新車を安く買う

新車を安く買う方法

ダイハツ ウェイクに試乗。使いやすい?転倒しない?

2014-11-27 13:21:59 | ダイハツ
yahoo自動車carviewより



ある意味、物理限界に挑戦した軽自動車

なんじゃこりゃ? もはやあり得ん! と叫びたくなる前代未聞の軽自動車が登場した。その名もダイハツ「ウェイク」。去年の東京モーターショーに「デカデカ」という名のコンセプトカーで登場したクルマで、不肖オザワに言わせるなら“軽のスペース限界に挑戦した”勇気あるチャレンジャーであーる。

実はそこには前振りがあって約11年前の2003年、同社は当時非常識な1700mm台の全高を持つ初代「タント」を発表! ご存じトヨタ・セルシオもビックリの巨大車内空間を備え、一躍スーパーハイトワゴンブームを巻き起こし、当初はニッチだったが、そのうち軽販売のトップレベルにまで食い込んできた。

しかし当然ながらライバルも指をくわえて見ているわけはなく、今やホンダ・N BOXやスズキ・スペーシアなど強力ライバルが続出。元祖タントですら安穏とトップにいられなくなった。だからか「背高ノッポ」のパイオニア、ダイハツはタントの上行くタント!? とも言うべきこのウェイクを生み出したのであーる。

全長×全幅×全高が3395×1475×1835mmでホイールベースが2455mm。長さと幅とホイールベースはムーヴやミラと全く同じで、高さのみ唯一タントより85mmも高い圧倒フォルム。タントもそうだったが特に異様なのはタテヨコ比で、クルマは前から見ると大抵高さより幅の方が長いが、ウェイクはタント以上の逆転現象! 妙に幅が狭くて背が高い、おサカナ風フォルムを獲得している。

となると当然怖いのは転倒。クルマは物理的にコーナリング中に横Gがかかり、背が高くなれば高くなるほど転倒リスクが高まる。よってコーナリング性能の高いスポーツカーほど車高を低くするわけで、法的には全高2000mmまでOKな軽でも普通は1600mm程度に抑えられているのだ。

タントより62mmもアイポイントが高い

「ウェイクは始めにアイポイントの高さありきなんです。タントだと5ナンバーミニバンより視点が低くて」

と教えてくれたのは開発スタッフ。オザワの予想とウラハラに開発のきっかけはスペースではなく、視点の高さ。視界を含めての乗りやすさを追求しており、シート座面はタント比で62mmも高い。

よって実際に座ってみた時の見晴らし感もタント以上で、一緒に乗った身長150cm台の女性は「なにこれ? 大きいけど凄く見やすい」と感動していた。

となると当然気になるのは転倒リスクだが、ここはダイハツも万難を排しており、全高85mm、座面62mmも上がっているのに重心高アップはわずか約10mm。秘密はタント以上にボディ上部の外板を樹脂化したり、ルーフ鉄板の板厚を薄めて重心高に効く部分を軽量化しているのと、中身の低重心化でトランク床面を下げたり、パンク修理キットを低い位置に置くなど細かい努力をしている。

サスペンションは基本ミライース系だが、ロールを抑える太いスタビライザーを全車標準装備し、ウレタン製の柔らかいバンプスプリングを採用。足回りが底付きしても大きな衝撃が入らない構造になっている。

さらにオザワが運転して感じたのは独特のおっとり感だ。ステアリング、アクセル、ブレーキすべての操作に対し、身のこなしを極力スローにしており、タントもそうだったが、走り出すなり「バスっぽいな」と思う。

エンジンはタント同様の52psの660cc直3ノンターボと64psの同ターボが選べ、どちらもCVTと組み合わされるが、ハイパワーなターボでアクセルを思いっきり吹かしても、極端にドカンと飛び出ることはない。

3000rpmのトルクが厚いところまで絶妙にCVTが繋がり、ほどよくじんわり速く走れる。

ちなみにこれは燃費にも効くようで、モード燃費はノンターボが25.4km/Lでターボが23.8km/Lとタントよりちと落ちるが、高速ゆっくり走行でなんと実燃費18km/L台を記録。トゲを抑えた走りは、エコにも効いている。

全然“意味のない広さ”じゃなかった!


