玄徳道

道を語るブログです。






龍宮水火土伝授日之出世開きΘ三六九神示24

2017-11-20 23:55:27 | 神示道
世界大相撲の始まりであるぞよ。

世界の御偉方土俵に上りて相撲を取るぞよ。善の役 悪の役、虎視眈々の面々、お役に立たせて世の立て替え立て直しの経綸が進めてあるぞよ。

真(まこと)の善悪は、人民には判らぬが、世界の御偉方が、華やかな土俵入りや相撲を取れるのは、名も無き庶民の築きた、土俵あっての事であるぞ。

御偉方だけでは、相撲も取れぬ芝居も打てぬのであるぞ。御偉方の自在にされて居る人民であるが、土俵や舞台を築いて居るのは人民である事の自覚や責任を持たねばならぬぞ。


この酉(とり)の年、大節を越え、日本も世界も大きな切替の流れであるぞよ。

この日本は、弥生時代以来、三千年、生殺与奪の権力自在の世となりたが、これも穴倉暮らしが何時までも続いては、地上の天国は成らぬから、物質文明を隆盛させる為の図りもあり、厳しい世の元からの神々は、裏に隠れ、我欲の強い肉体を持った人間に現の世を任せ、したいほうだいさせたのであるぞ。それによりて、宗教思想の思凝霊が生じたものであるぞ。

これまでの三千年は、遊んだり、ケンカをしたりしておれば良い、幼稚園でありたぞよ。
されど、今の世は、人知人学、弥益(いやま)して、まかり間違えば、人類滅亡ともなる、核兵器や原発が出来、人類はもう、遊んでばかりおれず、幼稚園から、一歩成長し、表は天国のように見えても、如何に恐ろしい世になっておるかに氣ずき、世界の行く末を真剣に考えねばならぬ時となったのであるぞ。

争い奪いあいを重ね、金力武力のある者が、権力を得て世界を自在にする、強い者勝ちの世となりたのであるぞ。

貧しくとも、皆が恵みを分け合い、助け合い、輪となりてくらしておりた、縄文の時代が懐かしいぞよ。

もう縄文の時代に後がえりする事は出来ぬが…共に助け合い 和 を尊ぶ縄文の精神を取りもどさねば、利己主義(われよし)の流れのまま、世が進めば、百鬼昼行、狂人、巷に満つ世となると申してあるぞよ。


天之御中なる十文字の真中に立つ、白山菊理比咩の神、御現れの大事なる事、度々記してきたが、大霊界大宇宙に遍満する生命の氣の源の神は、大元、豊宇氣(とようけ)の神であり、その豊かな宇宙の氣が、日月星辰、この地球の万物の姿と現れるのであるが、日月地を始め、宇宙の満天の星、また、地球の万物の均衡調和を司りておるのが、菊理(九九理)比咩の神であり、菊理比咩の神は、総てが和と治まることを願いておるが、余りにも、人民の勝手気ままが過ぎると、堪忍袋の緒を切りて、大いなる分裂破壊の神力を発する事も出来る神であるぞ。

天(海)の御中主の神の御現れであるぞよ。

今日まで、菊理比咩の神は陰からの守護であり、元津神霊(もとつみたま)は、未だ裏にあるが…分裂に向かう世を救う為、段々と因縁の御魂の神民を現して括りの神業を進めてまいるぞよ。

神山霊地を結ぶ、光の道、奇路(くしろ・神線)を司る神でもあるぞよ。

瀬織津比売の神。丹生都比売の神とも縁(ゆか)りは、深く世界の浄化を計るぞよ。

日本だけが神国で無く、世界中、皆神国であるが、外国は思凝霊(しこりがみ)の宗教に自在にされ、宗教の違いで戦争もいたし、世の元の神は封じられて居るぞよ。

この日本とて今は、宗教思想の思凝霊によりて、裏は塗り固められ、日本か外国か判らぬような国になりておるが、裏には、縄文以来の世の元の神が今も坐し、太占奇路(ふとまにくしろ)の神線(神仙)を通して、守りてある結構な国であるぞよ。

