えて、

オーリンズ製調整式ダンパー、スピードライン製19インチブラックアロイホイール“Turini”、カーボンエンド付アクラポヴィッチ製チタンマフラー、F1タイプエアインテークブレード(ブラック/“TROPHY”ロゴ入り)、レザー&アルカンタラコンビレカロシート、専用デカール(シルバー/“TROPHY”ロゴ入り)をなど装備する。左ハンドル&6速MT、限定50台で、価格は456万円。




スペック
【 メガーヌ ルノー・スポール 273 】
全長×全幅×全高=4320mm×1850mm×1435mm
ホイールベース=2640mm
駆動方式=FF
車両重量=1420kg
エンジン=2.0L 直列4気筒DOHC ガソリンターボ
最高出力=201kW(273ps)/5500rpm
最大トルク=360Nm(36.7kgm)/3000rpm
使用燃料=プレミアム
トランスミッション=6速MT
サスペンション=前:マクファーソンストラット式
        後:トレーリングアーム式
タイヤサイズ=前後235/45R18
車両本体価格=399万円(右ハンドル)
発売日=2016年10月5日

【 メガーヌ ルノー・スポール トロフィー R 】
全長×全幅×全高=4320mm×1850mm×1435mm
ホイールベース=2640mm
駆動方式=FF
車両重量=1420kg
エンジン=2.0L 直列4気筒DOHC ガソリンターボ
最高出力=201kW(273ps)/5500rpm
最大トルク=360Nm(36.7kgm)/3000rpm
使用燃料=プレミアム
トランスミッション=6速MT
サスペンション=前:マクファーソンストラット式
        後:トレーリングアーム式
タイヤサイズ=前後235/35R19
車両本体価格=456万円(左ハンドル、50台限定)
発売日=2016年10月5日


300万人以上の査定実績!!
あなたの愛車は今いくら?全国200社の買取店ネットワークが回答します!!
新車を安く買う方法


このフィリピンのノアプロジェクト
フィリピン人が稼いだお金を、より多く自国へ還元
フィリピンのインフラ整備に使われ
雇用が生まれて貧困層の救済に繋がります。
 


NOAH PROJECTプレゼン動画

一口 1,000ドル
NOAH COINノアコイン
『メーカー・ブランド』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テスラ初のSUV、モデルXに試... | トップ | 【限定200台】超個性的デザイ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。