プラス・マイナスエネルギー研究所ブログ

お問合せ:TEL&FAX098-930-6945 仲本 兼勇

心の自由の勘違い

2017年05月19日 | 日記
神は、私たち人間に自由と云う心を与え、人間性を試しているのです。

人間の自由には、色々な自由があります。

言論の自由、行動の自由、権力の自由等々、沢山の自由があります。

しかし、他人に迷惑になる事は、自由であっても許される事ではありません。

なぜなら、全ての人は皆平等なのです。

心の自由を勘違いして、だから何をしても勝手じゃないか、何を言っても勝手じゃないかと自由気ままに言動や行動をしている人間が多い事も、また、事実です。

例えば、力関係で強い人と弱い人がいます。

男性と女性では、どうしても女性は力関係では劣ります。

あるいは、仕事上での上下関係、又は、学問の道でも政治の道でも上下関係はあります。

上の人間が下の人間に力で圧力を掛けたり、暴言を吐いたり、心を傷つける事は、神の法では許される事ではありません。

この様な事をしますと、心の中に邪気波動を造り魂全体を邪気の波動で覆うことになります。

もし、その様な事になりますと、人間の肉体はいつか必ず消滅をし、魂だけの世界へと行く事になります。

その時に、魂に邪気波動が少しでもありますと、邪気波動は邪気波動同士が同調しますので、邪気界へと行き、真っ暗闇の世界での修行となるのです。

正気の明るく気持ちの良い天国の世界へ行くのが良いのか、地獄の真っ暗闇での修行が良いのか、これもまた自由と云う事です。





戦争はなぜ起きるのか

私たちの人間社会では、いつの時代でも人間対人間の戦いや争いは起きています。

心の自由の勘違いは、権力の争いへと繋がっていくのです。

個人対個人の争いならともかく、国対国の戦争に発展しますと、大勢の人間が大切な命を失うことになります。

直接命を奪われた戦死者以外に、戦争により心に傷を負う人たちは、直接戦死者の何十倍、何百倍にも達します。

その様な人たちの悪想念が邪気エネルギーとして、戦争責任者へと送られるのです。

戦争責任者たちの魂は大変な邪気エネルギーの曇りで覆われる事になり、四次元世界へ行きますと、永遠の苦しみが続く事となるのです。

権力者たちが自らの権力の保持の為に、他人の修行のチャンスを奪うと云う事は、それなりの覚悟が必要だという事です。

戦争が起きると云う事は、権力者たちの自由な心の中から起こる事ではないでしょうか。

これは自由な心の勘違いから起こる事です。









ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 親が子を殺したら、子が親を... | トップ | 実在するプラスエネルギーと... »

あわせて読む