その結構な有り難い国である事を、うち忘れ、何でも外国の方が優れ、良いように思い、外国かぶれいたして居る日本人であるが、水清く、四季のめぐりも豊かなる、この国の尊き、有り難きをしっかりと、かみしめ、ぐるりと海で囲まれ、龍宮の守りあること、常に忘れず、これまでも封じられながらも、陰から日本を守護して来た世の元からの神々を御出(おだ)しいたし、感謝なさねばならぬぞよ。

今世界の国々は、国境を定め、鉄条網や塀を作って国を守らんとする国もあるぞ。

大昔は、国と国との隔てなど無く、世界中の人民は、自在に交流いたしておりたが、利己主義の欲望の為、争いを生み、国盗り合戦の始まりとなり、その末、国境を定めたのであるが、神界の太占奇路(神線)は国境など無く世界中に延びて、神山霊地を結びて居るのであり、その発信の要が、この日本であるぞ。

今、その神線は、封じられて居る所が多いが、この岩戸が開ける時には、世界は、万教の形を残しながら、一つの宗教と治まらず、各国々も、国魂の特性をのこしながら、世界一家となる日も来るのであるぞ。

万教を越えて大元の神は坐し、国境を越えて地球は在るのであるぞ。

是は総てを括り結ぶ、菊理比咩の神の神業によりて成るのであり、夢のような話しであるが、年月をかけてそうなさねば、愚かな人間共の争いにより、地球は亡びる事ともなるのじゃぞ。

人の身は神の分霊の直霊の生宮であり、守護神、守護霊も付けて守りてあるが、自我強き人間は、その事を忘れ、我欲(思凝)のおもむくまま道を外れてしまうのじゃ…心鎮めて祈りを重ね、真(まこと)、我が魂の声を聞けば、神の言う事も判るはず、今今今を大切に、己が使命の果たしの為に活きるのじゃ、神に生かされておると言いながら、身魂磨きのために、誰にも悩みや苦労はある。
それに打ち勝つ、勇気と努力の積み重ねで、魂の勢いや力が増し、生かされてある、喜びも判るのであるぞ…。

さてもさても世界の大芝居、大相撲の始まり、日本も大きな役目を果たさねばならぬぞ。

決して内から国を亡ぼすような道を歩んでくれるなよ……不戦の誓い末代忘れてはならぬぞよ。

日本がその道貫き通す事が世界平和の要であるぞよ。

言霊神也 ン

平成二十九年十一月九日

天橋道士龍華斎 修聖拝写。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

六甲山、女神への道。

2017-10-21 19:19:56 | 神業道

甲山 六甲の山 神の山 降りた神示を 受けて立たなん。



廣田神社は、兵庫県西宮市にある神社であり、六甲山とその周辺一体は古くから、廣田神社の神領でありました。


甲山はかつて、かん(神)の山と呼ばれ、廣田神社の神奈備山でもあります。

廣田神社の周辺には、目神山(女神山)があり、現在は住宅地化され、見る影も無いが多くの磐座が現存されます。

廣田神社の祭神は、天照大神の荒御魂とされ、別名は、橦賢木厳之御魂天疎向津媛(つきさかきいつのみたまあまさかるむかつひめ)の神。さらに、突っ込めば、大本神喩に出てくる竜宮の乙姫であり、祓い戸の神と封じられたら、瀬織津媛の神でございます。



同じ西宮市に越木岩神社があり、その磐座甑岩には、白山の菊理姫の神が白龍神として顕現されておられます。
貴船社には瀬織津媛、そして、上津磐座には若日女命がおられます。

六甲山には、石の宝殿、六甲山神社があります。中世以降、白山菊理姫の神を祭っております。
白山観音様。
この六甲山神社を行き止まりの標札を下り白山不動尊の旗をかなり降りると白山不動尊を祭る白山不動水があります。


白山不動尊の旗の方に下らず、行き止まりを突き進めば、磐座と出逢えます。以前に、六甲山神社の宮司らしき人に、磐座の位置を聞きましたら、この辺に磐座は無いとおっしゃっておりましたが、実はあります。最近のスピ、パワースポットブームにより、あつかましい人が増えた影響かも知れませんが、神に仕える者が嘘の言葉を発しては成りません。

