思いつくまま

みどりごを殺す「正義」はありや?
パレスチナ占領に反対します--住民を犠牲にして強盗の安全を守る道理がどこにあろう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

中国国家自然科学基金委員会の研究重点領域に国民の感情「治療」計画--人体実験の危険が迫っている

2012-08-29 09:45:10 | Weblog
 小説『盛世』では中国政府が弾圧の記憶を消し、幸福感を与える薬をダムに投入して薬物の効果で治安の安定を図っていることになっていたが、本当に中国は治安安定のために医療の悪用に乗り出した。

 中国の2011年から2015年(第12次五カ年計画期間)研究開発計画に、不満分子や不満グループの脳神経系に共通の異常を見つけ出しその治療技術を開発するという計画がある。

 この計画の実施は、すでに第二監獄として使われている中国の精神病院で収容されている陳情者や少数民族を対象に人体実験として不要かつ非人道的な「検査」や「治療」が大量に行われることを意味する。医療倫理の問題としても考えてほしい。
 下線は直接感情治療にかかわるところ。

日本語訳
 20、社会的認知と行為の心理および神経機構。社会活動の成功と社会の円満化は社会成員の他人と自己に対する正しい認識によって決まり、それにより複雑な社会環境の下で適切な決定ができ、社会成員間の調整と協力を促す。人間がどのように複雑な社会状況の下で他人と自己に関する社会情報を処理しているか、認知機構とモデルおよび関連神経機構の探索にかかわる。つまり脳組織レベルで社会的認知・社会行動決定の神経的基礎およびそれと社会行動の関係を解明し、かつ心理と精神機構の発展と異常社会行動にかかわる心理と神経の基礎を明らかにする。社会情緒能力を育成・調節する脳ネットワーク機構を究明し、それを基礎に生理指標と脳撮像から正確に社会情緒能力を測る手法を研究し、同時に個人と集団の社会情緒能力を改善・調節する方法と技術を研究する。

 核心科学問題:自我意識のメカニズム、協力と競争行動の心理と神経機構、社会環境の認知の調節と神経発育との相互作用、人間の社会行動決定のメカニズム、児童の社会認知発展とその認知機能発展の関係、特殊社会集団の決定行動の特徴とその神経・心理メカニズム、社会情緒能力調節の脳ネットワーク機構、社会情緒能力の評価測定と介入

原文
20. 社会认知和行为的心理和神经机制。社会活动的成功和社会和谐取决于其成员对他人和自我的正确认识,并据此在复杂社会环境下做出适当的决策,以促成社会成员之间的协调与合作。人类如何在复杂的社会情境中加工与他人和自我相关的社会信息,涉及认知机制和模型以及相关神经机制的探索,即在脑组织水平阐明社会认知、社会决策的神经基础及其与社会行为的关系,并揭示相关心理和神经机制的发展以及异常社会行为的心理和神经基础。探索培育和调控社会情绪能力的脑网络机制,并在此基础上研究如何正确评测社会情绪能力的生理指标和脑成像,同时研究如何改善和调控个体和群体社会情绪能力的方法和技术。

  核心科学问题:自我意识的机制;合作与竞争行为的心理和神经机制;社会环境对认知的调节与神经发育的相互作用;人类社会行为决策的机制;儿童社会认知发展与其他认知功能发展的关系;特殊人群的决策行为特点及其神经、心理机制;调控社会情绪能力的脑网络机制;社会情绪能力的评测与干预

原文サイト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナスレディン・エペンディ六題

2012-08-11 22:29:16 | ウイグル語
1、Orunsiz ensiresh

 根拠のない心配

Bir küni Nesirdin ependi padishah ordisining derwazisidin ötüp kétiwatqanda bir top kishilerning u yerde ish qiliwatqanliqini körüptu. Ependim bu ishqa qiziqip orda sépiligha yéqin keptu we orda témining téximu égiz qilip qopurliwatqanlighini bayqaptu de hemishe öz pikrini ayimastin déyishke adetlen'gen ependim wezirlerdin soraptu “ Bu sépillar burunmu xéli égiz idighu, yenimu égizlitip qopurushning néme hajiti?” dep soraptu.

