思いつくまま

みどりごを殺す「正義」はありや?
パレスチナ占領に反対します--住民を犠牲にして強盗の安全を守る道理がどこにあろう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Kona ayagh (3)

2012-07-31 23:09:04 | ウイグル語
A : anglighan, «ayaghning konisi yaxshi, xotunning yéngisi yaxshi» dégen gepnimu anglighan.
 知ってるけど、「靴は古いのがいい、妻は新しいのがいい」と言うのも知ってますよ。

B : hebbelli! xotun sizge kona bolghan bilen, bizge chipchestey, yéngi!
 その通り!妻は君には古くても、おれにはピカピカの新妻だ!〔chipchesteyは「全くの」とか「(ほぼ)完全に」という意味らしい〕

A : jing er kishining xuweynisi ikensiz juma siz!
 本物の男が人のアンズを食べるかね君!

B : mundaq sésiq gep qilip, tola qorsiqimni «piju» qilmisila jumawey, ukam!
 そんな臭い話をして、おれはビールで腹が膨れるみたいに腹が立ってきたぞ、兄弟!

A : qarighanda siz kona ayaghqa amraq oxshaysiz-he?
 どうやら君は古靴がお好みのようだね?

B : he’e men ashu ayagh üchün keldim.
 ああ、おれはその靴のために来たんだ。

A : ayagh? qaysi ayagh?
 靴? どの靴だ?

B : burun siz héliqi bizning xotun bilen … he, yaq, méning xotunmu bilen burun toy qilghan chaghda, toy küni putigha ayagh kiydürüp yötkigen bolghiyttingiz, ukam? yalang ayagh yötkigenmu-ye?
 以前君がおれたちの妻と…えー、いや、おれの妻と以前結婚式をした時、結婚式の日に足に靴をはかせて連れて来たんだろうか、兄弟? それとも裸足で連れてきたのか?

A : he’e ayagh kiydürüp yötkigen.
 ああ、靴をはかせて連れてきた。

B : he, shu ayaghni siler ajrishidighan chaghda mawu öyde untup qaptiken. «men ayallar bayrimida kiyettim, sen bérip ekilip ber» dégenidi, shuninggha kelgenidim, ukam. bolmisa bu yerge kélip yürmeyttim. xotun dégenning hajitidin chiqmisaq bizni qandaq er kishi dégili bolidu, ukam!
 へー、その靴を君たちが別れるとき彼女はこの家に置き忘れたんだ。「婦人デーに履くから、あんた行って取って来てよ」って言われたから、そのために来たんだ、兄弟。さもなきゃここに来たりしないよ。妻に言われて行かなかったら、それでも男かと言われるかもしれないだろうおれたちをどうして男といえようか〔コメント感謝〕、兄弟!

A : oghul balidek ish qipsiz, nahayiti obdan qipsiz.
 君は男子の仕事を、立派にやっているねえ。

B : qopunge, achiqinge, ukam, birersi chaplap qoymighandikin sharttide kirip achiqmamsiz?
 立って、持って来いよ、兄弟。張り付いてないですぐに入って取って来てもらえないか?

A : (térikip) maqul, men qarap baqay, bar bolup qalsa men sizge achiqip bérey. (kirip kétidu)
 (腹を立てて)わかった、調べてみよう、あったら、持て来てやるよ。(入ってしまう)

B : néme gep qilmisam warqirawéridu mawu su tapanchisi.
 おれが何か話さなければわめき続ける水鉄砲だ。

A : mana mushu shudu?
 ほらこれかな?

B : shudu, shudu, néme ukam bu? paxtiliship qalghan juwawidekla ayaghkina bu? wiyey, buning chemi chemmu yaki tiraktorning keyni chaqimu?
 これか、これか、何だこれは? カビが生えてしまったジュワワみたいじゃないかこれは? おいおい、この靴底は靴底かトラクターの後輪か区別がつかないぞ?

A : men néme bilimen uni!
 おれが何を知ってるって言うんだ!

B : buni yolda kötürüp yürsem set turidu, mawuni sélip kötürüp mangidighangha öyingizde heqichan〔多分héchqandaq〕 xalta-palta dégendek nerse…
 これを持って道を歩いたらみっともないから、これを入れて持って行くのに君の家に何か袋のような物は…

A : (qadilip heywe qilip yéqin kélidu) he!
 (にらんで威嚇しながら近くにもどる)えー!

B : (qorqup) yoq. boldi, men qolumda kötürüp méngiwérey, maqul, ukam.
 (怖気づいて)ない。じゃあいいよ、おれが手に持って歩こう、わかった。

A : maqul, uzatmidim.
 わかった、送らないよ。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

Kona ayagh (2)

2012-07-30 23:11:32 | ウイグル語
B : hi, ukam, xijil bolup qalidighenmen.
 へー、兄弟、おれは照れくさいんだよ。

A : xijil bolmay dewéring.
 照れずに言えよ。

B : estaghpurulla, (béshini tatilap) men … men … (A ni imlap) men bizning xotunning éri.
 なんてこった、(頭を掻いて)おれは…おれは…(Aを指さして)おれはおれたちの妻の夫〔コメント感謝〕だ。

A : néme? bizning xotunning éri depmu gep bolamdu? yaki bir xotunni ikkimiz shérikliship almisaq?
 なんだって? おれたちの妻の夫だって? まさか一人の妻をおれたち二人が一緒にもらうんじゃないだろ?

B : men «bir xotunni shérikliship alduq» démidim. bu yerde peqet ilgiri – kéyinlik mesilisi bar. burun siz qedrige yetmey qoyuwetken xotunni mana men arzulap, öz ixtiyarimgha – nikahimgha aldim shexsiy!
 おれは「一人の妻を一緒にもらう」なんて言わなかったぞ。これにはそもそも前後関係ってもんがある。以前あんたがありがたみを知らずに手放してしまった女をおれが望んで、自由意思で結婚したんだ。おれのだ!

A : néme démekchimiz? néme ishingiz bar? némige keldingiz? gach – gach denge! qandaq adem mawu …
 何が言いたいんだ? 何の用があるんだ? 何があったんだ何のために来たんだ〔コメント感謝〕? もう一度言えよ! なんてやつだ…

B : way, némige warqirayla, ukam. bashliri namayish towlap qalmighandu silining?
 おい、何を怒鳴ってるんだ、兄弟。指導者たちはデモして叫ばないようにと心配してるじゃないか?

A : hey, jahanda ni – ni qizlar tursa ötüp – téship ashu xotungha yoluqtingizmu?
 おい、世の中に娘は大勢いるっていうのに、よりによってあの女に会ったのか?