この磐座は、剣座ほど氣を発してはおりませんが、くくり姫の神が時おり、鎮座される様であります。


六甲比売神社。すぐ後ろに磐座があり、足場を組み、瀬織津姫の神様好きの方が無理して苦労されて造営された、神社の感じがいたします。

近くには、インド人の法道仙人が、毘沙門天を感得したとされる、雲ヶ岩があります。

そして法道仙人開基の吉祥院多聞寺の奥の院があり、雲ヶ岩、心経岩、六甲比売の磐座群を含んでおられるようです。


そして、これが六甲比売の磐座、瀬織津媛の神の磐座でございます。

壮大な気宇と、優しき厳しき水の流れの様な磐座であります。

六甲山は、神界と神仙界の働きがあります。神界は、地球と世の安寧と清浄への回復への道を示し、神仙界は、自然界と人体への調和、そして、使命ある御魂を導かれる働きをされておられます。

そして、六甲山には三女神の働きがあるのです。

全てを祓い、機(はた)を織る、瀬織津媛。

全てをくくり、御魂を結ぶ、菊理姫。

止めに、織り括られた生地に絵を画くは丹生姫こと、稚日霊女命(ワカヒルメノミコト)。

六甲山の麓、生田神社の祭神でございます。



昔は禿山であった六甲山、神界あり、神仙界ある妙山。

されどそこには、かつて六甲王朝があったのかも知れない。

カタカムな。不思議な磐岩表れて導き賜うは、漂える、蛭子なるかな迷うかな、住吉老人愛でたきに穴内道を探されて、ツマルところを瀬織津の水の速さに流されて、流され留まる、菊の華 菊の弦(つる)にくくられて、止める処は、和歌姫の言の霊の、鳴り響くは天地の、海のそこまでも、キキシニまさる、竜宮の、亀もいよいよ陸上がり、六甲の甲羅と鳴り給い、ほくほく、日くらの地に、日の出の神が降り立つぞ、ああ、カムながら、かむながらかたかむな。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

竜宮水火土(しほつち)伝授日之出世開きΘ三六九神示23

2017-10-19 05:00:02 | 神示道
去(いた)し十月四日(旧八月十五日)の籠神社、観月祭は、真に大事な祭りでありたぞよ。日向の高千穂の夜神楽も括(まね)き奉納いたしたが、日向とは、日に向かう、向津(むかつ)の意であり、天照国照神の対偶神、橦賢木厳之御魂天疎向津媛命(つきさかきいつのみたまあまさかるむかつひめのみこと)の治(しら)す国でありたぞよ。

向津媛は瀬織津比売とも称し、水氣の神であり、滞津速川(たぎつはやかわ)の水の流れで現の世の諸々の罪穢れを大海原に持ち出でて、祓い浄める祓戸の神の筆頭であり、大海の龍宮乙姫とも現れるぞよ。

大海系の流れを司る宗像神と同体であり、住吉の神とも深い関わりがあるのじゃぞ。
その時々のはたらきで名は変われども、撞賢木厳之御魂天疎向津媛の神、御現れの時となり、十月四日満月の夜、籠宮に天照国照神と並び出でます、大事日でありたぞよ。

日の出の神と龍宮の乙姫、連れそうて世の立て直しに働くと申してある事と同じ理であるぞよ。

向津媛の神は、これまで封じられて居りたから、龍宮の名で働きておりたぞよ。
天照国照神とは、原始(もとはじ)めの日輪の神であり、その対偶の神が撞賢木厳之御魂天疎向津媛神であり、月神とも現れるぞよ。

天照国照の神は、人格神として彦火明命(ひこほあかりのみこと)と生(あ)れ、向津媛は、宗像の市杵島媛命とも現れるのであるぞ。

日月の元、始めの神がそろいて守護なせる世となりたのであるぞ。思凝霊(しこりがみ)が宗教思想で塗り固めた世を一度に立て替える事は仲々むずかしいが、世の元からの神々が、因縁の御魂の神民に憑(かか)りて、世を掻きまぜ掻きまで、次第に強い者勝ちの今の世を、切り崩して誠の通る世といたすぞよ。

この酉の年は大きな切り替え、改革の始まる年であるから、○○殿には、六甲の神界が後押しをいたして、この度の選挙では、これまでにない渦を巻かせてあるぞよ。

荒事無ければ、新事な起こらぬと申してあるが、三千年この方の体主霊従(からたま)の世を霊主体従(ひのもと)の元の道に立て直すのは、仲々至難であり大望の事であれど、それを為せねば、地球も人類も滅びてしまうから、神界の指図通り動いてくれる御魂の者が目醒めたら、その者等を使いて一つ一つと、世を立て直し、神理に適いた世に、何年かかりても改めてまいるぞよ。

