思いつくまま

みどりごを殺す「正義」はありや?
パレスチナ占領に反対します--住民を犠牲にして強盗の安全を守る道理がどこにあろう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ウイグル語の疑問詞

2011-05-29 18:07:25 | ウイグル語
① だれですか(who)        kim
② なにですか(what)       néme
③ どこですか(where)       nede
④ いつですか(when)       qachan
⑤ なぜですか(why)       némishqa (néme「なに」+ish「こと」-qa「名詞の与格接尾辞(~に、~へ)」)
⑥ どうですか(how)       qandaq
⑦ いくつですか(how many, how many)qanche, nechche
⑧ どれですか(which)       qaysi
⑨ ~ですか            -mu?

① Bu kim? これは誰ですか?
  Awu kim? あれは誰ですか?
  U kim? あれは誰ですか?
  Bu bala kim? この子は誰ですか?
  U adem kim? あの人は誰ですか?
  Adil kim? アディルは誰ですか?
② Bu néme? これは何ですか?
  Mawu néme? これは何ですか?
  Bu nerse néme? この物は何ですか?(Bu néme?の方が一般的)
  Néme tamaq? どの食べ物ですか?
  Bu néme lughet? これは何の辞書ですか?
  Siz hazarda néme ish qilisiz? あなたは今何をしていますか?
③ U nede ishleydu? 彼/彼女はどこで仕事をしていますか。
  Siz nede ishleysiz? あなたはどこで仕事をしていますか?
④ Adette bazargha qachan barisiz? あなたはふだんいつ市場に行きますか?
⑤ Sen némishqa hazir xetni yéziwatisen? 君はなぜいま手紙を書いてるんだ?
  Xalmurat némishqa kelmeydu? ハルムラットはなぜ来ないんだ?
⑥ Qandaq tamaq? どんな食べ物ですか?
  Bu qandaq kitab? これはどんな本ですか?
  Bu yéngi kitab qandaq? この新しい本はどうですか?
  Awu qandaq lughet? あれはどんな本ですか?
  Uyghurche tamaq qandaq? ウイグル料理はどうですか?
⑦ Sa'et qanche boldi? いま何時ですか?
  Heptige qanche/nechche? 何曜日?
  Sizning qanche hedingiz bar? あなたは何人お姉さんがいますか?
  Qanche yashqa kirdingiz? あなたはおいくつですか?
  Tursun qanche yash? トゥルスンは何歳ですか?
  Adette nechche kilo alisiz? ふだん何キロぐらい買いますか?
  Ürümchidin Ghuljigha nechche kilométr? ウルムチからグルジャまでは何キロメートルですか?
  Nechche adem kélidu? 何人来ますか?
⑧ Siz qaysi kesipte oquysiz? あなたどの分野を専攻していますか?
  Siz qaysini yaxshi körisiz? どちらが好きですか?
  Siz qaysi tillarni bilisiz? どちらの言葉を知っていますか?
⑨ 単純疑問、他の疑問表現がないときに用いられる。平叙文の文末につき「AはBですか?」の形をつくる。
  U deptermu? それはノートですか?
  U kichikmu? それは小さいですか?
  Bu qeghezmu? これは紙ですか?
  Bu yéngimu? これは新しいですか?

参照:Greeting from the Teklimakan : a handbook of Modern Uyghur Volume 1
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウイグル語動詞の現在未来時制否定形の人称接尾辞

2011-05-29 16:44:47 | ウイグル語
現在未来形は否定接尾辞 -ma/me と現在未来時制接辞 -y を動詞語幹と人称接尾辞(肯定形の人称接尾辞)の間に挟むことによって形成される。-ma/ma は母音で終わるので現在未来時制接辞 -i/y は -y 一種類である。

例文:
子音で終わる後舌母音語→ -may-
bar-(行く) barmaymen, barmaymiz, barmaysen, barmaysiz, barmaysiler, barmaydu
子音で終わる前舌母音語→ -mey-
kör-(見る) körmeymen, körmeymiz, körmeysen, körmeysiz, körmeysiler, körmeydu
第二音節が強勢でない a/eの狭母音化→ i
ishle-(働く)ishlimeymen, ishlimeymiz, ishlimeysen, ishlimeysiz, ishlimeysiler, ishlimeydu
e を含む一音節の動詞語幹の狭母音化→ é
ye-(食べる) yémeymen, yémeymiz, yémeysen, yémeysiz, yémeysiler, yémeydu


否定の疑問文
現在未来時制の否定の疑問文は否定の接尾辞 -ma/me と疑問の接尾辞 -am/em の結合した接尾辞( -mam/mem ) が動詞語幹と人称接尾辞(疑問形の人称接尾辞)の間に挟まる。

