房総半島で釣り。Saiの連れない日誌!

中年になってから釣り好きを思い出し、カヤックから始めてエンジン付きボートに魅せられてどっぷりと嵌ってます。

外房単独 釣れん !

2016-12-10 01:27:59 | 釣行記
12/8単独で外房から出撃して来ました。

今回は少し怖い思いをしました、生きてて良かったーって感じです。

  自宅4時出発、気温は3℃とかなり冷え込んで来ましたが、ここの所の2連荘坊主が

海に足を向かわせます。なんで・・?どうして・・?このどうしようもない気持ちが寒さを吹き飛ばしてくれました。

風は朝のうち7m北より後5mやや東に変化というもの、現地到着6時、早速準備に取り掛かります。

アキレスボートでの外房はお初!やや手間取って7時30分岸払い、今回もトーハツ9.8㏋との組み合わせ。

  海はこんな感じ、風も殆んど無くエサ釣りにはナイスなコンディション、今日は

テンヤで真鯛、ビシ釣りでイサキ、あわよくば青物! とにかく釣れればなんでも良いんですという心境。

ポイント到着、テンヤ仕掛けを投入すると  ファインディング二モみたいな魚、

いらって言うのかな?愛嬌のある顔なんですがお帰り頂きました。

その後ビシ釣りでイサキでもと思い仕掛け投入しますが、どうもニモ君に好かれたようで一荷でお出まし!

可愛いアカハタをテンヤで釣り上げたタイミングで、何だか周りがざわついて来ました。

結構な北風が吹き出し、こりゃ厳しいなーとエンジンをかけようと何気にボートをよく見ると!

えっ?チューブがしぼんでる一瞬現状が把握できず目が点に!

すぐに現実に戻って漏れ箇所を探しますが、これといった場所は見当たらず取り敢えずバルブの

増し締め実施と同時にエンジン始動、出航場所目指して舵をきります。

3気室あるうちの後ろから見て右側のチューブがほぼほぼエアー漏れしています、何でだろう?

走りながら考えますが、原因が判りません、漏れ検査は石鹸水で入念にやったし、ありえない・・・

やっぱりバルブしかないな、なんて考えてると途中でエンジン停止、マジかー・・・・・・此処で?

どうもトランサムがエアー漏れの為かなり沈み込んでエンジン内部に海水が入り込んだようです。

今考えると、気室がひとつ抜けても沈む事はないんで、もっとゆっくりでも問題はなかったんですが

人間焦っていると正常な判断と行動が出来ないものです・・・・

やっと出航場所に着いた時は「生きてて良かったー」素直に思いました。

早速陸揚げして調べましたがどうも漏れ箇所が判りません?駐車場管理のおじさんに中性洗剤を

戴き各部調べましたが、やはり走行中に荷物がバルブに当たり緩んでエアー漏れというのが原因

の様です、最終的にチューブはこんな感じ 

エアーを入れて暫く様子を見る事にして、持参した簡易ボンベとコンロでお湯を沸かし

カップラーメンを食べて気持ちを落ち着かせます。よくよく考えると素材そのものが破損や裂傷

しない限り、大気圧より圧力が下がる事は無いんで沈む事は無いんですよね、気質も3つ有るし・・・

2時間近く様子を見ましたが、エアー漏れが無いんでやはりバルブの締め付けが弱く、走行中に荷物が

当たりエアー漏れという結論に至りました、アキレスボートのバルブは結構出っ張っているんです(泣)

この辺は次回の課題として、2ラウンド目突入!怖いんで岸よりの湾内でベイト釣ってからの泳がせ開始(嬉)

1本は釣れたイワシの泳がせの置き竿、1本はサビキ仕掛けをそのまま手持ちでアタリを待ちます。

  餌のイワシはこんな感じでかじられているんですが、どうも深追いしない感じ?

何か違和感を感じているんだろうな・・そんな事を思っているとサビキの方に重いアタリが!

やったー ヒラメだーと思っていたらイナダでした、しかしベイトが食べられる前のあのぶるぶる感は

興奮マックスです、こりゃー嵌るわ!気が付くと時刻は3時30分、急いで沖上りし片づけを速攻でやっつけて

月に見送られながら海を後にしました。 

今回の反省点として、次回は出航前にバルブの空気漏れを石鹸水で実施。

帰ってきたら  リールの破損発見(泣)少しスピード出しすぎたかな?