B : he, bek dep kettilighu〔多分ketilighu〕, ukam! men ashu xotungha yoluqtum, gep barma? «toxuning térisi tatliq, xotunning qérisi tatliq» dégenni anglimighanmu?!
 ああ、すごいことになっちまっただろ、兄弟! おれがあの女に会った、文句あるか? 「鶏の皮は甘く、妻の姿は老いたるは〔コメント感謝〕甘い」と言うのを知らないのか?!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

Kona ayagh (1)

2012-07-30 01:05:55 | ウイグル語
kona ayagh
〔題名〕古靴

qatnashquchilar:
 配役
A : ottura yash, boytaq er.
 中年、独身男。
B : ottura yash, A ning burunqi xotunining hazirqi yoldishi.
 中年、Aの以前の妻の今の夫。

orun : A ning öyi.
場所:Aの家。

sehne tüzülüsh : ikki orunduq.
舞台構成:椅子二つ。

(perde échilghanda A dutarni kötürüp sehnige chiqip chapanni ésip qoyup köngli yérim halda dutar chélip naxsha éytidu)
(幕が開き、Aがドゥタールを持って舞台に登場して上着を掛けて悲しげにドゥタールを弾きながら歌う。)

A : men qiriqqa kirginim rast sapmusaq,
men yene boytaq, saqalgha kirdi aq.
aq köngül bixudluqumning destidin,
manga hemrah kir chapan, eski yataq.
  おれは四十路の全くの健康体、
  おれはまだ独身、あごひげに白髪が交じる。
  白髪はおれの不摂生の積み重ねため〔コメント感謝〕、
  おれの仲間は汚れた上着と古い部屋

B : essalamu eleykum!
  こんにちは!

A : (xushxuy ornidin turup) woy, we’eleykum essalam, kéling-kéling. (körüshkili qol béridu.)
 (愛想よく立ちあがる)やあ、こんにちは、いらっしゃい、いらっしゃい。(握手のために手を差し出す。)

B : (körüshmeyla olturup) kelsile! amin! allaxepker!
 (握手せずに座って)君いらっしゃい! アーメン! 神はいでーだ!

A : (daritmilap) allahu’ekber!
(B ning gep qilmay hijiyip olturghinigha qarap) siz …
 (長々と唱えて)神は偉大なり!
 (Bは答えず〔コメント感謝〕、〔Aは〕にこやかに〔Bが〕座っているところに向かって)あなたは……

B : he'e, men.
 そう、おれだ。

A : siz kim bolisiz?
 あなたはどなたですか?

B : men, men bolimen. ukam.
 おれか、おれはおれだよ。兄弟。

A : sizghu siz bolisiz, shu siz zadi kim bolisiz? ochuqini démemsiz?
 あなたはもちろんあなたですが、そのあなたは一体誰ですか?大っぴらに言えないんですか?

B : estaghpurulla, méning kimlikimni ejeb bir sürüshtürgiliri kélip ketti, ukam. mundaq qilayli, méni yéqin kélip bir purap baqsila, méning kimlikimni shu chaghda bilidila.
 なんてこった、おれが誰かをえらく詮索するじゃないか、兄弟。そんなに調べたいんだったら、おれの近くに来てちょっと嗅いでみろ。

A : way, qoyunge bundaq gepni.
 へえ、それはあなたの羊について言うことでしょ。 おい、あんたの羊にそういうことは言えやめろよ、そんな話は。〔コメント感謝〕

B : (tartip ekilip özini puritip) kélinge, méni bir purap béqinge! qandaq? tonush puraq kéliwatqandu?
 (引き寄せて自分を嗅がせる)来なよ、ちょっとおれを嗅いでみなよ! どうだ? 知ってる香りがしただろ?

A : nedikini? ter purap kétipsizghu?
 どこを? 汗のにおいがしてるじゃないか?

B : qaylisila, ukam! « chimenlerning ichide nazuk chimen bar » dégendek ashu betbuy, ter puraqning ichide bir xil xushbuy puraq bar! sili burun bu puraqni purap-purap bolalmighan! mana men hazir ashu puraqtin behre éliwatqan ademmen!
 納得したかい、兄弟! 「牧草地の中には美しい花園がある」というようにこの悪臭、汗のにおいの中にはある種のかぐわしい香りがあるのさ! あんたは以前にそのにおいを嗅ぐことができなかったようだね! ほらおれが今そのにおいを楽しませてやるよ、こいつめんでいる人間だ〔コメント感謝〕!

A : hey, bu puraq-puraqning gépini qoyup gepning poskallisini denge! kim bolisiz, némige keldingiz, ochuqini démemsiz?
 おい、においの話はわきに置いて話しの本題を言え!あんたがだれで、何のために来たのか、大っぴらに言えないんですか?
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

イトット(ウイグルのコント)二題

2012-07-29 09:32:24 | ウイグル語
ユーチューブ映像と文字情報

その1:Kona ayagh
テキスト  映像

その2:Heweskarning yéngi hewisi
テキスト  映像その1  映像その2

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヌルムハメット・ヤスン(オルキシ):野バト (10)完

2012-07-28 17:29:45 | ウイグル語
Tuyuqsiz tutush tonush〔コメント感謝〕 bir hid burnumgha uruldi. Wujudumgha birdinla küch yighildi, «ana» ... Men hayajan ichide béshimni kötürdüm. Anamning közliri bir xil jiddiyilik bilen chaqnap turatti. U méning yulun'ghan qanitim, sanggilap qalghan tumshuqum, purliship, eski kigizdek bolup ketken qanatlirimgha bir xil échinish ichide qaridi.

不意にあるよく知っている〔コメント感謝〕匂いがぼくの鼻をくすぐった。突然ぼくの全身に力がみなぎった。「母さん…」ぼくは興奮して顔を上げた。母さんの両目は緊張で輝いていた。彼女はぼくの抜けた羽根、垂れ下がってしまったくちばし、くしゃくしゃになって、ぼろフェルトのようになってしまった翼を悲しそうに見た。

- Ana, kechürüng. Ishenchingizni yerde qoydum. Men hergizmu sizning perzentingiz bolushqa layiq emeskenmen, - men gunahkarlarche béshimni egdim. Wujudum nomus küchidin örtinip ketti. Némishqimu anam kelgüche öliwalmighanliqimgha échindim.

「母さん、ごめんなさい。母さんの信頼を裏切ってしまった。ぼくは全然母さんの子供としてふさわしくないね」ぼくは罪人のように頭を垂れた。ぼくの体は恥の力で焼かれてしまった。どうして母さんが来る前に死んでしまわなかったのかと悔んだ。
- Yaq, sen özüng qilalaydighan ishning hemmisini qildik. Emdi uni axirigha chiqar.

「いいえ、お前は自分のできることのすべてをやったわ。今それを終わりにしましょう。」

- Biraq ana, men bir mehbusqa aylinip qaldim. Ajizliqta shu derijige yettimki ölüwalay depmu ölüwalalmighudek halgha chüshüp qaldim.

「だけど母さん、ぼくは捕えられてしまったんだ。これほど衰弱したのに死のうとしても死ねないような境遇に陥ってしまったんだ。」

- Bu mana men dep bilinip turuptu, men séni erkinlikke érshtürüsh üchün keldim.

それは私も知っていますそれははっきり分かっているわ〔コメント感謝〕。私はお前に自由を与えるために来たのよ。」

- Biraq, méning emdi erkinlikke choqum chiqqum〔コメント感謝〕 yoq. Men emdi bu eptim bilen hergizmu sizning balingiz bolushqa layiq emes.