ある日、ナスレディン・エペンディは王宮の大門を通っていたとき、一群の人々がそこで仕事をしているのを見たそうだ。エペンディはこの仕事に興味を持って城壁に近寄って城壁がもっと高く積み上げられているのを見るやいなや、いつも自分の意見を惜しまずに言うことが癖になっているエペンディは、大臣たちに聞いたそうだ。「この壁は以前からとても高かったのに、これ以上高く積み上げることになんの必要があるんですか?」と聞いたそうだ。

“Sizning eqilingiz anche yiraqni körelmeydiken, ependim! Orda sépilini yenimu égiz qilip qopurushtiki meqset oghrilardin qoghdinish bolmisa oghrilar sépil témidin ömlep ötup Padishahliqning bayliqlirini oghrilaydu!” deptu wezirler jawaben.

「あんたの知恵はあまり遠くを見られないようだね、エペンディ! 城壁をもっと高く積み上げる目的は泥棒たちから自衛しないと泥棒たちが城壁を越えて王様の宝物を盗むからだよ!」と大臣たちは答えたそうだ。

“Oh, méningche oghrilar orda sirtidin kélip bu égiz sépildin ömlep ötelmeydu. Eger oghri allimu burun orda séplining ichide bolghan bolsa buni qandaq qoghdaysiz?” deptu wezirlerge we ularning meslihetchisige sinchilap qaraptu.

「ほう、わたしの見立てでは泥棒たちが宮殿の外から来てこの高い壁を越えることはできませんよ。もし泥棒たちがとっくに城壁の中にいたら、それをどうやって守るんですかね?」と言って大臣たちと彼らの顧問たちをじろじろ見たそうだ。



2、Piyale we here

 茶碗とのこぎり

Bir küni Nesirdin ependi bir bichare bayning öyide méhman boptu. Bu bay özining piyalisige liqqide qilip öchkining sütini tolduruptu andin Nesirdin ependining piyalisige sütni yérimdin az quyuptu. Bay ependige “Qéni, iching! Men sizge bu yérim piyale süttin bashqa héch nerse bérelmeymen” deptu. “Aliyliri” dep edep bilen söz bashlaptu ependim “Siz manga aldi bilen heringizni béremsiz” deptu.

ある日ナスレディン・エペンディは一人の哀れな金持ちの家に招かれたそうな。この金持ちは自分の茶碗にはいっぱいに山羊のミルクを入れて、それからナスレディン・エペンディの茶碗にはミルクを半分より少なく注いだそうな。金持ちはエペンディに「どうぞ、お飲みなさい! 私はあなたにこの半碗のミルクのほかに何も差し上げられません」と言ったそうな。「閣下」と礼儀正しく話し始めてエペンディは「あなたは私にまずのこぎりを貸してください」と言ったそうな。

Ependimning bu gépidin heyran qalghan bay “Here? Siz néme qilmaqchi uning bilen?” dep soraptu.

エペンディのこの言葉に驚いた金持ちは「のこぎり? 君は何をするつもりだそれで?」と聞いたそうな。

Nesirdin ependim qolidiki piyalini baygha sunup “Qarang…bu piyalining yérimining lazimi yoq, shundaq emesmu ye? Shunga piyalining u quruq qalghan yérimini késip éliwetsem, israpchiliq bolmasmikin deymen” deptu.

ナスレディン・エペンディは手に持った茶碗を金持ちに差し出して「見なさい…この茶碗の半分は必要ない、そうじゃないですか? だから茶碗のその空いた半分を切り取ってしまったら、無駄にしなくてすむと思いますよ」と言ったそうな。



3、Hésablash téxi baldur

 計算は本当は速い 数えるのはまだ早い〔コメント感謝〕

Bir zamanlarda Nesirdin ependim beg bolup yashaptu. Ependimning dostliri tézdin köpiyiptu we etrapidiki hemme kishiler uning dosti bolushni arzu qilidighan boptu. Bir küni birsi ependimdin soraptu “Nesirdin ependim, sizning dostliringiz néme dégen köp! Siz ularni qandaqmu sanap bolalaysiz?” dep soraptu.

ある時、ナスレディン・エペンディはベグ〔地方役人〕として生活していたそうだ。エペンディの友人たちは急に増えて周りの全ての人が彼の友達になることを願っていたそうだ。ある日ある人がエペンディに聞いたそうだ「ナスレディン・エペンディさん、あなたの友人はなんて多いんだ! あなたは彼らをどうやって数えることができるんですか?」と聞いたそうだ。

Nesirdin ependim béshini lingshitip turup “Ularni hésablash demsiz? Ularni hésablash téxi baldur. Bu hazir mumkin bolmaydighan ish emma künlerning biride mende bir tiyinning puchuqi qalmighanda andin hésab-kitab qilishning waqti kélidu”.

