gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

熱海 起雲閣

2017-05-02 15:57:31 | 日記

                                        大正・昭和の浪漫溢れる名邸  熱海 起雲閣

                                         時を止めた美の中へ

                                                  熱海を愛した文豪達のこよなく愛した宿

                                                                            〶 413-0022 静岡県熱海市昭和町 4-2

                                                                            ☎ 0557-86-3101

                           2017.05.02 撮影

                                              

 

                          麒麟の間を外より見る

                          

                          玄関を入ると、2階建の【麒麟】の間が目に入る、室内は紺色の壁に掛け軸が飾ってあった。

                          

                          

                          麒麟の間の二階へたどり着いたところ

                          

                          麒麟の間の一階外壁

                          

                          季節がらか?五月人形あ飾ってあった。

                                                      

                          画像左(屋根の三角の場所)が【王妃の間】【右が王渓の間】

                                                    

                         王姫の間

                          根津喜一郎により1932年(昭和7)に建てられた洋館。二本の神社・寺建築的特徴や中国的装飾。アールデコが彩【王姫】と

                          中世英国のチューダー様式を用い”床の間”的な空間やサンスリット語の装飾をあしらった。

                                                    

                                                   

                          この、王姫の間の天井から下の壁に以降する場所が丸味を帯びて作られているのがお解りでしょうか?これは

                                                       【おりあげ】と言って、特に有名な神社などに使われる技法です。

                                                     

                           玉渓の間 (りょうけい)

                           1931年(昭和9)着工、良く1932年(昭和7)に完成したこの建物は、【サンルーム】、これに続く玉姫そして主室となる

                           玉渓の三つの部屋からなっています。ステンドグラスの天井TPタイルの床が印象的なサンルームは”アールデコ”のデザ

                           インを基調としています。天井とともに屋根もガラスで葺かれていて、これらは、鉄骨によって支えられています。天井と高窓

                           の間に施された唐草模様の装飾は石膏を刻んだものです。

                                                    

                                                     

                                                    

                              【ステンドグラスの天井】

                                                     

                               【ステンドグラス】

                                                              

                          金剛

                            1925年(昭和4)根津喜一郎により建てらえた洋館だは格式高い迎賓の雰囲気があふれる”金剛”がかつての繁栄を今に伝えて

                            います。

                                                     

                                                     

                           ローマ風呂

                            甘味な趣味を趣をたたえる。 ”ローマ風呂浴室” ではかつて船橋聖一が孔雀で執筆し溝口健二郎が監督した。

                                                                                    

                            孔雀

                                                     

                                                    

                           春風の間

                                                    

                           坪内逍遥がこよなく愛した常間

                                                    

                                                    

                          

                                                    

                                                     

                          飾窓

                          

                                                     

                                                    

                                                    

                              庭園がとても綺麗で新緑が目にまぶしかったよ!

                                                 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京・根津神社 | トップ | つつじが岡公園 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。