「だけど、ぼくには今本当に自由が本当にになる手段が〔コメント感謝〕ないんだ。今のこの状態じゃぼくは全然母さんの子供に値しないよ。」

- Men sanga erkinlik élip kélimen balam. Sen yenila méning batur balam bolisen. Sen hergizmu qullarche emes, baturlarche ölüshung kérek, - anam shundaq depla boghuzidiki danlarni yandurdi,- bu zeherlik böljürgen, sen buni yésengla ularning qulluqidin azad bolisen. Shundaqla jemetimizning abruyinimu saqlap qalisen. Ésingde bolsun erkinlikni menggü hésdashliq arqiliq qolgha keltürgili bolmaydu. Uning üchün qan aqquzush kérek. Qéni, tumshuqungni yéqin ekel.

「私はお前に自由を与えるために来たのよ、坊や。お前は今でも私の勇敢な子供よ。おまえには決して奴隷じゃないからの死ではなく、勇者の死が必要です」母さんはそう言って喉から実を吐き出した。「これは毒イチゴです。お前はこれを食べたら彼らへの隷従から解放されます。それはまた一族の名誉を守ることにもなるのよ。覚えておきなさい、自由は永遠に維持し続けるによって手に入れる〔コメント感謝〕ことはできないのよ。そのためには血を流すことが必要なの。さあ、くちばしを近くに寄せなさい。

Men anamning qet'iylik chaqnap turghan közlirige axirqi qétim tikildim. U shunchilik xatirjem, shunchilik qeyser idi. Men puchulup, sanggilap qalghan tumshuqumni uninggha tenglidim. Bu erkinlik üchün qurulghan tosaqlarning qurbanigha aylinip ketken eng qudretlik qoralim idi. Biraq, u rehimsiz tosaqni choqulawérip axiri sunup, mushundaq haletke kélip qalghanidi. Zeherlik böljürgen wujudumda bir erkinlikning jarchisi bolup orunlashti. Ang Ah〔コメント感謝〕, axiri erkin ölüsh purstige ige boldum, dep shadlandim. Rohim bir xil azadilik ichide yélinjashqa bashlidi. Asman shunchilik süzük, etrap shunchilik timtas, dunya yenila güzel idi. Bulungdiki bir top kepterler manga heyranliq bilen qarap turatti.

ぼくは最後に母さんの決然と輝く瞳に見つめられた〔コメント感謝〕。彼女はとても冷静で、とても勇敢だった。ぼくは割れて、垂れ下がってしまったくちばしを彼女に差し出した。これは自由のために障壁〔=金網〕の犠牲になってしまったとても強力な武器だった。これは残忍な障壁をつつき続けてついに割れて、こんな有様になってしまったのだった。毒イチゴはぼくの体に自由の使者として訪れた。精神はああ〔コメント感謝〕、ついに自由な死の機会を得た、とぼくは喜んだ。ぼくのたましいはある種の自由の中で燃え上がり始めた。空はとても澄み切って、周囲はとても静かで、世界はやはり美しかった。隅っこの一群のハトたちはぼくを驚いて見つめていた。

2004- Yil 24 - mart, maralbéshi

2004年3月24日、マラルベシ
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ヌルムハメット・ヤスン(オルキシ):野バト (9)

2012-07-27 23:21:55 | ウイグル語
Chüshümde anamni körüptimen. U köpkük hawa boshluqida turup méni yénigha chaqirghudek. Turupla yénida dadammu peyda bolup qaptu. Uning qamiti shundaq körkem bolup tolimu hewisim keldi. Ular méni chaqirighandek qildi. Belkim quliqmgha shundaq anglan'ghandu. Men ulargha qarap uchtum. Uchqanséri ular mendin yiraqlishatti. Uchushtin toxtisam ularmu yiraqlashtin toxtaytti. Uchuwérip aghzim qurup ketti. Ana, su, dep oyghinip kettim, béshimda héliqi adem sözlewatatti.

夢で母さんを見た。彼女は真っ青な天上にいてぼくをそばに呼んでいるようだ。母さんの隣に不意に父さんも現れた。彼の体格はとてもたくましくて、とてもうらやましかった。彼らはぼくを呼んでいるようだった。あるいはぼくの耳にそう聞こえたのかもしれない。ぼくは彼らに向かって飛んだ。〔けれど〕飛べば飛ぶほど彼らはぼくから遠ざかって行った。飛ぶのをやめると彼らが遠ざかるのも止まった。飛び続けてのどが渇いてしまった。「母さん、水」と言ったところで目が覚めてしまった。ぼくの脇であの人間が話していた。

- Bu bek jahil kepterken, besh kün boldi héchnéme yémidi.

「このハトは何て強情なんだ、5日たっても何も食べない。」

- Uni baqqanning paydisi yoq démidimmu?

「それを飼っても得にならないと言っただろ?」

Bu héliqi kündiki yashta chongraq kishi idi.

これ〔を言ったの〕はあの年上の人間だ。

- Emdi bundaq turuwerse ölüp qalidu. Uningdin köre balilirimgha shorpa qilip bérey.

「このままならすぐに死んでしまう。その代わりに子供たちにスープを作ってやろう。」

- Uningdin qanchilik shorpa chiqmaqchidi, belkim, emdi yéseng sanga ziyan qilip qélishimu mumkin. Yaxshisi qoyuwet. Bundaq ésil sortluq kepterni qarap turup öltürüp qoysaq bolmaydu.

「それからどれだけスープが出るっていうんだ、今食べたらお前が身体を壊すかもしれないぞ。一番いいのは放してやることだ。こんないい血統のハトをみすみす殺してしまったら良くない。」

- Biraq uni qoyuwetsekmu bizge héchqandaq paydisi bolmaydu - de.

「だけど、こいつを放してもおれたちになんの得にもならないじゃないか。」

- Hazirmu beribir paydisi yoq.

「このままだってどのみち得はないよ。」

- Bashtila shorpa qiliwitidighan gepkenduq.

「最初からすぐスープにしてしまうんだった。」

U sanggilap turghan qanitini bir pes tüzeshtürüp andin méni qoyup qoydi.

彼は垂れ下がっていた翼を少し整えてからぼくを放した。

Kökte quyash küchlük nur chéchip turatti. Men pütün wujudumdiki küch - quwwitimni yighdim. Kökke qarap uchmaqchi boldum. Biraq, qepez, sim tor yenila yolumni tosup turatti. Men nechche kündin béri uninggha özümni urup uni bösüp ötelmeydighanliqimgha közüm yetkenidi. Lékin, wujudumda azraq küch yighilip, eslige kelgen haman uninggha tashlinip baqattim. Men bösüp ötmekchi bolghan bu sim tur shundaq qudretlik yasalghanidi. Uninggha ademlerning yüksek eqil - parasitini jemlen'gen bolup, uningdin sirttiki barliq erkinlikni körüp turghili bolatti, biraq, uninggha hergiz érishkili bolmaytti.