ナスレディン・エペンディは首を振りながら「彼らを数えると言うんですか? 彼らを数えるのは本当は速まだ早〔コメント感謝〕いんです。それは今はたぶんできないことだけれど、いつの日か私に欠けた一銭硬貨さえ残らなくなった後に精算の時が来ます」。



4、Qoy we böre

 ヒツジとオオカミ

Bir küni chong beg bir qoyni börining aghzidin qutuldurup qaptu. Shuning bilen bu qoy qutquzghuchisining arqisidin egiship öyige bérishqa mejbur boptu. Biraq ular öyge yétip kelgen haman beg qoyni öltürüshni qarar qiptu biraq bu puti-qoli mehkem baghlanghan bichare haywan pütün küchi bilen mereshke bashlaptu. Bu chaghlarda begning yan qoshnisi bolup yashwatqan Nesirdin ependi qoyning warqirighan awazigha chidap turalmay, zadi néme ish boluwatqanliqini bilip béqish üchün qoshnisining öyige kiriptu.

ある日、大ベグが一匹のヒツジをオオカミの口から救ったそうだ。そのためこのヒツジは命の恩人の後ろからついて行って彼の家に行かざるを得なかったそうだ。だが彼らが家に着くやいなやベグはヒツジを殺すことを決めたそうだ。だがこの四肢をきつく縛られた哀れな動物は全力でメーメー鳴き始めたそうだ。その頃にベグの隣に住んでいたナスレディン・エペンディはヒツジの叫び声に我慢できなくて、一体何事が起ったのかを知るために隣の家に行ったそうだ。

“Qarange bu qoyni. Men uni börining aghzidin qutulduruwalghan tursam.” deptu bu beg ependimni körüp.

「見てくださいこのヒツジを。 私がこれをオオカミの口から救ったんですよ」と言ってこのベグはエペンディを見た。

“Undaqta bu némishqa sizni qarghaydu?” deptu ependim jawaben.

「じゃあ、なんでこのヒツジはあなたをののしるんですか?」とエペンディは応じた。

“Méni qarghawatidu demsiz?”

「私をののしっているとあなたは言うんですか?」

“He'e! bu qoy sizni sen hemmeng oxshash bir böre dewatidu” deptu ependi.

「はい! このヒツジはあなたのことを『おまえの全てがオオカミと同じだ』と言っていますよ」とエペンディは言ったそうだ。



5、Pul we adalet

 お金と正義

Bir kuni padishah ependimdin “Nesirdin, egerde sizge ‘pul’ bilen ‘adalet’ tin birini tallash toghra kelse qaysisini tallaysiz?” dep soraptu. “Pul” dep jawap beriptu ependim.

ある日王様がエペンディに「ナスレディン、もし君に『お金』と『正義』の中の一つを選ばなければいけなくなったら、どちらを選ぶかね?」と聞いたそうだ。「お金です」とエペンディは答えたそうだ。

“Néme? Men adaletni tallaymen chünki pulni tapmaq anche tes emes biraq adaletni tapmaq bu dunyada bekmu tes” deptu padishah.

「なに? わしなら正義を選ぶ。なぜならお金を稼ぐのはあまり難しくないが正義を見つけるのはこの世の中ではすごく難しいからだ」と王様は言ったそうだ。

“Ademler hemishe özliride yoq bolghan nersige érishishni arzu qilidu. Elwette siz özingizde ezeldin bolup baqmighan nersige érishishni arzu qilisiz” dep jawab bériptu ependim.

「人はいつも自分にない物を手に入れることを望みます。もちろんあなたはご自身にこれまで欠けていた物を手に入れることを望んでいます」とエペンディは答えたそうだ。



6、Eng yéqimliq awaz

 とても良い音

Bir küni Nesirdin ependimni dosti tamaqqa teklip qiptu. Bu dosti muzika xumari iken. Shunga ependimning dosti özi chalalaydighan hemme muzika eswablirini tonushturup, her bir eswabtin birdin muzika orundap bermekchi boptu de muzikisini chélishqa bashlaptu.

