はっ茶目豚子🐷子❗💗蘇った編 

1月半ば突然ブログ消えて、あわてふためいて退会する
そのあと、ようやく復帰できた ブログはある意味心の支えだ
 

不可解な主人の妙な庇い方

2017-03-30 07:52:31 | まあええ主人やで
主人も長男も不可解

1ヶ月前 長男が引っ越した

長男の引っ越し前の家の状況を 末っ子が写メしてた

通常では 考えられない汚さ

退去1日前のこの状況では 
不本意でも 不動産会社も 産廃業者等を紹介するしかない

主人も長男も 『まあ こんなこともあるわ』
👊😡⚡2人して馬鹿か

主人『お金出して 片付けしてもらうこともあるやろ』
この言葉に 私は怒りまくった😡⚡✖👊😡⚡

👱『1ヶ月前 長男本人が退去しますと申したてておいて
  退去寸前まで 退去できない状況はおかしい
  退去寸前まで 引っ越しできるのかと
  不動産のスタッフを右往左往させておいて
  まあ こんなこともあるわとは 何ていいぐさや』 

各階に(3階建て)に トイレがある
ある時から 子供達が 部屋(3階)のトイレを使わなくなった
それが気になって 主人は3階へ 3階のおトイレみた瞬間 
(おおげさでなく)違う世界を見てる気分だったと聞いた

便器の藻が進化して 飛び出してるの見たのが 
主人が 前の結婚の離婚決意した瞬間だった
(考えられないない環境にいてた主人の元家族達だ)


【誰しも不得手なことはあるが これは度が過ぎてる】

主人も長男も そういう元家族の一員だったせいなのか
掃除 片付けの美的感覚的0に近い

賃貸は 退去はきれいにゴミを捨てて 掃除するのが
まあ 一般常識でしょう

主人や長男の この退去に関しての顛末の考え方
      私には不可解だらけだった
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私の長男 今年 37回忌 ... | トップ | 続くが 主人の妙な言い方 »

あわせて読む