空で太陽が強い光を降り注いでいた。ぼくは全身の力を込めた。空に向かって飛ぼうとした。ところが、鳥かご、金網は前と同じくぼくの行く手を遮っていた。ぼくは何日か前から金網に自分の体をぶつけてそれを突破することはできないことに気づいていた。けれど、体中のわずかの力が集まって、元に戻った途端にそれにぶつかってみたのだった。ぼくが突破しようとしたこの金網はとても頑丈に作られていた。それには人間たちの高い知能が詰まっていて、その中から外にある自由を見ていることができたが、決して自由を取り戻すことはできなかった。

Qepez, ichidiki hawa bilen sirttiki hawa oxshash. Biraq yashash shekli oxshimaytti. Bu torni toqighan ademlerning niyiti shundaq qara hem baghri shunchilik qattiq idi. Öz erkinliki üchün tinimsiz küresh qiliwatqan bu kichikine janning jasariti ularni qilche tesirlendürelmeytti. Emdi ulargha qilche paydam tegmeydighanliqini bilip turupmu méni rohiy qulluqqa almaqchi bolatti. Jandin bashqa héchnéme qalmighan bu kichikkine jismimni qiynash arqiliq öz meqsidige〔=meqsetke〕 yetmekchi bolatti. Eng qebih yéri ular méni öley depmu Ölelmeydighan haletke keltürüp qoyghanidi. Ichimde shundaq nida qilattim. Ey, erkinlikning qatili bolghan rehimsiz adem, ya méni ölgili qoy, ya bolmisa erkinlikimni ber!

鳥かごの中の空気と外の空気は同じだ。けれど生存の有様は同じではない。この網を編んだ人間たちの心はすごく邪悪で、しかもすごく残酷だ。自分の自由のために絶え間なく闘っていたこの小さな命の勇敢さは、すこしも彼らの心を動かすことができなかった。今彼らに少しも得にならないことを知ったのに、ぼくのたましいを奴隷にしようとしていた。命のほかになにも残っていないこのちっぽけなぼくの体を虐待して自分の目的をかなえようとしていた。一番憎むべきことは彼らがぼくを死のうとしても死ねない状態においていることだ。ぼくは内心でこんな悲嘆の叫びをあげた。「ああ、自由の虐殺者である残忍な人間よ、ぼくを死なせろ、さもなければ自由をよこせ!」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国が第十二次五カ年計画(2011-2015)でトンデモ研究

2012-07-26 21:40:27 | Weblog
中国自然科学基金(日本のCOEが文科省管轄で大学を助成対象にしているのに対して、この国営の基金は大学以外の研究機関も広く対象に含む)は今次五カ年計画で社会に不満を持つ「個人と集団」の不満の原因を彼らの脳の異常に求めて、その治療技術開発に取り組むそうだ。

このような研究は弾圧したい個人や集団(家族、同一村民、特定民族)の中に恣意的に共通の「異常」を発見しその治療と称して現在も行われている精神病院への強制収容や強制的な「治療」の対象と危害の拡大をもたらす危険が大きい。また共産党統治下の中国では出生前検診で先天異常の可能性のある胎児を発見すると強制堕胎が行われており、しかも「優生優育」の典型的な優生思想のもとでそれが医療サービスの薄弱な辺境農村部まで近年急速に拡大している。そのような状況下で、このような研究の成果が「生かされる」と特定社会集団(たとえば植民地統治に反対する少数民族)に対する不妊手術や強制堕胎につながる危険がある。

このような研究テーマを国を挙げて取り組む背景には中国共産党の「科学的人間観」がある。それは、効率的統治のためには個人の脳の中にまで手を突っ込んで改造すべきであり、いくら改造しても「社会」の役に立たない人間は抹殺することが人間社会の「幸福」につながるという考え方だ。一言でいえば家畜の「幸福」だ。

自然科学基金第12次5カ年計画の当該個所

 20. 社会认知和行为的心理和神经机制。社会活动的成功和社会和谐取决于其成员对他人和自我的正确认识,并据此在复杂社会环境下做出适当的决策,以促成社会成员之间的协调与合作。人类如何在复杂的社会情境中加工与他人和自我相关的社会信息,涉及认知机制和模型以及相关神经机制的探索,即在脑组织水平阐明社会认知、社会决策的神经基础及其与社会行为的关系,并揭示相关心理和神经机制的发展以及异常社会行为的心理和神经基础。探索培育和调控社会情绪能力的脑网络机制,并在此基础上研究如何正确评测社会情绪能力的生理指标和脑成像,同时研究如何改善和调控个体和群体社会情绪能力的方法和技术。

出典:http://www.nsfc.gov.cn/nsfc/cen/bzgh_125/09_02.html

この基金助成事業には他にもインターネット情報統制研究といったプロジェクトもある。


こちらも参照
中国で「リプロダクティブヘルス」として行われていること
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヌルムハメット・ヤスン(オルキシ):野バト (8)

2012-07-26 21:34:12 | ウイグル語
- Yawa kepterken... Dédi ularning ichidiki yashiraq birsi.

「野バトだ…」と若い方の人間が言った。

- Mehkem tut, qéchip ketmisun, qanitini boghup qoyayli, - ular birlikte qanitini boghushlap andin boynumdin tutup közlirimge qarashqa bashlidi.

「しっかりつかめ、逃がさないように、翼を縛っておこう」彼らは一緒に翼を縛り上げて、それからぼくの首をつかんでぼくの目を調べ始めた。

- Way, bek ésilken, taza amet keldi, - chongraqi méni qoligha élip qarap ketti.

「おお、すごくいいね。ほんとうに運がいいや」年上の方がぼくを手にとって調べた。

- Buning bizge qilche paydisi yoq, qoyiwéteyli, qara, u alliburun tilini chishlep üzüwaptu. Bundaq kepterge uchrap qalghanda qoyuwetmey amal yoq. Adette kepterlerning bashchiliri shundaq bolidu.

「これは俺たちには全然価値がない。放してしまおう、見ろ、こいつは前に舌を咬み切ったようだ。こういうハトに会ってしまったときは放してしまうしかない。普通はハトのリーダーがこんなことをするんだ」。

- héch bolmisa uni bir uwa köpeytiwalayli.

「せめてこいつに1回交配させようよ」。

- U emdi dan yémeydu, su ichmeydu, taki ölüp ketküche sen bilen qarshilishidu.

「こいつはこれから餌は食べないし、水も飲まない。死ぬまでお前に抵抗し続ける」。

- Qarap turup qoyiwitemdim? - dédi yashiraq adem.

「みすみす放してしまうの?」と若い方が言った。

- Ixtiyaring, biraq, hayal ötmey sözümning rastliqini bilip qalisen, menmu mushundaq bir kepterni tutuwalghan deslepte qoyup bérishke közüm qiymidi. Bir heptidin kéyin ölüp ketti.

「好きにしろ、だが、すぐにおれの言ったことが正しいことがわかるさ。おれもこういうハトを捕まえたとき最初は放してやりたくなかった。1週間後に死んでしまった」。

- Men buni choqum köndürimen, - dédi u.

「おれはこいつをきっと飼いならすよ」彼〔若い方〕が言った。

Hergiz qolunggha könmeymen. Bir amalni qilip choqum qéchip kétimen, dep oylidim ichimde, anamning sözini ésimde tutmay, bu kün'ge qalghinimdin tolimu nomus hés qildim. Küch bilen yulqunup uning qolidin boshap uchup chiqtim, biraq anche uzun barmayla yerge goya bir parche chalmidek pokkide chüshtüm.

決してお前に飼いならされないぞ。なんとかしてきっと逃げてやる、と内心で考えた。母さんの言葉を覚えていないで、こんなありさまになってしまったのでとても恥しく感じた。力を込めてもがいて彼の手から自由になって飛んでいった。けれどあまり長く行かないで地面にまるでひとかたまりの土くれのようにドサッと落ちた。

- Kasapet, hélimu yaxshi qanitingni boghup qoyuptimen. Bolmisa qeyerlerge kétip qalar bolghiyting? U méni xaltidek birnersige solap negidur élip bardi. Andin qanitimni mehkem qamallap, simdin toqulghan bir torning ichige soliwetti. Tor ichidiki bir qanche kepter gürride bir bulunggha qistaldi.