世の始めからの約束で人民に任せてある現の世であるから、神が、くどく申しても人民の改心がならねば、神意も実らぬから苦心いたすところであるが、必ず実らせてまいるぞよ。

神戸の六甲の山とは、元は向津峰(むかつみね)と申し、天疎向津媛(あまさかるむかつひめ)の神の鎮まる山であり、向津が武庫となり、近世から六甲の字をあてたのであるぞ。

瀬織津比売と白(もう)す、天疎向津媛の神は水氣の神であり、清廉潔白、不正は許さぬ厳しき神であるから、その昔、時の体制から封じられ祓戸の神の一柱とされたのであるが、時節まいりて、表に現れて神意にそれぬ間違いは、厳しく立て分けてまいるから、これまで、我が天下と自在に世を構いて来た思凝霊(しこりがみ)が、これまで通りに、権力金力で立ち向かいて来ても、そんな事には負けず、不正を正してまいるから、強い者勝ちの、今の体制も足下(あしもと)から崩れてくるぞよ。

厳しくも誠の者には、有り難き瀬織津比売の神であり、縄文時代、北の蝦夷も、南の熊疎も隼人も、西の新羅も、日本中の人民、特に海人族が信奉して来た神であるぞよ。
神示では、大海の竜宮乙姫と申してありたぞよ。


扨て、天照国照日の神と橦賢木の月の神、日月火水括り結ぶのが白山菊理比咩の神であり、世の元からの神々の恵みで、縄文時代は皆、平穏に楽しく暮らしておりたのであるぞ。

日本人の因縁(遺伝子)の因はここにあるぞよ。
いろんな神の名が出てややこしいと思うであろうが…その元は、現の世一切を司る国常立之大神の図りであり、動植物でも科は同じでも…姿形も名も変わる如く、日の神、月の神も、時とところで名を変へ品を変え、変代(へぐれ)つつ、何とかして、この地球や人類を守りたいの一心であるから、この事は、忘れずに歩みてくれよ。

肉の身は祖先より受け継ぎ、神の分霊(わけみたま)を授かりて、人(霊止)と現の世に生まれたからは、誠を持ちて御魂の使命の果たしに勤め、親神の元え帰れるかどうかが人生の大事であるから…神に生かされておる事に感謝せよと申しても、それぞれ背負う因縁の果たしや、浄化の為、誰も思うようにならぬ苦労があり、一節一節越えてゆく、勇気と努力のいるのが、人生の修業であるから。

様々な苦労に負ける事なく、希望の光りで、道を照らし、辛くとも悲しくとも生き通さねばならぬのであるぞ。…

月日の神が図りて時の流れを作り、人の身は、時の流れに船を浮かべて下る如しで、時々に身の囲(まわ)りの景色は変われども、それに迷う事無く、舵取り竿差ししたがう事無く、人生を全うなすのであるぞ。

偉い人になったり、金持ちになる事だけが人生でなく、貧しくとも、身を病むとも、魂の親神を信じ、如何に一所懸命、真面目に生きたかが、神の見るところであるぞ。

卑下もじゃが、驕り高ぶりの慢心こそ、最も慎むべき事であるぞ。

撞賢木厳之御魂天疎向津媛の神、目を光らせる世となりたから、誠の者には結構であるが、どんな偉い者でも、利己主義(われよし)は、許さぬ厳しき世とめぐりたのであるぞ。

この度、籠神社の、始めての観月の夜祭りが、日月そろいて世界の守護をいたす、新しき幕開けとなりたぞよ。

朝に日の出を拝み、夕べに月を拝み、日々大切に活きてゆけと記すぞよ。

言霊神也



日月瑞色新

平成二十九年十月十日 

天橋道士龍華斎 修聖拝写
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

貴船山、貴船大神への道

2017-10-15 20:35:05 | 神業道
京都の叡山電鉄、貴船口を降りると川のセせラギが聞こえます。此処は磐笛の宝庫貴船川。
貴船口を登って行くと、貴船神社がございます。

