新車を安く買う

新車を安く買う方法

各車の違いはどこ?ダイハツ・トヨタ・スバルからミライース「兄弟」が出そろう

2017-05-16 12:00:00 | ダイハツ
yahoo自動車carviewより


2017年5月9日にダイハツ・ミライースがフルモデルチェンジ、その兄弟モデルとしてOEM供給されているスバル・プレオも同日にフルモデルチェンジ。そしてトヨタ版の兄弟モデルとなるピクシスエポックが5月12日に発売開始となりました。

さて、ダイハツ・ミライース、トヨタ・ピクシスエポック、スバル・プレオの三台。写真を眺めてみても、ボディ前後やステアリングに付けられたブランドや車名のエンブレムを変えたバッジエンジニアリングといえる違いしか見当たりません。ユーザーとしては、同じクルマと考えていいのでしょうか。


いえ、そうとは言い切れません。



まず、ミライースを基本として考えると、ピクシスエポックはグレード構成もメーカー希望小売価格も変わりません。エントリーグレードの価格は84万2000円となっていますし、その名前が「B」というのも共通です。その上は「B”SA III」、「L」、「L”SA III」、「X”SA III」となり、最上級グレードの名前が「G”SA III”」となっているのも同じです。いずれも4WDが設定され「G”SA III”」4WD車の価格が133万9200円となっているのも同様です。

一方、プレオの入り口価格は89万6400円で、グレードは「F」、「Fスマートアシスト」、「Lスマートアシスト」、「Gスマートアシスト」とベーシックグレードが省かれた構成となっているほか、ダイハツやトヨタが”SA III”と省略しているのに対して「スマートアシスト」と記しています。なお、もっとも高価な「Gスマートアシスト」4WD車のメーカー希望小売価格は135万円。つまり、プレオにおいてはミライースと比較して1万800円~2万1600円ほど価格がアップしているのです。

とはいえ、前後とステアリングに輝く六連星エンブレムはスバルファンにとっては外せないアイコンといえそうです。

また、エンブレムといえばテールゲートに付けられる位置が、ミライースとプレオは向かって右側、ピクシスエポックは左側となっているのも細かい違いとなっています。

(山本晋也)


新車を安く買うには大幅値引き?
下取り価格と車買取比較サイトの金額を
比べて見て下さい。


300万人以上の査定実績!!
あなたの愛車は今いくら?全国200社の買取店ネットワークが回答します!!

事故車買取の<タウ>査定申込促進プログラム
『メーカー・ブランド』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« GLAマイチェンで新設定の4WD... | トップ | さらに高性能&6速MTも復活。... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。