釣れた魚は美味しく戴きました。  


         今日の一句   年の瀬に 魚追いかけ 肝冷やす 海の恵みに感謝 !
ジャンル:
ウェブログ
コメント (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二連荘 完全坊主と遊漁船 | トップ | 釣行前夜 »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (バンサレー)
2016-12-10 19:41:40
お疲れ様です。
凄いですね
釣りたい気持ちが体力を上回ってますね

あのボートなら外房でも安心できると思っていたのですがアキレスのバルブの形状だけは
なんとかしてもらいたいものですね
無事に戻って来られて何よりです。
Unknown (たーさん)
2016-12-10 21:11:28
タイトルでは『釣れん』となっていますが
釣れてるではないですか。
最初の写真はイラじゃなくてテンスじゃないかなー

ゴムボートの空気抜けはゴムボートの宿命ですね。
私達はペコペコになるまで粘って釣りをします。
抜けてる場所にもよりますが大概余裕で
帰れますよ。
慌てたり、パニックになる方が危険です。
景色でも眺めながらゆっくり帰るのがベターでしょうねー
Unknown (sai)
2016-12-11 10:29:10
バンサレーさんのコメント有難うございます。
いやー体はボロバロですよー、しかし気持ちが納得してないんでついつい行ってしまうんです(笑)
年内あと2、3回は行きたいんですが風が厳しいですね。ボートは帰ってきて良く調べましたが、やはりバルブからの漏れだったようです。
Unknown (sai)
2016-12-11 10:36:54
たーさんコメント有難うございます。
何故か自分の思った釣り方で釣れないので 釣れんとしました。
沖合いで空気が抜けるとかなりビビりましたよ!
アキレスはバルブが飛び出ているんで、荷物が激しくぶつかり緩んだようです(泣)
その後エンジンが止まった時は、生きた心地がしませんでしたよー
まあしかし少し落ち着いていれば、そんなにビビる事も無かったかなと今思います。
お互い気を付けて楽しみましょう。
Unknown (ヨシ)
2016-12-12 11:08:51
ゴムボートの宿命とも言える空気抜け。
大きいエンジンだと沖に出れるし、そんな余裕もあるんでしょうから、余計にヤバイと思うのでしょうね。
俺は小さい2PSですから、湾から意地でも出ません。というか5月以来、海にも出れない状況です(ToT)
出る前にジョイクラ、膨らませて空気漏れ確認しないとやばいかもしれませんね。
どちらかで会ったときには宜しくお願いします。
Unknown (黒犬丸(pota))
2016-12-12 11:18:29
お電話で話を聞きましたがここまでのことになっているとは思いませんでした。こちらも偶然有休もらってましたがボートメンテと決めてましたのでご一緒できませんでした。平日行くときは前日までにご連絡ください。
昨日一昨日は風が強く出航できませんでした。今年最後の出航はご一緒させてください。
Unknown (sai)
2016-12-12 14:40:19
ヨシさんコメント有難うございます。
湾の外に竜宮城が有ると判ったら行ってみたくなるでしょう?
是非免許を取ってパラダイスを見に来てください(笑)
空気漏れの事は気にしない方が良さそうですよ。
Unknown (sai)
2016-12-12 14:45:03
黒犬丸さんコメント有難うございます。
かなり焦りましたが、良い経験しました。(泣)
今週は金曜日が海況が良さそうなんんで出撃します、カワハギリベンジで内房からになります、年内はあと2回位出たいと計画中ですのでお声かけしますね。
大変でしたね (ぐっちゃん)
2016-12-13 00:19:21
沖でゴムボートが空気漏れって、なかなかデンジャラスな経験をされましたね。バルブ形状は数少ないアキレスの欠点かもしれませんね。
なるほど、泳がせに目覚めましたか。外房泳がせは釣れる魚のサイズがハンパないですから、夢がありますよね。欲を出し過ぎるとメーター級のトチザメが連発しますから注意してください(笑)
Unknown (sai)
2016-12-13 09:39:14
ぐっちゃんコメント有難うございます。
なかなか貴重な体験でした(驚)
単独釣行の時のエンジンのトリム角の件で今度お会いしたら、聞きたい事が有るんで教えてください。一人乗りの時にどうも前が上がり、後ろからのうねりでエンジンが浸水しそうになります。

コメントを投稿

釣行記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。