しじまのはざま

フェレットのフォトアルバムもどきだった「ふぇれとバラの日々」を改変です。今度は備忘録的なものにしてみようと思います。

日の出と夕日

2014-01-06 11:13:11 | ひとりごと
一年は早いもので、
あっという間に新しい年になってしまいました。

毎年毎年、年の垣根は低くなっているように感じられて、
いつもの日と大して変わらないうちに
日付が年が更新され、
あれよあれよという間に日は過ぎてしまいます。

写真は去年(!ついこの前だったのに)訪れた、
出雲の伊佐の浜です。
夕日の光景だったと思うけど、
朝日に見えなくもない。
まあ知ってる人が見たら一発でばれるんだろうけど、
朝日に見立てて、
今年の年賀状のトップ写真に使用しました。
いづれにせよ、
この浜で出雲の神様は全国の神様を迎えるんだから、
目出度い写真には違いない?

今年もよろしくお願いします。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

歩き出す

2013-01-01 00:08:30 | ひとりごと

もう旅立たなければならない。
このオアシスには永く居すぎた。
そう、いつかは追い出される。
出ていかなければならない。
だがその前に、
追い出されるそのまだ少し前の今のうちに、
自分から出て行こう。
今旅立てば、
もう二度と戻っては来られない。
ここに留まってさえいれば、
毎日の糧に困ることはない。
少しく厭なこと、辛いこともある。
例え耐えきれなくなっても、
首を引っ込め、強い風が吹き抜けるのを待ちさえすれば、
まだまだ留まっていられる。
この地を旅立てば、
いつまた安住の地に辿り着けるのか分からない。
辿り着くことが出来るかどうかさえ。

それでも、今旅立たなければ、
旅を始める力も、続ける気力も残ってないだろう。
だから、
僕は今旅立つ。
旅立つことにした。
例え彷徨い、野垂れ死ぬことになろうとも、
このまま飼われ続けた末、
放り出されるまで、立ち止まり続けたくはない。
歩き始める力、歩き続けるその力が
まだ残っている今のうちに。

まあ、なんとかなるさ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本で一番高いところから撮った瑞雲

2011-09-09 03:57:53 | ひとりごと


日本で一番高いところ(一般人が普通にいける)というのは、
富士山頂の測候所の展望台(?)です。
そこから見た雲の中に虹みたいなのものがありました。
雲自体も龍の様に見えて、
思わずシャッターを何度も切りました。

7月に富士山に登ってきました。
ご来光目当てではなく、昼間にゆっくり登ったので、
山頂ではお鉢めぐりも出来るくらい時間の余裕がありました。

ずいぶん長い間放っておいたブログですが、
またのんびり再開します。





コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

北京の夜 3 北京の地下鉄

2010-08-24 22:42:48 | 旅行記《内モンゴル》
北京市内の移動は地下鉄が便利だ。
空港線を除けば、どこからどこまで乗っても
一律2元=約25円強。安い。
本数も中心を走る1号線、2号線は次から次とくる。
他の路線もちょっと待てばすぐやってくる。
(もっとも時刻表なんてホームに見当たらないんだが。)
だが。
そのどれもがほぼ満員。
どんだけ人が多いんだ。
平日の金曜の昼間だよ。
乗車ルールを守らないとか以前の問題。
しかもその混雑の中で、
携帯で大声で喋るのなんて当たり前。
電車内で繋がるのもすごいんだろうが、
訳のわからん言葉でわめいてるのはホント迷惑。
まあ言葉がわかってないのは私だけなんだろうが。

地下鉄の駅に入るまでに、
荷物は空港の手荷物検査場にあるのと同じような機械を通し、
係員が簡単な目視によるボディチェックを行う。
改めて、日本って安全な国なんだなぁと思う。
まあ先進国は大概そうなんだろうけど。
一応切符の自動販売機もあるけど、
コインこそ大丈夫だけど、紙幣はまず読み取ってくれない。
代わりに近くに駅員(らしき人)が
大きく開いたかばんを首からぶら下げて立っている。
一元札を二枚渡すと、地下鉄の入場カードをくれる。
そう、ホテルのキーもそうだが、
今の北京はやたらと非接触型のカードが流行みたいだ。
地下鉄の切符も非接触型のカード。
そのカードを買うのがアナログすぎるけど。

ホテル最寄の駅から天安門近くの駅まではほんの5駅ほど。
冷房はかかっているが、人の熱気に明らかに負けている電車を降り、
よくニュースで見かける(?)、あの有名な天安門広場へ。

ここで、私は人ごみに流されて、ちょっとした間違いを犯した。
まあ間違いというほどのこともないんだが。

地下鉄の路線を挟んで、南北に天安門広場はある。
天安門自体は北側にあるのだが、
例の天安門事件が起こったり、
市民が朝夕太極拳などをしたりしてまったりと和んでる?と聞く
大きな広場自体は、南側にある…と後で知った。
私は人並みに押されるまま、
北側の天安門をくぐり抜け、
さらに北に北に進んでしまった。
そういえば、
上海万博の入場者数を危ぶんだ政府が、
中国全土の主に地方に号令し、
動員をかけたとか。
おかげで地方からどっと人が上海を中心に、
中国各地の観光地に押し寄せてると聞く。
その余波なのか、それとも以前からそうなのか。
人が多い。
やたら多い。
私と同じような顔をした東洋人の、
でも全く違う言葉を話す観光客たちが。









コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

北京の夜 2

2010-08-21 22:48:57 | 旅行記《内モンゴル》
ホテルで一番最初に驚いたのは、
エレベーター内でも部屋のカードキーが必要ってこと。
部屋は11階だったけど、
カードキーを当てないと、
11Fのボタンが押せない、
押しても反応しない。
これを教えてくれたのは、
荷物を運んでくれたボーイではなく、
たまたま乗り合わせた他の宿泊客。
というか、荷物を運ぶ(運ばせる)気配もないフロントとベルボーイ。
転がせるタイプとはいえ、結構大きな荷物だったのに。
部屋まで案内するどころか、
エレベータの場所さえ教えてもらってない。
いや、なんか中国語で喋ってたかな、フロントのお姉さん。
だから当初考えてたコンシェルジェで
夜のカンフーショーのチケットを手配してもらうのは諦めた。
そんなホスピタリティ期待できそうになかったから。

というわけで、
ちょっと小休止したのち、
地下鉄で行ける観光地へ行くことにする。
地下鉄の駅が近いこともこのホテルの売りだし。
となると、
やっぱり、天安門広場でしょう、
北京といえば。
時間は午後3時、ちょっと中途半端だけど、
ゆっくり見学して晩飯でもどこかで食べて
帰ってくればちょうどいいんじゃない。



昔、北京も秋も出てこない、
「北京の秋」という小説があったけど、
このブログも北京にこそ着いたけど、
まだまだ夜には至ってません。
ましてやモンゴルには…。
まあ、毎日ぼちぼちと…。

写真はホテル室内の備品。
さすが、四つ星ホテル、と思いきや、有料。
お茶の葉一缶6元=85円くらい。
まあ日本で考えたら安いんだけど。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加