終の旅へ

虚血性心疾患・大動脈瘤、狭心症の体験記

ちらし寿司で膀胱炎?

2017-03-20 20:06:27 | 2017年日記

今朝は体調比較的良好。

念願のちらし寿司を作ることにした。

だから他の家事はほとんどしないでそれに備えた。

(概ね昨日の気力萎えは復活? すぐ再発するかも?)

 

相変わらずおとなしい私。

声を出すのがつらい。

声が出ても…

今日の石原元都知事よりしゃがれた小さな声。

喋らないほうが良い。

 

どの口がそれを言わせるぅ(゚Д゚;)

というほど口にしまりがなくなったあの私が

今は寡黙……寡黙。

 

で、2時近くから野菜を刻み始めました。

これまでのように小さく細くは止めて適当に大きく。

 

ほぼ終わりに近づいた頃、足元の冷えから

いつもの膀胱炎になりそうな予感。

まず(゚Д゚;)

やば。

 

本格的にやばい。

電気ひざ掛け毛布を下半身にぐるぐる巻きにして

難を逃れた…と思う。

 

でもかなり危険域まできてた。

 

その間 錦糸卵や酢飯を混ぜることも故意に忘れ

ひたすら電気毛布にくるまっていた。

 

夫が錦糸卵を焼いてくれている。

何か音がした……卵がボトッと落ちたそうだ。

それは棄ててもらった。

 

私 動けないし、ヘルプできない。

 

少々落ち着いて行こうとすると

「来るな! 見るな!」

 

行ってみた。

 

玉子は薄焼き卵に近かった。

「大丈夫、私が刻むから」

細くほそく刻んだら錦糸卵になった(´▽`*)

 

で、またくるまって、ご飯の蒸らしが終わって

酢飯を作り具を混ぜて出来上がり!

 

夫得意の豆腐の味噌汁とお刺身で食べた。

 

メッチャ美味しかったけど…

やはり胸部の痛みが起こったり、

喋るには息遣いが難しかった。

 

今日は上出来の一日だった。

ニトロは2枚貼ったけど…

まだ貼っておいた方が良いんだろうか?

 

掛かりつけ内科医は心臓のことは言わないでと言うし、

心血専門病院に行くと 何をされるか分からないから

行かないようにしてる。

ステント要らないの、私。

 

そろそろ有効期限の切れたニトロが切れかかってる。

そろそろ新しいニトロの使用が迫っている。

 

今日も一日終わった。

明日はモモのイボ摘出で入院の日。

大丈夫ヨ、モモ!


オオカンザクラ


この桜の名前は存じません。

 

 

 

『闘病』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気力が萎えた | トップ | モモが居ない! »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。