貴船の神は、私には龍神と感じます。綺麗な川の水の流れがある以上、瀬織津姫の神の流れであるのでしょうか。

貴船神社をさらにすすむと、磐長姫命の結社がございます。

さらにすすむと、奥宮。

貴船神社は、何故か、女性の方が多く参拝される傾向がございます。
縁結びの神様がおられるのでしょうか。パワースポットとスピリチュアルによる影響なのでしょうか。
しかし、私は、神は決して人の願いを叶える為に存在するに非ずと考えております。
そして、真なる神と出会いたいのであれば、先ず、自己の内なる神を覚神、確信せねばなりません。神に通じるは、あくまでも神のみ。自己の御魂を悟らずして、外の神と繋がれるわけは無いのです。

神とは宇宙世界の運行と生命の働きでございます。人間の思考の願望に即する働きはございません。
逆に声無き、神の御心を覚り、神の切望される生き方をすることが大切でございます。

奥宮を更にすすむと、貴船山の眷族神が坐す磐座があります。
貴船山へ向かいます。貴船山には私のみが祭る磐座があり、ここには玄天の龍がおられるからです。

貴船山って初心者の登山道って書いてある案内を見たことがありますが、この奥宮からの登山道は渓流沿いにあり、割と危険な所があります。ロープが張ってあり、落ちたら大袈裟してしまいます。足元に気をつけねばなりません。




貴船の滝。


登山道が渓流沿いに有るために、多くの石と倒木があり、割としんどいです。夏は虫が沢山湧いておりますし。



しかし、此処を抜ければ、あとはハイキングコースの登山道でございます。

滝谷峠から八百メートル付近にて、唯一の磐座があります。ここにて、磐笛祝詞神咒、経を奏上いたします。



賜った磐笛達に、貴船大神より清めと神気を淹れていただきます。


ここから、二の瀬に降りれるのですが
鞍馬山に登りたいので引き返し、貴船から鞍馬山へ登ります。

鞍馬山は登山道がかなり整備されており、小さい子からお年寄りまで、楽に登れます。


蒼き閃光の神魔王尊の磐座群。


貴船大神は玄天の龍であり、瀬織津姫の神の流れであり、鞍馬の魔王尊とは、陰と陽、水と火の御働きを為すのであると考えます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

龍宮水火土伝授日の出世開きΘ三六九神示22

2017-09-21 00:32:15 | 神示道
九九理(くくり)の日を明日にひかえ、九月八日(平成二十九年)の神示(つたえ)であるぞ。

三十八度線(北緯)は、立替の線であるぞ。三十八度線は朝鮮半島の北朝鮮と韓国の境を通り、トルコやアラブへ延びておるぞ。

朝鮮半島は今、北と南に分かれておるが、朝鮮半島には世界の型を見せると前から申してありたぞよ。
その昔は、大陸と日本との大事な掛橋(かけはし)でありたが、今は三十八度線で、北朝鮮、韓国と分断されておるが、その北と南が元の如く一つになる時、世界恒久平和(みろくのよ)の始めとなると申してあるぞよ。

今、北朝鮮は立替(破壊)の悲しい役目を受け持ちて、ミサイルを撃ったり、水爆の実験を繰り返し荒振りを続け、世界の大国から、様々の制裁を受けて、人民は困窮いたして居るぞよ。

何度も申してあるが、朝鮮を分断いたしたのは、アメリカ(資本主義)ソ連(共産主義)の介入であり、北朝鮮に核は持つな、ミサイルは撃つなと制裁を加え、押さえつけておるが、我が身は、核兵器やミサイルを山ほど持ち、この日本も核の傘下で甘えてアメリカの言うなりになり、北朝鮮に制裁を加えておるが、もし、北朝鮮がミサイルや核実験を止めたとて一時押さえの安全でありて、核兵器や原発を持つ国がそれを放棄するところまで、まいらぬと世界は安全になったとは申せぬのであるぞ。

世界の国々が核兵器や原発を止めにして、人類が末永く存続をする道を開くまで、何ほど制裁をいたしても北朝鮮は荒振りはやめぬぞよ。
三千年の強い者勝ちの流れを打ち壊す役目がある故であり、イスラム国とて同じ事であるぞ。