ある日ナスレディン・エペンディを彼の友達が食事に招待したそうだ。この友達は音楽好きだった。だからエペンディの友達は自分で演奏できるすべての楽器を紹介して、それぞれの楽器を一つずつ演奏してあげようと言うや否や、楽器を演奏し始めたそうだ。

Del chüsh bolghanda ependimning qorsiqi bekmu échip ketiptu biraq dosti muzika chélishni dawamlashturuwériptu. Bir chaghda u tuyuqsiz ependimdin soraptu “Nesirdin, sizche dutarning awazi yéqimliq anglinamdiken yaki qalunning?”

ちょうど昼になったときにエペンディはとても腹が減ってしまったそうだ。しかし友達は音楽の演奏を続けていたそうだ。その時彼は不意にエペンディに聞いた「ナスレディン、君にはドゥタールの音が心地よく聞こえるかね、それともカルンの方?」。

“Qedirlik dostum, sizge rastini désem manga hazir bir tawaq shorpini qolingizgha élip qoshuq bilen élishtursingiz chiqidighan shu yéqimliq awazdin bashqa quliqimgha yaqidighan héchqandaq awaz yoq” dep jawab bériptu ependim.

「親愛なる友よ、君に本当のことを言えば私には今は君が大皿のスープを手に取ってスプーンと一緒に〔コメント感謝〕渡してくれたら、その心地よい音のほかに私の耳を満足させる音はなにもないよ」とエペンディは言った。


出典
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

Kona ayagh (6)完

2012-08-04 18:37:28 | ウイグル語
B : toghra! öyde ish qilidighan bir adem kem idi, ukam. yürsile! (qolidin tartip méngip bolup) way mangewey!
méning u öyüm bir éghizliq tursa, u yerde xotunmu tursa, séni aparsam chataq chiqmamdu?!
(téléfon kélidu) alla … mawu yan téléfon némandaq qilidighandu? wey! … kimu? urayimjanma, he gep qile, néme?
he, men ayaghqa kelgen, (jiddiyliship) néme? xotunung öyni sétiwétip bir er kishi bilen guangjugha qéchip ketti?
hey, jénim baghrim, u öyni sétiwetse kechte men nede yatimen?
 確かに! 家事をする人間が足りなかった、兄弟。行こう!(手を引いて行き始める)おい、行こうぜ!
おれの家は一間なのに、そこには妻もいるのに、お前を連れて行って問題が起きないかな?!
(電話が鳴る)まったく…この携帯電話はなんでこうなんだ? もしもし!…だれ? ウライムジャンか、ああ言えよ、何だ?
はあ、おれは「靴」に来てる、(緊張して)なに? おれの妻が家を売って男と広州に駆け落ちした?
おい、お前、彼女が家を売ったらおれは夜どこで寝ればいいんだよ。

A : xatirjem bolung, mawu öyde yétip qalisiz.
 安心しろ、この家で寝ればいい。

B : kechte kéley, way mangewey, ishingni qile, adash. maqul, maqul, men hazir xotunni izdey. (yan téléfonni qoyup jiddiyliship) estaghpurulla …
 夜に来よう、おい行こうぜ、おまえの仕事をしろ、相棒。わかった、わかった、おれは今妻を探そう。(携帯電話を置いて緊張して)なんてこった…

A : qandaq? xotunning qérisi tatliqmiken?
 どうだ? 妻の老いたるは甘かったかね?

B : he'e! toxuning térisi tatliqken! sen almighan bolsang almayttim men u xotunni. (dutarni bérip) ale mawu chömüchingni! (chapanni) ale mawu ishtiningni! (ayaghni) ale mawu juwawangni! (jiddiyliship chiqip kétidu)
 ああ! 鶏の皮は甘かった! お前がもらっていなかったら、おれはあの女をもらわなかったんだ。(ドゥタールを返して)受け取れ、このひしゃくを!(上着を返して)受け取れ、このズボンを! (靴を投げて)受け取れ、このジュワワを!(緊張して行ってしまう)



youtube
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Kona ayagh (5)

2012-08-03 23:48:37 | ウイグル語
B : ukam, sili ushshuqmu-ye? meyerge kelsile! chapan méning deydighangha pakit barmu, ukam? birer yerde isimliri yaki atliri barmu? he, gep qilsila!
 兄弟、あんたはごろつきかね? ここにいらっしゃい! おれが上着と言ったのは本当だよな上着が自分のものだという証拠はあるのかね〔コメント感謝〕、兄弟? どこかに他の名前があるか? さあ、答えろよ!