例文:
bar- barmamdimen, barmamduq, barmamsen, barmamsiz, barmamsiler, barmamdu
kör- körmemdimen, körmemduq, körmemsen, körmemsiz, körmemsiler, körmemdu
ishle- ishlimemdimen, ishlimemduq, ishlimemsen, ishlimemsiz, ishlimemsiler, ishlimemdu

参照:Greeting from the Teklimakan : a handbook of Modern Uyghur Volume 1
pp.55-56
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウイグル語動詞の現在未来時制疑問形の人称接尾辞

2011-05-29 15:23:52 | ウイグル語
          単数               複数
一人称   -a/emdim, -a/emdimen       -a/emduq
二人称   -a/emsen, -a/emsiz(尊称)    -a/emsiler
三人称   -a/emdu               -a/emdu

語幹動詞が後舌母音語のときは -am- でつながる。
qil-(する) qilamdimen, qilamduq, qilamsen, qilamsiz, qilamsiler, qilamdu
bar-(行く) baramdimen, baramduq, baramsen, baramsiz, baramsiler, baramdu

語幹動詞が前舌母音語のときは -em- でつながる。
kör-(見る) köremdimen, köremduq, köremsen, köremsiz, köremsiler, köremdu
bil-(知る) bilemdimen, bilemduq, bilemsen, bilemsiz, bilemsiler, bilemdu
ber-(与える)béremdimen, béremduq, béremsen, béremsiz, béremsiler, béremdu
ögen-(学ぶ) öginemdimen, öginemduq, öginemsen, öginemsiz, öginemsiler, öginemdu

語幹動詞の末尾が母音の時は -a/e- が抜け落ちて -m- だけでつながる。
izde-(探す) izdemdimen, izdemduq, izdemsen, izdemsiz, izdemsiler, izdemdu
oqu-(読む、勉強する)oqumdimen, oqumduq, oqumsen, oqumsiz, oqumsiler, oqumdu

★アクセント(強勢)は常に疑問接尾辞 -a/em- に来る。

疑問接尾辞 -mu を用いた疑問形
上述の -a/em- を用いるのが現在未来時制の疑問形作成の主な方法だが、一人称に限り肯定形の動詞の末尾に -mu を付けて疑問形を作ることもできる。
bar-i-men-mu? (私が行きますか?)( barisenmu とか baridumu とは言えない)

参照:Greeting from the Teklimakan : a handbook of Modern Uyghur Volume 1
pp.54-55
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウイグル語動詞の現在未来時制肯定形の人称接尾辞

2011-05-29 14:16:46 | ウイグル語
動詞語幹に人称接尾辞が付くときその間に -i-, -y-, -yi- が接着剤として挟まる。

①動詞語幹末尾が子音のときは -i- が間に挟まる。
②動詞語幹末尾が母音のときは -y- が間に挟まる。
③動詞が yu-(洗う)のときは -yi- が間に挟まる。

        単数         複数
一人称     -men         -miz
二人称     -sen/-siz(尊称)  -siler
三人称     -du          -du

動詞+人称の例

①語幹末尾子音
qil-(する) qilimen, qilimiz, qilisen, silisiz, qilisiler, qilidu
kör-(見る) körimen, körimiz, körisen, körisiz, körisiler, köridu
bar-(行く) barimen, barimiz, barisen, barisiz, barisiler, baridu
(狭母音化1)
もしも人称接尾辞のつく語幹動詞の第二音節が強勢でない a もしくは e のとき、狭母音化して i に変わる。
ögen-(学ぶ) öginimen, öginimiz, öginisen, öginisiz, öginisiler, öginidu
aylan-(回る) aylinimen, aylinimiz, aylinisen, aylinisiz, aylinisiler, aylinidu
(狭母音化2)
もしも動詞語幹が e を含む一音節の時は、 e は é に狭母音化する。
ber-(与える) bérimen, bérimiz, bérisen, bérisiz, bérisiler, béridu
et- (作る) étimen, étimiz, étisen, étisiz, étisiler, étidu
(一音節語幹で母音が a のときは狭母音化しないらしい)
al- (買う、捕まえる) alimen, alimiz, alisen, alisiz, alisiler, alidu

②語幹末尾母音
de-(言う、話す) deymen, deymiz, deysen, deysiz, deysiler, deydu
oqu-(読む、勉強する) oquymen, oquymiz, oquysen, oquysiz, oquysiler, oquydu
ye-(食べる) yeymen, yeymiz, yeysen, yeysiz, yeysiler, yeydu