「くそっ、翼を縛っておいたからまだよかった。さもなきゃどこかに行ってしまっただろう、そうだろうおまえ?」〔と言って〕彼はぼくを袋のような物に閉じ込めてどこかに連れて行った。それからぼくの翼をきつく縛って、針金で編まれたかごの中に閉じ込めた。かごの中の何羽かのハトは一斉にバタバタと片隅に寄り集まった。

- Qarighanda ach qalghan oxshaysen, bolmisa bir tal danni dep méning qisimiqimda palaqlap yatmasting... U qepezke bir siqim danni chéchip su qoydi quydi〔コメント感謝〕. Kepterler gürride yighilip danni yéyishke bashlidi. Biraq, méning öchmenlikim shu derijige yetken idiki, mumkin bolsa hazirila qepezge üsüp ölüwalghum kéletti. Biraq, qanitim bek ching téngiwétilgen bolghachqa peqetla midirliyalmidim. Béshimni aran kötürüp, emdila tikleshken quyash nurigha qaridim. Ah öydin ayrilip bir kün bolmay turupla ademlerning qoligha chüshüp qaldim - he, anam bu halimni körse néme dep oylap qalar? Halsiz halda pokinimni yerge qoyup yattim.

「どうやら腹が減っていたようだな、そうでなけりゃ一粒の穀物ためにおれのわなに掛るわけがない…」彼は鳥かごに一つまみの穀物をまいて、水を加えた注いだ〔コメント感謝〕。ハトたちは一斉にバタバタと集まって穀物を食べ始めた。だが、ぼくの怒りは頂点に達し、できることなら今こそ鳥かごに突きあたって死にたかった。けれど、翼はすごくきつく縛りあげられていたので全然動けなかった。頭をむりに上げて、たった今出た太陽の光を見た。ああ、家を出て一日たたないのに人間の手に落ちてしまった。母さんがこの状況を見たらどう思うだろう? 衰弱した状態で胸を地面につけて横たわった。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ヌルムハメット・ヤスン(オルキシ):野バト (7)

2012-07-25 22:25:12 | ウイグル語
Mungluq bir awaz shérin uyqumni buzuwetti. Harghinliq ichide shunche shérin uxlap kétiptimen. Bir top kepter etrapimda uchup yüretti. Ularning qanitidin mungluq awaz kéletti. Men heyran qaldim. Ular be’eyni manga op'oxshash kepterler idi. Turup ular men chüshümde körgen kepterlergimu oxshap qalatti, turup oxshimaytti. Tünügün bir kün héchnéme yémey uchqachqa hazir qorsiqim échip ketkenidi. Men ulardin bu yerde bixeterrek bir otlaydighan yerning bar - yoqluqini sorimaqchi boldum. Ular yönilishni özgertip, birdinla mehelle sirtigha qarap uchushqa bashlidi. Menmu ularning keynidin egeshtim.

心地よい音が甘い眠りを破った。疲れのためにずいぶんぐっすり眠ってしまったようだ。一群のハトがぼくの周りを飛び続けていた。彼らの翼から心地よい音は聞こえてきた。ぼくは驚いた。彼らはまるでぼくにそっくりだった。彼らはちょっと〔コメント感謝〕ぼくが夢に見たハトたちにも似ていた。ちょっと似ていなかったたり、似ていなかったりした〔コメント感謝〕。昨日まる一日何も食べないで飛んだので今ぼくのお腹は空っぽだった。ぼくは彼らにこのあたりに安全な食事場所がないか聞こうとした。彼らは方向を変えて、突然マハッラの外に向かって飛び始めた。ぼくも彼らの後からついて行った。

- Nege barisiler? - Arqidiraq qalghan birsidin soridim.

「君たちどこに行くの?」少し遅れた一羽に聞いた。

- Xaman'gha.

「脱穀場さ」。

- U yerde néme qilisiler?

「そこで何をするの?」

- Dan izdeymiz.

「餌を探すんだ」。

- Dan dégen siler yeydighan nersimu?

「餌って君たちが食べるもの?」

U manga xuddi yat bir mexluqqa qarighandek ghelite chekchiyip qarap qoydi:

かれはまるで知らない生き物を見たように異様に目を見開いてぼくを見た。

- Sen yawa kepterkensende?

「おまえ野バトなのか?」

- Shundaq men böljürgen saydin keldim, - men kepterlerge egiship xaman'gha chüshtüm.

「そうだよ、ぼくはイチゴの谷から来たんだ」ぼくはハトたちについて行って脱穀場に降りた。

Bu yerde heqiqeten kömülüp qalghan boghdaylar bar'iken, temi shundaq tatliq idi. Bu yer bolidiken, dep oylidim. Bu jayda ademlerning qarisimu körünmeytti. Bashqa kepterlerning xatirjem turqigha qarap menmu xatirjem halda qorsaq toqlashqa bashlidim. Sirtqi dunya hergizmu anam éytqandek undaq xeter bilen tolghan emes idi. Xatirjem halda aldimdiki yoghan bir tal dan'gha boyun uzattim, shiddet bilen étilip kelgen bir xil küch kaniyimni kélip boghdi. Nahayiti tézlikte kötürülüp, özümni chetke almaqchi boldum. Biraq, namelum bir küch méni yene shunche téz yerge tartip chüshti. Özemni her terepke urushqa bashlidim.

ここは本当に小麦で埋め尽くされていた。味はとても美味しかった。この土地は向いている、と思った。この場所には人間の影も見えなかった。他のハトたちののんびりした様子を見て、ぼくも無警戒に思う存分食べ始めた。外の世界は必ずしも母さんが言ったように危険に満ちているわけじゃない。ぼくは無警戒に目の前の大粒の穀物に首を伸ばした。突然打ちのめされて、何かの力がぼくの気管をふさいだ。すごい速さで飛び立って、ぼくは自分を外に出そうとした。けれど、分からない力がぼくをまたすぐに地面に引き落とした。ぼくはいろいろな方向に飛ぼうとし始めた。

Kepterler gürride kötürülüp uchup kétishti. Axiri halisizlinip yétip qaldim. Bu men chüshümde körgen héliqi menzirige bek oxshaytti. Ademlerning qoligha chüshüp qaldimmu - néme, dep oylidim. Biraq, hazir yéqin etrapta héchkim körünmeyti. Qanchilik waqit öttikin bir chaghda ikki adem tuyuqsiz yénimda peyda bolup qaldi. Ah, ademlerning qoligha chüshüptimen, dédim men. Biraq, ular méni boynumni siqip turghan ghayet zor küchni boshatti.

