プラス・マイナスエネルギー研究所ブログ

お問合せ:TEL&FAX098-930-6945 仲本 兼勇

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

地獄界はなぜあるのか

2017年05月03日 | 日記
私達の肉体は、いつの日か必ず死によって滅びてしまいます。
病気をして、病院で死を迎える時、死への恐怖心は、誰にでも多少あると思います。
しかし、人間の寿命は、誰も止める事は出来ません。
死を迎える時は、死への心の準備をしてから、死を迎える事が大切な事なのです。
もちろん、治る病気なら病気と闘って、病気を治して元気になる事に越した事はありません。
人間、生きて修行をする事が大切だからです。
しかし、最善を尽くしても、病気に勝てない時は、死への心の準備が必要です。
病気に勝てず、死の世界へ行きますと、この世とあの世の境界である三途の川を渡ります。
その三途の川を渡りますと、素晴らしい世界が待っております。
そこは、幽界と言う世界です。
この幽界には、三週間から長くて七週間しか滞在する事が出来ないそうです。
その期間を過ぎると、四次元の霊界へと進んで行きます。
その四次元の世界は、プラス波動の世界とマイナス波動の世界とに分かれます。
どの世界へ行くかは、自分自身の魂の波動で決まります。
自分の魂の波動が正気波動ならば、正気波動と同調して正気波動界へと行けます。
魂の波動が邪気波動ならば、邪気界、つまり、地獄の波動と同調して地獄界へと行くのです。
どの波動界へ行くかは、この地上での修行に掛かって来るのです。
これが、神の元での平等です。
どの道へ行くかは、皆さんの自由です。
地獄界は、人間の悪想念が創る所なのです。
決して、神が創ったのではないのです。
人間の心が創ったのです。
全ての人間が、正しく生き、正しい修行をするならば、この素晴らしい地球上に平和という世界が来る事でしょう。
もし、その様な平和な世界がこの地球上に来るなら、四次元界での地獄界は、なくなる事でしょう。









ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生老病死 | トップ | 三次元に幽霊はなぜいるのか »

日記」カテゴリの最新記事