終の旅へ

虚血性心疾患・大動脈瘤、狭心症の体験記

寝床から抜け出せない

2017-04-30 18:54:18 | 2017年日記

この2日、布団から起き上がるのに難儀する。

関節全体が痛み、起き上がる態勢が整わない。

起きても歩くのが怖い。

 

5分以上どういう態勢にしようといごいごして

ようやく起き上がることができる。

 

喉が渇いていても、膀胱に水分が溜まっていようと

起き上がれない。

ここが1階だと何とかなっても2階だし、

安普請の家で2階に水周りが無いのだ。

 

深夜4時に目覚めて膀胱が満タンになっていても

下りないで2度寝、3度寝することにしている。

そのうち……ギャアッ、考えるだけでも恐ろしい。

 

冗談ではなく、寝室を1階に下ろしたほうが良いかも!?

爺とモモが居て狭くて窮屈な部屋には戻りたくない。

 

この家に移り住んで何度寝室を移動したことか?

2階は良い。

星を仰ぎ、月を愛でる。

昨夜の月没は9時頃だった。

 

本当はもう少し遅いけれど家並みに沈むのは

その時間だった。(北北西)

今夜も美しい三ケ月を見よう。

 

ここを書いていられるのもあと幾ばくも無いかもしれない。

だんだんパソコンの前に座る時間が減少している。

 

 

本をね、読んで別世界に行くのは楽しいけれど

運動不足が甚だしくなる。

 

ドライアイの人、涙が涸れた人にとても素晴らしい本をご紹介。

『忘れ雪』(著者・新堂冬樹氏)

これ泣ける。思い出しても涙が出る。

 

お友達に言わせるとその本は韓流と同義ではないか?

私は韓流はまったく見ないので分からない。

 

ただ、作者の描いた美しくも悲しい純愛はこの世に存在しない。

それだけはよく分かった。

今は犯罪だらけの世の中だ。

幼く可憐な女の子が一人公園で遊ぶことさえ出来ない時代。

 

全てにおいてこのドラマは成り立たない。

 

それでも泣ける。

お陰様でドライアイと花粉症が涙で洗い流された。笑

 

この方の本に嵌ったら私の顔は更に浮腫んでしまいそう。

祖母ちゃんが孫の純愛に泣くようなものだ。笑

 

惚け防止に書く病気備忘録を掻き始めて早7年4ヵ月。

どこまで続けられるかな!?

かなり限界に近付いたきがする(--)。

 

  

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

普通に歩けない

2017-04-29 21:38:37 | 美容院

今日は美容院に行きました。

 

たかだか2、30歩の距離なのに息が上がって苦しい。

声が出せない。

 

背中が曲がって、真っ直ぐ立てず

歩くと右に左にゆらゆら揺れる。

 

何でしょうね、難儀です。

 

で、ほとんど布団の中で泣きながら本を読んでいました。

泣いたのは自分の身を憂えたのではなく、

本の中の主人公に泣き続けていたのです。

 

作り話と判っていてももらい泣き。

 

夕飯の1品だけ作りました。

作るのも胸が締め付けられて苦しい。

食べるのも胸が締め付けられて苦しい。

みぞおちが痛い。

ニトロ、しっかりしろ!


そんな一日でした。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

動物たちのように

2017-04-28 22:15:52 | 2017年日記

今朝の目覚めは普通に悪かった。

時間の経過とともに…これなら大丈夫!そうだ。

 

夫が内科医に薬をお願いに行き、その後雑用で回った。

私は1階にモップと雑巾と掃除機で徹底的に掃除。

余力があったのでがんばって2階も掃除。

 

禁断の娘の部屋は抜き。

何が禁断て?

アハハ、私の体力が3年位前から禁断に。

 

空は快晴、布団を干そう。

お、重い。

左足の指の周辺から攣り始めた。

治らぬまま右足にも攣りが来た。

1時間半くらい延々そのままの状態で掃除を続ける。


つまり足が攣ったまま作業を続ける。

一々構って唸っていられない。

痛みに強くなった。

 

終わってしばらくすると右足ふくらはぎ周辺が

どうにもならないくらいだるい。

このだるさは身悶えする。

足をどういう位置に持っていこうとも

じっとしてられないだるさ。

 

そうだ! おきゅ膏Zだ!