③動詞が yu-(洗う)のとき
yuyimen, yuyimiz, yuyisen, yuyisiz, yuyisiler, yuyidu

参照:Greeting from the Teklimakan : a handbook of Modern Uyghur Volume 1
p.42
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウイグル語の動詞人称接尾辞

2011-05-28 20:02:30 | ウイグル語
            単数            複数
肯定形(平叙文)
一人称       -imen, -ymen        -imiz, -ymiz
二人称       -isen, -ysen         -isiler, -ysiler
同、尊称      -isiz, -ysiz          -isiler, -ysiler
三人称       -du, -idu, -ydu        -du, -idu, -ydu

否定形(否定文)          -may-, -mey-
一人称       -maymen, -meymen      -maymiz, -meymiz
二人称       -maysen, meysen       -maysiler, -meysiler
胴、尊称      -maysiz, meysiz        -maysiler, -meysiler
三人称       -maydu, -meydu       -maydu, -meydu

疑問形(疑問文)          -m-, -am-, -em-
一人称       -mdim, -amdim, -emdim     -mdimiz, amdimiz, -emdimiz
          -mdimen, -amdimen, -emdimen   -mduq, -amduq, emduq
二人称       -msiz, amsiz, emsiz        -msiler, -amsiler, -emsiler
三人称       -mdu, -amdu, -emdu       -mdu, -amdu, -emdu


ex. bar- 行く

一人称        barimen           barimiz
二人称        barisen           barisiler
同、尊称       barisiz            barisiler
三人称        baridu            baridu

例:Bazargha barimen. 私は市場に行きます。
  Men ete Ghuljigha barimen. 私は明日グルジャに行きます。
  Adette bazargha qachan barisiz? ふだん市場にはいつ行きますか?
  U hazir bazargha baridu. 彼/彼女はすぐに市場に行きます。

一人称否定      barmaymen          barmaymiz
二人称否定      barmaysen          barmaysiler
同、尊称        barmaysiz           barmaysiler
三人称否定      barmaydu           barmaydu

例:Men bügün kinogha barmaymen. 私は今日映画に行きません。
  Men bazargha barmaymen. 私は市場に行きません。
  Aynur Ürümchige barmaydu. アユヌルはウルムチに行きません。

一人称疑問      baramdimen          baramduq
二人称疑問      baramsen           baramsiler
同、尊称        baramsiz            baramsiler
三人称疑問      baramdu            baramdu

例:Sizmu bazargha baramsiz? あなたも市場に行きますか?
  U Ürümchige baramdu? 彼/彼女はウルムチに行きますか?

参照:Greeting from the Teklimakan : a handbook of Modern Uyghur Volume 1
http://kuscholarworks.ku.edu/dspace/bitstream/1808/5624/7/EngYakDwy2010_Uyg1full_11.pdf
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウイグル語人称代名詞の語形変化

2011-05-14 17:10:16 | ウイグル語
     私  おまえ  あなた  彼/彼女  私たち  君たち  彼ら

主格  men   sen   siz    u      biz    siler    ular
不定目的格
~は、~が
属格  méning  séning sizning uning   bizning silerning ularning
~の

対格  méni   séni   sizni   uni    bizni   silerni   ularni
定目的格
~を
与格  manga  sanga   sizge  uningha  bizge  silerge  ulargha
~へ、~に

位格  mende  sende   sizde  uningda  bizde  silerde  ularda
~で

奪格  mendin  sendin  sizdin  uningdin  bizdin  silerdin  ulardin
~から、~より


参照:http://uz.wikipedia.org/wiki/Turkiy_tillar
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウイグル語格接尾辞(格助詞)の音声調和

2011-05-13 09:58:43 | ウイグル語
与格 dative case (~へ、~に)
             語幹の末尾が有声音 語幹の末尾が無声音
語幹の最後の母音が後舌    -gha        -qa     
語幹の最後の母音が前舌    -ge         -ke
                            (語幹末尾が q の時?は -qe )

位格 locative case(~で)
語幹の最後の母音が後舌    -da         -ta
語幹の最後の母音が前舌    -de         -te

奪格 ablative case(~から、~より)
語幹最終母音無関係       -din        -tin

主格 nominative case(~は、~が)のφ(ゼロ)、属格(所有格) genitive case(~の)の -ning 、対格 accusative case(~を)の -ni は、音声調和せず、変異形は存在しない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウイグル語の音声調和