それから乗り心地とハンドリングだ。乗り心地は荒れた路面では多少ザラ付くが、予想以上にしなやかで快適、静粛性も高い。標準装備のアンチロールバーが効いているようで、凄く良好とは言いがたいが、予想を上回る快適さではある。

ハンドリングも首都高のワインディングをそれなりに攻めた時、徹頭徹尾おっとりさを失わず、なおかつロールが少ないのに驚いた。これなら恐さはないと言っていい。ただしこれで片道500km以上走ってスキーに行きたいか? と聞かれるとちょっと悩むが。

しかし、それ以上に嬉しくなったのは室内の使い勝手だ。特にダイハツが「ミラクルラゲージ」と呼ぶ荷室部分が抜群にいい。正直、全高1750mmのタントでさえ使い方で悩むのにこれ以上あってどうする? と思っていたが、ここは予想以上の大発見だ。

床下のラゲージアンダートランクが90Lもあり、フロアを兼ねた蓋を後席背面側に跳ね上げて固定すると、実にゴルフバッグが3個タテ積み可能! そのほか長さ160cm台のカービングスキーもタテに楽勝で置けて、これは本当に便利。

これまで長尺ものは、たとえ5人乗りの大型SUVでも、スキーに行く時などはリア席を1つツブして4人乗り状態で荷物を横に積む必要があった。だが、タテ積みなら軽の4人分の居住スペースを全く潰さず、荷物を搭載できる。しかもタテ積みは積載がラクチンなのだ。

遊びのプロのアドバイスが活きる使い勝手


さらに絶対室内スペースと使い勝手だ。ウェイクはタントと違い、親子ではなく、広さ徹底優先のマジな趣味人男性を狙っているから、タントのような乗り降りに効く左側ピラーレス構造を採用してない。おかげで走りもバランスが良くなっているし、なにより広さだ。

メーカー毎による測り方の違いもあるが、室内長×室内幅×室内高は2215×1345×1455mmで、タントより長さも高さも格段に長い。他社と比較すると室内長こそデイズ ルークスの2235mmに負けるがN BOXに勝ってるし、室内高はライバル+55mmでひとり勝ちで、5ナンバーミニバンのトヨタ・ノア&ヴォクシーより高い。

これがウワサ通りサーファーやら釣り人やらサイクリストやら、プロのアドバイスを受けているからやたら使い易いのだ。さきほど絶賛したリア荷室は逆にフロアを高くすれば、2段式の棚として使えるし、リアシートを前に倒すとフラットになるのはもちろん、助手席も倒すとツライチで広大で、傷に強い空間が広がる。オマケに助手席には一眼レフがそのまま置ける棚があり、中央にはスマホを置ける小棚もある。

もはや「軽」というより「ハイエースの小型版!?」と言いたくなるレベルに突入してきたウェイク。こりゃまたまた新しい市場を作ってしまうのかもよ?

スペック

【 G “SA”(FF)】
全長×全幅×全高=3395mm×1475mm×1835mm
ホイールベース=2455mm
駆動方式=FF
車両重量=1020kg
エンジン=658cc 直列3気筒DOHCターボ
最高出力=47kW(64ps)/6400rpm
最大トルク=92Nm(9.4kgm)/3200rpm
トランスミッション=CVT
欧州複合モード燃費=23.8km/L
車両本体価格=174万9600円

【 L “SA”(FF)】
全長×全幅×全高=3395mm×1475mm×1835mm
ホイールベース=2455mm
駆動方式=FF
車両重量=1000kg
エンジン=658cc 直列3気筒DOHC
最高出力=38kW(52ps)/6800rpm
最大トルク=60Nm(6.1kgm)/5200rpm
トランスミッション=CVT
欧州複合モード燃費=25.4km/L
車両本体価格=156万6000円

発売日=2014年11月10日


ディーラーの下取りで愛車を売却して
新車に乗り換えるなんて、愚かな選択です。

下取り価格と車買取比較サイトの金額を
比べて見て下さい。


あなたの愛車は今いくら?全国200社の買取店ネットワークが回答します!!

かんたん車査定ガイド

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大8社に無料一括査定依頼

新車を安く買う方法

 「事故車はコチラ!」  


TVゲーム家電ミュージックDVDデジタルミュージックPCゲーム
カー&バイク用品スポーツ用品ヘルス&ビューティー食品&飲料ホーム&キッチン梅酒&焼酎
『メーカー・ブランド』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最新アイサイトなど最先端の... | トップ | VW、「ゴルフRヴァリアント」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。