プラス・マイナスエネルギー研究所ブログ

お問合せ:TEL&FAX098-930-6945 仲本 兼勇

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

神とは

2017年05月06日 | 日記
神は大宇宙の無限大の意識帯の光です。

神の子は、私たちの肉体の中に内在する魂です。

神の子である私たちの魂は、親である本当の神になるために、この地球上に不便な肉体を持って修行をしているのです。

私たちの肉体に内在する魂はどこから来ているのかと申しますと、四次元世界である正気の波動界の上層から、この三次元の地球上に肉体に内在して来ているのです。

私たちの魂は、肉体という物体があるからこの地球上に来て、修行する事が出来るのです。

高次元の神は、悪想念で汚れたこの地球上に直接来る事はありません。

高次元の波動と、この地球上の波動とでは雲泥の差がありすぎますから、本当の神はこの地球上にはいないのです。

地球上にいるのは、神に化けた霊力の強い不成仏霊で、人間を惑わしたり、騙したり、平気でします。

ですから、「私は、何々神だ。」とか、「私はあなたを守っている神だ。」とか自ら言うのは、まずは疑って見る事です。

本当の神であるならば、自ら名乗る必要がない事を、一番よく知っております。

なぜなら、自ら名乗る事は、感謝されたいという見返りを、要求しているのと同じだからです。

きれいな魂の人間ならば、何も言わなくても黙って大宇宙から見守っております。

これが、本当の守護霊や守護神の役目なのです。

本当の神は、すべてプラス波動です。

存在を示す必要がある時は、素晴らしい光のエネルギーで現れる時もあります。





神は我々人間に何を望んでいるのか

神が私たち人間に望む事は、この素晴らしい地球の自然と人類の平和を、守る事ではないでしょうか。

なぜなら、この地球という星は、私達肉体人間の魂の修行の場として最も適しているからです。

しかし、今の地球は人間の我欲で壊滅状態なっています。

自然は破壊され、生態系も狂いつつある状態が、今の地球環境ではないでしょうか。

これは、私たち人間に自由という心を、神が与えたからではないでしょうか。

しかし、これも全て、神の慈悲なのです。

なぜなら、与えられた自由の心を顕在意識でコントロールして、立派に修行する事を望んでいるからなのです。

立派な修行をするのか、間違った修行をするのかで、魂の修行レベルが変わってくるのです。

地球上の全人類が、正しい修行をして立派な地球を後世に受け継ぐことを望んでいるのです。

しかし、神は何一つ地球の守り方や修行の仕方を教えてはくれません。

なぜなら、地球の守り方や修行の仕方を教えると、本当の修行にならないからです。

全て事前に、分かっていたなら、修行の努力をしなくなるのです。

楽な生き方をするのが人間です。

例えば、大学受験の時に試験問題が漏れて、事前に受験生に分かっていたらどうでしょう。

何の努力もしないで大学に合格するでしょう。

しかし、合格はしても、自分の実力ではない事は明白です。

この様に実力のない者が大学に合格しても、後々本人が苦しむだけではないでしょうか。

苦労をして本当の実力で合格を勝ち得たなら、本人も大学生活を楽しんで送る事が出来るでしょう。

私たち人間が、未来の事や全て先の事が分からない人生を送る事が立派な修行となり、その事を神は、望んでいるのです。

これが神の愛なのです。







ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不成仏霊が肉眼で見えるのは... | トップ | 事件や事故で命を亡くした幼... »

日記」カテゴリの最新記事