3か所に貼った。

次第に治まっていった。

この「おきゅ膏Z」の威力は凄い!

 

後は定番の伸びたくん。

布団の中で本を読みながら…うと。

階下に下りて魚を焼こうと思ったら

夫が焼いてくれていた。

 

野菜は昨日の残りとコープのねばねば野菜(味付け)で

美味しく夕飯をいただいた。

お風呂の掃除もバスマジックリンでやってくれていた。

 

もう動けないもんね。

 

で、お風呂に入ってシャワーでかけ湯をしていたら

やたら足がピリピリ痛い!

見るとおきゅ膏Zが貼ってある箇所。

化学反応を起こしているみたい。

剥がすと被れてはいないので助かった。

 

私の足、ひどいことになっている。

浮腫んで白いぽんぽんの足に赤い糸ミミズのような

毛細血管が無数に泳いでいる。

これは多分ニトロダームで血管を無理に広げるための

副作用だろうと思う。

 

で、ニトロダームを所定の腕や胸に貼ると

かぶれてしまうので大腿部以下に貼る。

一日2枚、このニトロダームの接着力は強力で

衣類の繊維が付着してグレイの楕円がいくつも

肌に残る。

 

軽石で削るしか方法が無い。

爪で落とすとまたかぶれる。


私の足、おきゅ膏の赤茶の小さい四角の縁取りと

ニトロダームの変形楕円の痕が無数。

被れもあって悲惨。

 

息はできないし、頼むよ~~~~~もう!

 

泣きたいけど泣いてはいけない。

昨日の可愛いウグイスをご覧、

親離れしてからはたった独りで生き、

医者の力など無く、たった独りで死んでゆくのだ。

生き物は皆 本当に強い。

 

そこへいくと人間はメンタル部分が弱すぎるね。

ことばを持たないあの動物たちは独りで恐怖にも

病にも堪えているではないか。。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鶯の谷渡り

2017-04-27 23:00:08 | 2017年日記

暗いことばかりも…ね( ^ω^ )ニコニコ

愛らしい鶯の鳴き音に癒されてください。

 

 

 (↑ YouTube さんからお借りしました)

 

季節の移ろいに癒されますね。

私は何日か前に初音を聞きに行きましたよ。

苦しかったですけどね。^^

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニトロを外してみた

2017-04-27 16:28:42 | 2017年日記

昨日、一昨日は比較的体調が良好だった。

軽作業以外なにもしていないからかもしれない。

 

それでも昨日は一昨日見たTVのレシピで

夕飯を作ってみた。

 

女子アナさんがすごく幸せな顔で「美味しい!」

何という凄い演技力だったということが分かった。

不味くもなく、超美味でもなく……

 

要するに私は騙された。

けど簡単料理だったので助かった。

 

でここ2日、勝手に外してみたニトロダームTTS25mg。

薬の服用の仕方に書いてあるような異変は何もなく、

平穏に過ぎた。

 

しかし、あまり間を開けるとあの恐ろしい頭痛が襲ってくる。

数日強度の頭痛に見舞われる。

やはり今日は1枚だけ貼った。

頭痛は微弱。

 

しかしながら、体がいうことを聞かない。

息が苦しく声を出せない。

寝てるのに苦しい。

 

 

 

布団の中で過去を振りほどいてみた。

49歳から1分間に5回以上の不整脈。

この頃から狭心症が起きていたようだ。

なだらかな坂道が既に苦しくて何度も立ち止まっていた。

 

当時の平均睡眠時間は徹夜から始まって2時間、3時間

長くて5時間程度だった。

ワープロ清書代行の自営が応えましたね。

その後点訳ボラでも無理をして睡眠か不足。

 

新潟の2年足らずは恐怖と鬱の闘いだった。

誰一人知らない人々の中で病気しても

どの病院が良いのかも分からず

病状を悪化させるばかりだった。

 

恐らくこのストレスが動脈瘤を生んだのだろうと思う。

 

シラユキゲシ

 

オグルマソウ

 

アゲハと葉牡丹

 

あの苦しい時期に心の支えとなってくださった

関東の風遊歌さん、新潟の朋子さん

本当にありがとうございました。

 

で、今日の気圧配置は過酷でした。

気が遠くなりそうに苦しかったです。

 

 

 

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加