ハトたちはバタバタと舞い上がって飛び去った。ぼくはついに力尽きて倒れてしまった。これはぼくが夢で見たあの情景によく似ていた。人間たちの手に落ちてしまったんだろうか、と思った。けれど、今は近くにだれも見えない。どれくらいの時間が経ったのかわからない頃、二人の人間が不意に近くに現れた。ああ、人間の手に落ちてしまったんだ、と僕は言った。だが、彼らはぼくの首を絞めていたものすごい力をゆるめたのだった。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ヌルムハメット・ヤスン(オルキシ):野バト (6)

2012-07-22 20:57:58 | ウイグル語
- Dadang balilirining qul bolup qélishini xalimaydu. Ular dadangni tutuwélip uni bashqa kepter bilen jüplep ewlad qaldurmaqchi bolghan. Biraq dadang hergizmu kéyinki ewladliri üchün bundaq nomusluq yashash muhitini qaldurushqa wijdani yol qoymighan. Sen chüshüngde körgen kepterler del balilirini qulluqqa tashlap hayatini saqlap qalghan kepterlerning ewladi balam. Ular hazirgha qeder ademlerning qolida rohi qulluqta yashawatidu. Bundaq yashighandin ölüm ming ewzel. Sen del ashundaq batur kepterning perzenti. Sen menggü mushu rohni untup qalma!

「お前の父さんは子供たちを奴隷にしてしまうことを望まなかったのよ。彼らは父さんを捕まえて彼を他のハトと交配させて子孫を残すつもりだったの。けれど、次世代のためにそんな恥ずべき生活環境を残すことを父さんの良心は決して受け入れなかったわ。お前が夢で見たハトたちこそ子供たちを奴隷にして命拾いしたハトたちの子孫です。彼らは今では人間たちの手によってたましいが奴隷になって生きているんです。こんな生活より死の方が千倍ましです。お前こそその勇敢なハトの子供です。お前は永遠にこのたましいを忘れてはいけません!」

Anamning sözliri rohimda uzaqqiche zil - zile peyda qildi. Özümning shundaq bir batur dadining perzenti ikenlikimdin cheksiz shadlandim. Manga tégishlik bolghan intayin iptixarliq, bextlik bir rohning ténimde birdinla bash kötürgenlikini hés qildim. Pütün qelbim, wujudum küch we iptixargha toldi. Qelbimdiki barliq muhebbet bilen anamni mehkem quchaqlidim.

母さんの言葉はぼくのたましいを長く揺さぶり続けた。ぼく自身はこんなに勇敢な父の子供であることに限りない喜びを感じた。ぼくに必要だった、とても誇らしく幸せなたましいがぼくの体に、にわかに湧きあがったのに気づいた。心と体の隅々に力と誇りが満たされた。ぼくの心のすべての愛情をこめて母さんをしっかりと抱きしめた。

- Barghin balam, séni elge, kepterler topigha béghishlidim. Ular bashsiz qalmisun. Yéqindin béri ademler bizni her xil yolla bilen tutup kétiwatidu. Shunga sen biz üchün téximu bixeterrek makan tap. Xosh balam.

「行きなさい坊や、お前を国に、ハトの群れに捧げましたす〔原文は-dimで過去形だが、「今から捧げる」という意味なので訳は現在形にした、コメント感謝〕。彼らがリーダーなしではやっていけないでしょうにならないように〔コメント感謝〕。最近人間たちは私たちをいろいろな方法で捕まえて行っています。だからお前は私たちのためにもっと安全な土地を探しなさい。さようなら、私の坊や」。

Qanitim anamning köz yashliri bilen höllendi. Körgen chüshliriming mushundaq bir seperning bishariti ikenlikini chüshendim. Hergiz ademlerning qiltiqigha chüshüp qalmaymen dep oylidim.

ぼくの翼は母さんの涙でぬれた。ぼくが見た夢はこうした〔コメント感謝〕旅の予兆だったことが分かった。決して人間たちのわなに掛るもんか、とぼくは思った。

Nahayiti uzaq uchtum. Bashta éqin boylap uchtum. Kéyin bir mehellige kirip qaldim. Bu men chüshümde körgen héliqi mehelle emes idi. Hem uningdek qorqunchluqmu körünmeytti. Biraq, men shundaq bolsimu uningdin hezer eylep nahayiti égiz uchtum. Qanitimda yéterlik küch bar idi. Quliqimda emdi ademlerning shawquni emes belki shamallaning ghur - ghur soqqan awazi anglinishqa bashlidi, men bu uchushumda öz nishanimdin bek yiraqlap ketsem bolmaytti. Eger bek uzap kétidighan bolsam bizning köchishimizge tesir yétetti. Rastini éytqanda men anamning köchüsh toghriliq pikirige anche qoshulmayttim. Bizning makanimiz nahayiti égiz yan baghir - tik qiyaning Üstide idi. U yerge ademler tügül uchar qushlarmu teste qonalaytti. Biz ewladtin - ewladqa ashu jayda makan tututp, bixeter yashap kelgen turup, emdilikte köchmekchi boluwatattuq. Ademlerning unchiwala qudretlik bolushi natayin. Mana men hazir ademlerning üstide uchup kétiwatimen. Héchqandaq xeterni sezmidim. Belkim anam ziyade sezgürliship ketken bolsa kérek.

とても長く飛んだ。最初は川に沿って飛んだ。それからあるマハッラに入ってしまった。これはぼくが夢で見たあのマハッラとは違っていた。しかもあれのように恐ろしくは見えなかった。けれど、ぼくはそれでもそれを警戒してとても高く飛んだ。僕の翼には十分な力があった。僕の耳には今、人のざわめきではなく、風のビュービュー吹く音が聞こえ始めた。ぼくはこの飛行で自分の目印からあまり離れてしまわないようにした。もしすごく離れてしまったら、ぼくたちの引っ越しの妨げになる。本当のことを言うと、ぼくは母さんの引っ越しについてあまり賛成じゃなかった。ぼくたちの住処はとても高い急斜面の崖の上にあった。そこには人どころか空を飛ぶ鳥さえも降りるのがすごく難しかった。ぼくたちは子子孫孫あの場所に家を構えて、安全に生活し続けてきたのに、今ぼくたちは引っ越そうとしていた。人間たちがどれほど強いかははっきりわからない。ほらぼくは今人間たちの上を飛んでしまった。なにも危険を感じなかった。たぶん母さんは神経質になりすぎているに違いない。

Kech kirip etrap gugum qarangghuluqi ichige gherq boldi. Bir kün uchup harghinliq yetkenidi. Gerche ademler bar bu yerge qonush oyum bolmisimu, biraq qarangghuda nishandin adiship qalmasiliq üchün aram almisam bolmaytti. Jenub, shimal, gherb tereplerni közitip boldum. Bu yerlerde biz yashighudek birer yaxshi makan uchrimidi. Belkim, bek égiz uchuwetken bolsam kérek. Ete sherq terepni aylinip pes uchushni könglümge püktüm. Kéche yultuzliri üstümde chaqnap turatti. Men mushundaq güzellikke tolghan bir dunyada undaq qorqunch ichide yashashning tolimu exmeqliq ikenlikini hés qildim. Asta - asta peslep bir derex üstige qondum. Ete qandaq menzire ichide turidighanliqim namelum idi. Men heddidin ziyade éhtiyatchanliq qilip, égiz uchiwetkechke köngüldikidek bir makan téxi uchratmighanidim. Shunga ete usulumni özgertip pesirek uchushni oylidim.