A : boptu, boptu, sizge qilghan sowgham bolup qalsun, kiyip kétinge boldi. (ghodurap) ejeb toydurdi mawu adash.
わかった、わかった、君への贈り物にしよう、着て行けばいいよ。(ぶつぶつ文句を言う)まったくうんざりだ、こいつは。

B : (mangmaqchi bolup toxtap, dutarni körüp qoligha alidu)
ukam, ukam!
 (行こうとして止まって、ドゥタールを見て手に取る)
 兄弟、兄弟!

A : how! néme?
 はあ、なんだ?

B : mawu dutarmu-ye?
 これはドゥタールだよね?

A : yaq, bu dutar emes, héchnéme emes.
 ちがう、これはドゥタールでも何でもない。

B : néme? héchnéme emes bolsa silige lazim emes heqichan, he? emise men élip mangay.
 なに? 何でもなければあんたには必要ない何かだよね? じゃあおれが持って行こう。

A : yaq, mawu dutar manga lazim, qoyup qoyung, méning dutarim.
 いや、このドゥタールはおれに必要だ、置いてくれ、おれのドゥタールだ。

B : (toxtap) men gep qilmay élip mangghandikin sel özlirini bilsile juma, ukam. (warqirap) mawu dutar silige kimdin qalghan?!
 (止まって)おれがなにも言わずに持って行っても、あとでほえづらかくなよ、兄弟。(怒鳴って)このドゥタールをあんたは誰からもらったんだ?!

A : (warqirap) qéyin’atamdin qalghan!
 (怒鳴って)舅からもらったんだ!

B : qaysi qéyin’atiliridin … boytaq!
 どの舅から…独身だろ!

A : (peskoygha chüshüp) burunqi ayalimning dadisidin.
 (元に戻って)前の妻の父親だ。

B : burunqi ayalliri hazir kimning xotuni?
 前の妻は今だれの妻だ?

A : silining.
 あんたのだ。

B : qéyin’ata kimning.
 舅は誰のだ。

A : silining.
 あんたのだ。

B : démek, dutar kimning?! (A eket dégendek ishare qilidu) pakiti yoq ish qilmaymiz ukam biz. (méngip bolup toxtap) he, rast, bizning xotunning anche-munche gilemning- kigizning tégige tiqip qoyidighan ka-pa (karta démekchi), pul-mul dégendek némiliri bolidighan, barmu-ye?
 つまり、ドゥタールは誰のだ?!(Aは「持ってけ」というようなしぐさをする)間違ったことをしちゃいけないよ兄弟。(行き始めて止まって)あれ、確か、おれの妻がちょっとした絨毯だかフェルトだかの下に入れておいたカパ(カードのこと)、カネなんかが、あるだろ、え?

A : yoq! héchnémisi yoq, mawu öyde yingne chaghliq némisi yoq.
 ない! なんにもない、この家には針ほど小さいものもない。

B : kéyin chqip qalsa, ukam, sen-pen déyiship qalmayli juma?
 後で出てきても、兄弟、言い訳できなくなっちまう喧嘩しないようにしよう〔コメント感謝〕よな?

A : way, men rast dewatimen. bu öyde héchnémisi qalmidi, yoq.
 おい、おれは本当のことを言ってるんだ。この家にはなんにも残ってない。

B : obdan oylap baqsila, ukam, méning sel achchiqim yamanraq juma!
 よく考えてみろよ、兄弟、おれはちょっと怒りっぽいんだぞ!

A : untulup qaldi, bir muhim nerse untulup qaldi.
 忘れてた、大切なものを一つ忘れてた。

B : gep qilsila, désile.
 言ってみろ、さあ。

A : men qaldim, méni eketsingiz mawu öydiki hemme nersini eketken bolisiz.
 おれが残ってた、おれを持って行ってこの家の物を全部持って行きなよ。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

Kona ayagh (4)

2012-08-01 21:23:58 | ウイグル語
B : kéyin kélip turimen. waqtim yetse özüm kéley, ukam.
 これからときどき来るよ。時間ができたらくるよ、兄弟。

A : yene obdanraq oyliship béqing, birer nerse untulup qalmisun!
 もっとよく考えてみろよ、何か物を忘れてしまわないように!

