gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

東大寺

2017-05-13 01:37:54 | 日記

                                                東大寺  東大寺金堂 (東大寺と呼ばれていますが、正式名は東大寺金堂)

                                                                     〶 630-8211 奈良県奈良市雑司町 406-1

                                                                     ☎ 0742-22-5511

                              2017.05.08 撮影   2017.05.13 投稿

                              東大寺金堂

                                      

                                     東大寺金堂

                            聖武天皇の発願による盧舎那仏(大仏)の鋳造が終わった後に建設が開始され、758年(天平宝字2年)に完成した。

                                                         1180年(治承4年)には平重衡の兵火によって、1567年(永禄10年)には松永久秀の兵火によって焼失したが、その

                                                          都度再建されている。

                                                         現在の大仏殿は1709年(宝永6年)に落慶した建物で、幅57.5m、奥行き50.5m、棟までの高さ49.1m

 

                             奈良の大仏さんと呼ばれていますが、正式名は 銅造虚舎那仏坐像 と言います

                                      

                             中門  この門を抜けると、東大寺金堂に入ります。

                                      

                                     南大門 (国宝) 

                                                      天平創建時の門は平安時代に大風で倒壊した。現在の門は鎌倉時代、東大寺を復興した重源上人(ちょうげんしょうにん)

                                                       が再建したもので、今はない鎌倉再建の大仏殿の威容を偲ばせる貴重な遺構である。正治元年(1199)に上棟し、建仁3年

                                                       (1203)には門内に安置する仁王像とともに竣工した。入母屋造、五間三戸二重門で、ただ下層は天井がなく腰屋根構造と

                                                        なっている。また屋根裏まで達する大円柱18本は、21mにも及び、門の高さは基壇上25.46mもある。大仏殿にふさわしい

                                                        わが国最大の山門である。

                                                        仁王像二体は、昭和63年から5年間にわたって全面解体修理が行われ、天平創建期から向かい会って立っていたことや、

                                                        山口県で伐採された木材が、約1年程で搬送され、古文書の記述通り、ほぼ70日間で二体同時進行で、造像されたことも証明

                                                        された。                           

                                      

            

                    南大門の左右にある象です。

、                   廣日天 (こうもくてん)                             多聞天

                           

                                    

                                       

                              虚空蔵菩薩

                                       

                                       

                              かがみが池

                                     

                                       

                                        定かではないが、この大柱の穴を通り抜けると、健やかで健康な人に育つと言ったかな?

                                        

                                        

                                        

                                                             東大寺金堂を右方向より撮影

                             

                             東大寺金堂をま裏より撮影、丁度【鹿】がおり、ラッキーな一枚となった。

                             

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蓮華寺池公園のフジの花 | トップ | 焼肉食べて一休み »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。