2011-05-10 23:13:43 | ウイグル語
ウイグル語の音声調和

ウイグル語の音声調和には3つの成分がある。①有声無声、②後舌前舌、③円唇非円唇である。

1、有声無声調和

 有声音は声帯の振動によって発せられる。(指を喉仏の上のくぼみに当てて、bit と発音すると b で声帯が震えている。一方 pit の p は無声音で声帯は震えない)。以下にウイグル語の有声音と無声音を示す。
有声音:b, d, g, gh, j, z, r, l, m, n, ng, w, y, そして全ての母音
無声音:p, t, k, q, ch, s, sh, f, x, h

 有声無声調和は接尾辞の語幹との融合に関わることである。プロセスは簡単だ。語幹の末尾が有声音の時は、接尾辞は(もしあれば)有声の変異形が使われ、語幹の末尾が無声音の時は、接尾辞は無声の変異形が使われる。母音は有声音に数えられる。gh も有声音に数えられる。

 有声無声調和の例に、位格の接尾辞 -DA を用いる。
語幹の末尾が有声音
   öy +DA  →  öyde  「家で」
   su +DA  →  suda  「水上で」
   tagh +DA →  taghda 「山で」
語幹の末尾が無声音
   at +DA  →  atta  「家で」
   mektep +DA → mektepte 「学校で」
   bash +DA  → bashta 「頭で」

2、後舌前舌調和

 後舌前舌とは舌の盛り上がりの口腔内における位置のことであり、母音と子音の両方に適用される。たとえば a のように、舌が口腔後部で盛り上がっていれば、その母音は後舌とみなされ、また e のように舌が口腔の前部で盛り上がっていれば、その母音は前舌とみなされる。後舌前舌調和は子音については k, g, q, gh についてのみ適用される。k と g は前舌とみなされ、q と gh は後舌とみなされる。まず母音について見よう。

母音の後舌前舌
  後舌母音:a o u
  前舌母音:e ö ü
  非調和:i é (母音子音の調和に影響も与えないし影響されることもない)
(ウイグル語の iى  は前舌の変異形 i と後舌の変異形 ɨ の両方を表す)

テュルク語語源の単語の中では前舌と後舌の母音はまれにしか混在しない。
後舌母音単語:moma 「祖母」  Uyghur 「ウイグル」
前舌母音単語:qeder 「まだ」  köwrük 「橋」

 i は語幹の中で前舌母音と後舌母音、どちらとも混在することができる。
後舌母音単語:qoychi 「羊飼い」 qisqa 「短い」  tashliq 「岩だらけの」
         térimaq 「種蒔きをする」
前舌母音単語:xéli 「すっかり」  chilek 「バケツ」  derexlik 「樹林」

i や é を含む単音節の単語は一般に後舌とみなされる。
it-lar「犬(複数)」(後舌母音の接尾辞 -lar が付くので、語幹は後舌に違いない)
il-ghu「留め金」(後舌母音の接尾辞 -ghu が付くので、語幹は後舌に違いない)

しかし、いくつかの例外もある。
bil-mek「知る、知っている」(前舌母音の接尾辞が付くので、語幹は前舌に違いない)
kiy-me !「(それを)着るな!」( me が付くので、kiy- は前舌であるに違いない)

複合語と借用語は単語内調和の例外となる
1、二つ以上の単語が結び付いた複合語は前舌と後舌の母音が混在しうる。ただし、成分間は一般にハイフンで区切られる。
gül-giyah 「草花」  hal-ehwal 「健康状態」
2、借用語はしばしば「非調和」で、前舌と後舌が混在する。
mu’ellim 「教師」  téléfon 「電話」

これらの例外単語に付く接尾辞の大まかな目安は「語幹の最後の母音に調和する」ということである。たとえば téléfon は後舌母音の接尾辞を採って、複数形は téléfonlar となる。ただ、最後の母音が i のときは、i の前の母音で判断する。たとえば mu’ellim は i の前は e(前舌母音)だから、複数形は mu’ellimler となる。

子音の後舌前舌
後舌前舌調和は軟口蓋音 k g と口蓋垂音 q gh にのみ適用される。k と g は舌が軟口蓋に接触して発せられ、q gh と比べて口腔の前部で生じる音である。したがって、k g は前舌音とみなされる。q と gh はより後ろの口蓋垂に接触して発せられる音なので、後舌音とみなされる。

子音の後舌前舌調和の例として与格(~へ、~に)の -GA を示す。
与格の接尾辞には上記の語幹の有声無声と後舌前舌に基づき4つの変異形がある。
            │ 語幹の末尾が無声音    │ 語幹の末尾が有声音
語幹の最後の母音が後舌 │ -qa                    │ -gha
語幹の最後の母音が前舌 │ -ke(語幹末尾が q の時?は -qe )│ -ge