B : birer nerse? (qaytip kélip oyliship) toghra, xotun etigende «héliqi yotqanning téshi untulup qaptu» dégendek qilghanti, ukam. réshliyesini özi toquptiken mundaq neyziwazliq qilghandek. qarap baqamsiz shuninggha?
 何か物を?(戻って来て考えて)確かに、妻が朝「あのキルト布団〔コメント感謝〕のカバーを忘れて来てしまったみたい」なんて言っていたよ、兄弟。刺繍を自分でしたんでそんなこと言ったようだ。君のとこで見たか?

A : yoq! men uni «közümmu körmisun» dep exlet sanduqigha tashliwetken!
 ない!おれはそれを「見たくもない」とゴミ箱に捨てたよ!

B : rastmu-ye? undaq bolsa yaxshi qipsiz, ukam, bolmisa men uni hazir eketsem kéyin xotunum uni manga yépip qoysa u chaghda men siz purap qalmamdim, ukam. maqul, men mangay, xudayimgha amanet.
 ほんとかよ! それはよくやってくれた、兄弟、さもなきゃおれがそれを今持って行って、あとで妻がそれをおれにうっかりかぶせたりしたら、そうなったらおれは君のにおいを嗅げないかも〔?〕、兄弟。じゃあ、おれは行くよ、さようなら。

A : tamaq yep, qonup, bolsa qishlap mangsingiz bolatti.
 食事をして、泊まって、できれば冬を越してから行かれたらいいですよ。

B : qishlap? (qaytip oyliship) qishta, xotun kishi dégen pelto-meltudek birnersini kiyidu ukam-he? ehwaldin qarighanda xotunning jilitke, pelto dégendek nersiliri qépqalghan oxshimaydu mawu öyde?
 冬を越して?(戻って考えて)冬には、妻はオーバーのようなものを着るんだよな、兄弟? どうやら妻がもってるのはチョッキで、オーバーのようなものは残ってないようだ、この家にないか?

A : yoq, mawu öyde héchnémisi qalmidu. u men yoq chaghda hemme nersini ekitip bolghan, chüshendingizmu?
 ない、この家には何一つ残ってない。彼女はおれがいないときにすべての物を持ち去ってしまったんだ、分かりましたか?

B : oghul balidek xotun juma sizge tétighandikin, maqul, ukam, men mangay. uzatmang boldi, men kéyin yene … estaghpurulla (qaytip kélip) ukam, waqitiliri yetse bizning mehellige, öy-pöylerge … eng yaxshisi, barmisila, ukam. maqul men mangay. (tuyuqsiz A ning chapanini körüp) woy, bu chapinim qaldimu-ye? ukam, mawu chapan chapanmu-ye?
 男みたいな妻は確かに君には手に余ったようだ、わかった、兄弟、おれは行くよ。送らなくていいよ、おれが後でまた…なんてこった(戻って来て)兄弟、時間があったらおれたちのマハッラに、家に…すごくいい、来ませんか、兄弟。わかったおれは行くよ。(ふとAの上着を見て)あれ、ここにおれの上着が残ってたのかな?兄弟、これは上着だろ?

A : yaq! bu chapan emes, ishtan!
 ちがう! 上着じゃない、ズボンだ!

B : közlirige ishtan kiyiwalmighanla ukam sili? chapan mawu. (kiyidu, chapanning yéngi qisqa kélidu) mana!
 おれの目にはズボンには見えませんね、兄弟あんたは? これは上着だ。(着る、上着は新しくての袖は短い〔コメント感謝〕)ほら!

A : chapan, chapan, méning chapinim, sélip qoyung.
 上着だ、上着、おれの上着だ、掛けておいてくれ。

B : keldimu-ye?
 似合ってるか?

A : yaq, kelmidi, kalta kélip qaldi. sélip qoyung.
 いや、似合ってない、短すぎる。掛けておいてくれ。

B : héch weqesi yoq, ukam. men buni toy-tökünde, héyit-bayramda kiyey démidim. öy ichide kiyiwétermen, rehmet.
 どうってことないさ、兄弟。おれはこれを結婚式や祭りで着ようなんてしないさ、家の中で着ておくからな、ありがとう。

A : (térikip) mawu méning chapinim, sélip qoyung dewatimen.
 (怒って)これはおれの上着だ、掛けておけと言っただろう。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加