房総半島で釣り。ゴムボーダーSaiの連れない日誌!

中年になってから釣り好きを思い出し、カヤックから始めてエンジン付きゴムボートに魅せられてどっぷりと嵌ってます。

薫風

2017-05-16 16:01:31 | 日記
吹く風に匂いを感じ取ることが出来るのは、この時期限定の自然からの贈り物!

薫風に誘われてふらふらと竿を出してみたい所ですが、自戒しております。

5/5、実父が一世紀近くの生を全うして逝去しました、49日間は殺生と游戯を控えようという事で酒も賭け事も

断っています。この際だから修行僧の様な生活を送ろうかとも考えましたが、当然無理!

しかし40年近くのみ続けて来たアルコールを1週間断っただけでお腹の調子はかなり良いですね(嬉)

此れも49日明けには反動で浴びるように飲んじゃうんだろうな?なんて予想してます。

釣りに関してはどんな反動が出るのか想像も尽きませんが、今までもそしてこれからも変わらず行きまくる

のではないかと思います。

想えば魚釣りとは魚を殺生する事!魚にしてみればいい迷惑なわけで、釣り人はあらゆる手段、テクニックを駆使して

何とか釣り上げようとするし魚は釣られない様に餌もしくは疑似餌を獲得しようとする。

その攻防が至極楽しく辞められない、このくり返しが四季の変化と相乗効果を上げて毎回違う事をしている様な

錯覚に陥る、釣れる魚も変化してその営みに彩を添える。

親父も晩年へら鮒釣りに没頭し、盆も正月も川面に戯れていました、DNA恐るべしです。

6/22日以降で釣行記アップしていきますので今後もこうご期待!




         今日の一句   逝くまでは 釣って釣って 釣りまくる  海の恵みに感謝!


ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何処までも、何処までも! | トップ |   
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (midoriisi)
2017-05-16 22:58:40
ご愁傷様です。
お力を落とさずにしてくださいね。

自分は既に両親を亡くしていますが、49日の法要の翌日に釣りに行っていい釣りをした経験があります。
復活を待っております。
Unknown (佐藤)
2017-05-17 06:38:52
御愁傷様です。お父様の御冥福をお祈り致します。

私の祖父も生きていると96歳ほどでしたので、お父様と同じ時代を生きたかと思われます。 私の祖父は太平洋戦争ではパプアニューギニアで戦いました。 

「ジャワの極楽 ビルマの地獄 死んでも帰れぬニューギニア」

という言葉もありますが、想像を絶する世界だったそうです。祖父が繋いでくれた命があって、呑気に釣りができる時代に生まれた幸せに感謝して、明日から群馬に渓流釣りに行ってきます。
Unknown (sai)
2017-05-17 08:46:31
midoriisiさんコメントありがとうございます。丁寧なお悔やみ恐れ入ります。
おっしゃる様に自分も忌明けの翌日に出撃しよかと決めてます。(笑)

Unknown (sai)
2017-05-17 08:51:17
佐藤さんコメントありがとうございます。
凄い言葉知ってますね!100年近く生きるといろいろな事が変わるから当の本人は楽しかったんではないかと想像します。
渓流もやるんだ!熊さんに気を付けてね。
ご愁傷様です (ぐっちゃん)
2017-05-17 17:11:18
saiさん、ご愁傷様です。
このような理由で釣り断ちでしたか。
足の指先を折っても釣りに行くおいらとは人間の出来が違いますね。
このGW、おいらは親父の17回忌で帰省していました。かなり若くして亡くなりましたから、もう17回忌かぁという感じですが、当時5歳だった長女は就職活動中、0歳だった次女は高校2年生ですから、それだけ自分も年をとっているんですよね。
90過ぎて鮒釣りはすごいと思います。我々も健康に注意して、できるだけ長く釣りをしたいですね。
Unknown (sai)
2017-05-17 18:18:27
ぐっちゃんコメントありがとうございます。
人間の出来は私の方が悪いと思いますよ!それにしてもやりたい事をして勝手に行っちゃったって感じです。
本人にしてみたら最高の人生ですよね?良いお手本です・・・
という事で安堵感の方が先に立っています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。