夜になって周囲はたそがれの闇の中に沈んだ。一日中飛んで疲れた。人間がいるこの場所に泊まることは考えていなかったけれども、暗い中で道に迷わないように休まないわけにはいかなかった。南、北、西の方向は見て回った。そのあたりではぼくたちが暮らすのに向いた土地には出会わなかった。たぶんぼくは高く飛びすぎたにちがいない。明日東側に回って低く飛んでみよう。夜の星々がぼくの上で瞬いていた。ぼくはこれほど美しさに満ちた世界で、こんな恐怖の中で生きることはとても馬鹿げたことだと思った。少しずつ降りて一本の木の上に止まった。明日どんな景色の中で目覚めるのかわからなかった。ぼくはあまりにも警戒しすぎて、高く飛んだので、理想的な土地にはまだ出会えなかった。だから明日は方法を変えて低めに飛ぼうと考えた。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ヌルムハメット・ヤスン(オルキシ):野バト (5)

2012-07-20 21:30:47 | ウイグル語
Anam bir pes jimip qaldi. Belkim köngli buzuluwatqandu, dep oylidim.

母さんはしばらく黙っていた。たぶん悲しくなったからだろう、と僕は思った。

- Shu küni dadang bir top kepterlerni bashlap biz üchün ozuqluq izdep chiqip ketken. Adette kepterler hemishe özimizge xeter yetmeydighan ozuq - tülük mol jaylarni tallaymiz. Dadang kepterlerning bashchisi bolghachqa bu éghir wezipe tebi'iy halda uning zimmisige chüshken. Dadang shu chiqip ketkenche bir qanche kün'giche kelmidi. Men uningdin bekla ensirep qaldim. Adette biz yérim künlüktin oshuq yol bolsa uwilirimizni yötkeytuq. Dadangning unche uzun'gha ozuq izdep kétishi mumkin emes. Yürikim uning bir xewpke uchrighinini sézip turdi. U chaghda sen we ukiliring emdila tuxumdin chiqqanidinglar. Shunga silerni tashlap dadanglarni izdep baralmidim. Aridin bir qanche ay ötüp, dadang bilen birge ketken bir kepter qaytip keldi. Shu chaghdila qiyasimning toghriliqini, dadangning ademlerning qurghan qiltiqigha chüshüp qalghinini bildim. Kéyin uning aman qalghan dostiliri bir - birlep qaytip keldi. Biraq, dadang shu ketkenche kelmidi.

「あの日、お前の父さんは一群のハトを連れて、私たちのために食べ物を探しに出かけたの。いつもはハトたちは私たちに危険の及ばない、食料が豊かなところを選ぶのよ。お前の父さんはハトのリーダーだから、この難しい任務は自然に彼の肩にかかったの。お前の父さんはその時は出て行って数日たっても戻らなかったわ。私はそれでものすごく心配したわ。普通私たちは半日以上の距離なら巣を移すものなの。あなたの父さんがそんなに長距離を食べ物を探しに行くことはあり得ないわ。私の心は彼が何か危険に遭遇したことに気付いていたわ。そのころはお前と弟たちは卵からかえったばかりだったの。だからお前たちを放って父さんたちを捜しに行くことはできなかったの。それから何カ月か過ぎて、お前の父さんと一緒に行った一羽のハトが帰ってきたわ。それで私は自分の推測の正しさを、お前の父さんが人間たちの仕掛けたわなに掛ってしまったことを知ったの。それから難を逃れた彼の仲間たちが次々に帰ってきたわ。けれどお前の父さんは行ったきり戻らなかったわ」。

Men anamni yighlap salamdikin dep oylidim. Biraq, uning közide bir xil qeyserlik nuri chaqnap turatti.

僕は母さんが泣き出すかと思った。けれど、彼女の眼にはどこか決然とした光が輝いていた。

- Dadam némishqa qaytip kélelmeptu? - Men teqezzaliq bilen soridim.

「父さんはなんで帰ってこれなかったの?」僕は急き込んで聞いた。

- Dadang dégen kepterlerning padishahi. Uningda shuninggha chushluq roh bolushi kérek. Eger u Özini qoghdiyalmisa bu kepterler topini qandaq qoghdaydu? Bir padishah bashqilarning qulluqi astida yashap qandaqmu yene qaytip kélip, bu topqa bashchiliq qilalaydu. Uning birdinbir yoli hergizmu bashqilarning qulluqigha boysunmasliq. Dadang ademler teripidin tutulup qepeske solap qoyulghandin kéyin, biz yawa kepter shahlar jemetining aditi boyiche tilini chishlep üzüwaptu. U bir deqiqe bolsimu, qepeste yashashni özige rawa körmeptu. Qepes uning qizil qéni bilen yuyuluptu. Dadang ademler sélip bergen dan - suni ichmey - yémey toptoghra bir hepte yashap, axiri ularning qolida baturluq bilen qurban boptu. Mana bu bizdiki heqiqiy erkinlik rohi oghlum. Senmu dadanggha oxshash menggü erkinlikning qoghdighuchisi bol.

「お前の父さんはハトたちの王様なの。だから彼にはふさわしいたましいが必要です。もし彼が自分を守ることができなければ、このハトの群れをどうして守れるでしょう? 王様は他のハトがが他人の奴隷として生きているのに〔コメント感謝〕、一体どうして帰って来て、この群れを率いることができましょう。彼の唯一の道は決して他のハトたちを奴隷にしないことです他人の奴隷になることに従わないことです〔コメント感謝〕。お前の父さんは人間たちに捕まって鳥かごに閉じ込められてから、私たち野バトの王の一族の習わしに従って舌を噛み切ったそうよ。彼は1分たりとも鳥かごで生きることを自分に認めなかったのよ。鳥かごは彼の赤い血で洗われたそうよ。お前の父さんは人間たちが与えるえさと水を食べもせず飲みもしないでまるまる1週間生きて、最後は彼らの手の中で勇ましく犠牲になったそうよ。ほら、これが私たちの本当に自由なたましいよ、坊や。お前も父さんと同じように永遠の自由の守護者になりなさい」。

- Ana, dadam üchün bashqa kepterlerde purset tépip qéchip kelmeydu?

「母さん、父さんはなぜ他のハトたちのように機会を見つけて逃げなかったの?」


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ヌルムハメット・ヤスン(オルキシ):野バト (4)

2012-07-19 14:22:21 | ウイグル語
- Balam, orningdin tur, néme boldi sanga? - közümni achsam anam béshimda qarap turuptu. Xudagha shükri saqkenmen dep oylidim. Ikki putum siylap baqsam héchnéme bolmaptu.

「坊や、起きなさい、どうしたのおまえ?」目を開けたら、母さんがぼくの顔を見つめていた。神のおかげで無事だった、とぼくは思った。両足を心配したけれどなんともなかった。

- séni qara bésip qaptu, - dédi anam.

「おまえはうなされていたね」と母さんは言った。

Bek qorqunchluq chüsh körüptimen, - dédim anamni quchaqlap turup we chüshümde körgenlirimni sözlep berdim.