北朝鮮の問題には、アメリカ、ロシア、中国、日本とからみて、それぞれ虎視眈々たる、思いが浮かび上がっておるであろうがな…体主霊従(からたま)の思凝霊(しこりがみ)や金権主義の金毛九尾が牛耳る世は、たやすく変わらず、世界の人類が身にしみるまで、荒れに荒れ、その上に、龍神界が風水火地の浄めをいたすから、厳しき世の流れとなるぞよ。

三十八度線は佐渡島から東北へ通りておるが、金北山の仕組は、立替の厳しい嵐の中、神国日本を守らむ為であり、それ故、山頂にレーダー基地もおいてあるぞよ。

三十八度線は、世の立替の線と申したが、この年夏至の日、神業をさせた一三五度(東経)線が世の立て直しの線であり、この日本の明石から、丹後の網野へと通りており、新しき世の新生の氣が立つところと申してあるぞよ。

一三五(ひさご•瓠•瓢)の国である丹後の男島女島や、天橋立真名井原の御地場の大事さをまず、日本人民が覚り、女島(沓島)より出で給いし艮の金神(国常立尊)が丹波綾部の出口直殿の手をかりて記した御筆先の立替立て直しの神意を覚り、神を下敷きにした体主霊従(からたま)の強い者勝ちの世を立替る為、荒れに荒る世界に、この日本が中道に立ち、大和(大活)の神意を帯(たい)して、世界共存共生の立て直しの道を押し進めねばならぬのであり、それが日本の神命であるぞよ。

九分九厘は、外国の自在になりても、後はゆずられぬ、一厘はこの日本への神の神命であるぞよ。

ぬけがらの○(輪)の中に狂わぬ • (目)を入れるのじゃ、また、身欲や自我にとらわれて、神授の御魂のある事を忘れておりた人民に、はっと、御魂の目を開かせ、元の神民に立ち返り、世の立て直しに尽くさせる事であるぞよ。…良く良くこの事、心いたして、それぞれ神理(真理)を見る目を開かねばならぬぞよ。

神業と申すのは…只、神事に奉仕する事だけで無く、政治、経済、教育、科学、医学、農業、工業、商業、芸術、あらゆる分野、皆大事な神業でありて、只、金儲けや、食うて行くだけの営みで無く、それぞれの使命の果たしに誠を尽くす、入魂の営みも大事な世の立て直しの道である。

北朝鮮は、ミサイルや水爆の成功を表では喜んで居れど、人民を犠牲にして世の立替(破壊)の五用(ごよう)をなさねばならぬ悲しく辛い役目であるが、この日本は、世界を大和(話•輪)と括り結び、恒久平和の道を開く立て直しの有り難い役目を受け持った国である事を国の頭(かしら)から人民一人一人が覚り、目先の損得に振り回されるような腑抜けの精神を一日も早く改めよと、申すのであるぞ。

神武の岩戸閉め以来、強い者勝ちの世となり、昭和二十年の敗戦で岩戸が開け、神も人も自由に、ものが言える世となりたが、ながらく、御上(おかみ)
の言う通りになりておりた人民は、何が真(まこと)の道か戸惑いて、皆、好き放題の利己主義(われよし)なりてしまいた今日であるが、今こそ御魂の目を開き、世界平和の要とならねばならぬ、日本の神命の果たしの為に、それぞれの立場で誠を尽くし、この日本の国から、真実(まこと)に清く安全な平和な国の鑑(かがみ)を世界に見せてまいらねばならぬのであるぞ。

人類を皆助けてやりたいのが神の念願…されど、それは、人に任せてある、この世であるから…人民の改心がいる…人類を如何に改心させるか、神界の苦心あるところを覚りてくれよと記しておくぞよ。


迦具土(火)は 地球マグマの御現れなり その源は 太陽にあり。

天照や 国照神と 現らわれて 世の闇晴らす 日の出大神。

日の出神 守護なす世となり 諸々の 罪や穢れを 浮かび上がらむ。

罪穢れ 洗い流さむ 瀬織津の 神の浄めは 激しくならむ。

火と水を からめて浄む この地球 日月地(みろく・火水土)の御世を 松の橋立。

言霊神也   ン


平成二十九年九月八日 

天橋道士 龍華斎 修聖拝写。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加