後舌母音+無声音 tamaq 「食べ物」 +GA  → tamaqqa
後舌母音+有声音 Aqsu 「アクス(都市名)」+GA → aqsugha
前舌母音+無声音 ders 「レッスン」 +GA  → derske
(前舌母音+無声音 sherq 「東」    +GA  → sherqqe )
前舌母音+有声音 mu’ellim 「教師」 +GA  → mu’ellimge

最後の例の mu’ellim では、最後の母音は i だが、これは調和に作用しない。この場合、語幹の中の手前の母音を見る。ここでは e だから、mu’ellim が前舌調和の接尾辞を要求することがわかる。もう一つ、univérsitét (大学)の場合は、é も i と同様、調和に関与しないので、さかのぼると先頭の u に行きあたる。これは後舌母音なので、後舌(そして末尾の t に対応して無声)の与格変異形の接尾辞を付けて、univérsitétqa(-ke ではない)としなければならない。追記(2011/9/22):ただし、shinjangningki+GA「シンジャンのに」は語幹の中に a があるにもかかわらず、-ghaではなく、-geである。これはshinjangが外来語(漢語からの借用)だから判断の対象からはずして、後綴(-ningki)を対象に下記のように判断するためだろうか?それとも直前の k の方が遠くの a より音便への影響力が大きいからだろうか?
 もしある単語が中性の i (および é )以外になければ、軟口蓋子音( k, g )と口蓋垂子音( q, gh )によって語幹の後舌前舌を判断する。Qirghiz のように口蓋垂子音であれば後舌単語であり、常に後舌調和接尾辞が付く( Qirghizgha 「クルグズへ」)。反対に、軟口蓋子音の単語であれば、gézit → gézitke 「新聞に」のように前舌調和となる。

3、円唇非円唇調和:母音に適用される

 ウイグル語の母音は唇が丸いか丸くないかで区別される。
円唇: o  u  ö  ü
非円唇:a  é  e  i

円唇非円唇調和:語幹最終母音が円唇であれば、円唇母音の接尾辞を採る(もしそのような変異形があれば)。
円唇非円唇調和の例として、動詞由来名詞(不定詞)接尾辞 -(I)sh を示す。-(I)sh は語幹最終母音の円唇非円唇と後舌前舌による違いにより4つの変異形がある。もし、語幹末尾が母音であれば -sh だけが付く。
          │ 語幹の最終母音が円唇 │ 語幹の最終母音が非円唇
語幹の最終母音が後舌 │ -ush         │ -(i)sh
語幹の最終母音が前舌 │ -üsh         │ -(i)sh

後舌+円唇母音  oqut-「教える」+(I)sh → oqutush
前舌+円唇母音  öt-「通る」+(I)sh → ötüsh
後舌+非円唇母音 xala-「欲する」+(I)sh → xalash
前舌+非円唇母音 éyt-「話す」+(I)sh → éytish

動詞語幹が母音で終わるとき( xala- のように)は、単純に -sh を付けるだけである。

要約:
●3つの調和プロセス(有声無声、後舌前舌、円唇非円唇)は現代ウイグル語における音声調和の一般原則を構成する。
 ○有声無声:接尾辞の有声変異形(もしあれば)は有声音で終わる語幹に付く。無声音で終わる語幹には無声変異形の接尾辞が付く。
 ○後舌前舌:接尾辞の後舌変異形(もしあれば)は後舌母音語幹に付く。前舌変異形の接尾辞は前舌母音語幹に付く。
 ○円唇非円唇:接尾辞の円唇変異形(もしあれば)は最後の母音が円唇の語幹に付く。非円唇変異形の接尾辞は最後の母音が非円唇の語幹に付く。
●全ての接尾辞が音声調和するわけではない(たとえば対格(~を)の -ni には変異形が存在しない)。
●調和接尾辞について言えば、全ての接尾辞に円唇変異形があるわけではない。たとえば、位格接尾辞の -DA には(クルグズ語と異なり)上述の -(I)sh のような変異形はない。
●ウイグル語の調和接尾辞は3種類の調和が様々に組み合わされる。たとえば、位格をつくる -DA は有声無声調和と後舌前舌調和の組み合わせであり、動詞由来名詞をつくる -(I)sh は後舌前舌調和と円唇非円唇調和の組み合わせである。どのタイプの調和が個々の接尾辞に適用されるのか確認しよう。

"Greetings from the Teklimakan: a handbook fo Modern Uyghur Volme 1" より抜粋翻訳(翻訳にあたり一部変更あり)
原文出典:http://kuscholarworks.ku.edu/dspace/handle/1808/5624
コメント
この記事をはてなブックマークに追加