「すごく怖い夢を見ていたんだ」とぼくは言って母さんを抱きしめながら夢に見たことを話し続けた。

- Sen buningdin kéyinki ewladliringning qismetlirini körüpsen oghlum. Ademler künséri bizning yashash muhitimizgha qistap kirmekte. Ularning bizning ezeldin yashap kelgen zéminimizdin bizni qoghlap chiqarmaqchi. Yerlirimizni tartiwalmaqchi. Ewladlirimizning neslini özgertip ashundaq öz neslini tonumaydighan qilip shalghut sortlargha aylandurmaqchi. Belkim uzaqqa qalmay bu yerlerge égiz binalar, zawutlar sélinishi mumkin. U chaghda kéreksiz sana'et mehsulatliri. Is - tütekler arisida bizning bu güzel muhitimiz bulghinidu.

「おまえは将来の子孫たちの運命を見たようだね。人間たちはますます私たちの生活環境に押し入って来ているんだよ。彼らは私たちが長年生活してきた土地から私たちを追い払うつもりなんだよ。私たちの土地を奪おうとしているんだよ。代々受け継いできた血統を変えて、その私たちの血統を分からなくさせて、雑種に変えるつもりなんだよ。たぶん遠からずこの土地に高いビルや、工場が建てられるでしょう。その時に不要な工業製品やスモッグで私たちのこの美しい環境は汚されてしまうでしょう」。

Sheher arisida qipqalghan〔=qépqalghan〕deryalirimizda hazirqidek sherbet sular emes. Belki yunda aqidighan bolidu. Ademlerning tajawuzchiliqi bek qorqunchluq oghlum. Sen buni sezmeyla qalisen. Ewladliring sen yashighan pakiz muhitni körelmeydu. Tughulupla jahan mushundaq oxshaydu, deydu. Amalsiz ularning iskenjisige chüshüp qalidu. Ular bizni künséri qistap kelmekte. Hetta nahayiti yéqinlap qaldi. Biz emdi bashqa bir chiqish yoli tapmisaq bolmaydu. Özimizni Özimiz qutquzmisaq bizni héchkim qutquzalmaydu. Yür sirtqa chiqayli, sanga emdi dadangning qismitini sözlep béridighan waqit kep〔=kelip〕qalghan oxshaydu.

「町の中に残った多くの川に近頃水が無くなったわ。たぶん汚水を流すからよ。川は今のように美味しい水ではなく、汚水が流れるようになるわ。〔コメント感謝〕人間の侵略はとても恐ろしいのよ坊や。それにお前は気づいていないね。子孫たちはお前が住んだきれいな環境を見ることはできないでしょう。生まれた世界はこんなものだろう、と思うでしょう。なすすべなく彼らに虐げられてしまうでしょう。彼らは私たちへの圧迫を日増しに強めているのよ。もうすぐそこまで迫っているわ。私たちは今すぐに他の進む道を見つけられなければだめです。自分たち自身で救えなければ私たちを誰も救ってくれないよ。行きなさい、外に出ましょう、お前にお父さんの運命について話してあげる時が来たようです。

Anam méni özige egeshtürüp sirtqa élip chiqti. Etrap pütünley yawa ot - chöpler bilen tolghan, héchqandaq yol yaki iz chüshmigen kengri dala idi. Öyimiz〔コメント感謝〕bu derya yoyidiki〔boyidiki〕égiz yardangliqta idi. Bu yerde nechche minglighan kepterler uwa sélip ejdad qalduratti, astimizdila éqip ötidighan süpsüzük derya süyi bizge yéqimliq elley naxshisi oqup béretti. Nezirimde bu yer jahandiki eng güzem〔güzel〕, eng bixeter makan idi. Eger ademler bolmighan bolsa, biz menggü mushu bextlik zéminda yashighan bolattuq, hey ademler siler zadi...

母さんはぼくを外に連れ出した。周囲は完全に野草で満たされ、なにひとつ道や足跡が入って来ていない広い野原だった。この川岸の高いヤルダンだったぼくたちの家はこの川岸の高いヤルダン(崖)にある〔コメント感謝〕。ここに数千羽のハトたちが巣を作って子孫を残していた。ぼくたちの下を流れる澄みきった川の水はぼくたちに心地よい子守唄を歌ってくれていた。ぼくにとってここは世界で一番美しく、一番安全な住みかだった。もしも人間たちがいなくていなかったら〔コメント感謝〕、ぼくたちは永遠にこの幸せな土地で暮らし続けたらられるのに〔コメント感謝〕、ああ人間よ、お前たちは全く……

- Mana bu séning makaning. Mana bu ejdadliring yashighan zémin. Séning bowang, dadang, mushu makanni güllendürüp, mushu kepterler topigha bashchiliq qilip ötken. Shunga, bizning ularning arsidiki inawitimiz yuqiri. Shundaqla zimmimizdiki yükimizmu éghir. Men séni dadangdek batur ezimet bolsun dep, her küni tang seherdila oyghitip, nechche yüz chaqirim yerge apirip, uchushni meshiq qildurimen. Qanatliringning küchini ashurimen. Muskulliringni chingitimen. Eqil - zéhiningni urghitimen. Her waqit segek turushni ögitimen. Sen hazir jismaniy jehette xéli piship yétildik〔=yétildek〕 yétilding〔コメント感謝〕. Emdi eqliy jehette piship yétilishing kérek. Ademlerdin her waqit segek bol. Ular yerde yürsila bizge chéqilalmaydu dep oylima. Miltiq dégen nersisi arqiliqla ular séni nechche ming métir égizliktin sollaq atquziwételeydu. Dadangning qandaq ölgenlikini bilemsen?

「ごらん、これがお前のふるさとよ。ごらんこれが先祖たちの暮らしてきた大地よ。おまえのおじいさん、お父さんは、このふるさとを繁栄させて、この群れを率いていたのよ。だから、私たちは、彼らの間で高い信望があるのよ。だからこそ私たちの肩の荷も重いのよ。私はお前をお前の父さんような勇敢なハトにするために、毎日夜明けに起こして、数百キロ離れた土地に連れて行って、飛ぶ練習をさせたんです。お前の翼の力を強くしたんです。お前の筋肉を固くしたんです。お前の知恵を増やしたんです。いつも警戒することを教えたんです。今お前の身体はだいぶ成熟したようですしたね〔コメント感謝〕。これからは知性を成熟させることが必要よ。人間を常に警戒しなさい。彼らは地面だけ移動するから私たちを困らせることはできないなんて考えてはいけないよ。鉄砲という物で彼らはお前を何千メートルもの高さから撃ち落とすことができるんだよ。お前の父さんがどんなふうに死んだのか知っているかい?

- Yaq, siz manga téxi waqti emes dep, éytip bermigen.

「ううん、母さんはぼくに、まだその時じゃない、と言って話してくれなかったよ」。

- Emdi waqti keldi. Men nechche kün ilgirila bu yerde bir qanche ademning timisiqlap yürgenlikini kördüm. Démek ularning bizge közi chüshti dégen gep. Shunga ular yétip kélishtin burun biz téximu bixeter makan tapmisaq bolmaydu, dadangmu del ashu ademlerning qolida jénidin ayrilghan.

「今その時が来たわ。私は数日前にここで数人の人間がうろついていたのを見ました。つまり彼らは私たちに目を付けたということよ。だから彼らが来てしまう前に私たちはもっと安全な住処を見つけなければならないの。あなたの父さんもまさにあの人間たちの手で殺されたのよ」。

- Ana dep béringe, dadam néme bolup ularning qoligha chüshüp qalghan?
「母さん話してよ、父さんはなんで彼らの手に落ちてしまったの?」
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加