プラス・マイナスエネルギー研究所ブログ

お問合せ:TEL&FAX098-930-6945 仲本 兼勇

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

陰徳を積む

2017年04月24日 | 日記
陰徳とは、読んで字の如く、陰で徳を積む事です。

つまり、見返りを求める事無く、困っている人を助ける事です。

心の面や物質面、あるいは金銭面でも、他人から感謝を求めるのではなく、感謝をされるように助けてあげる事です。

相手からの感謝が、陰徳を積む事になるのです。

そして、たくさんの陰徳を積む事で、魂のレベルが上がります。

一番よい陰徳を積むには、四次元世界へ行った魂が邪気エネルギー界(地獄界)で修行をしている場合、その魂達を浄化して正気の世界、つまり、天国と言われている世界へ浄霊してあげる事が、一番の陰徳を積む事となるのです。

たとえば、自分の身内の方や友人知人がまだ天国という正気の世界へ行っていないとします。

その魂達を、浄化し、供養してあげる事が、大きな陰徳を積む事になるのです。

もし、自分で供養をして天国という正気界へ浄霊してあげる事が出来なければ、出来る人に頼んでも頼んだ人の陰徳になるのです。

自分で浄化して成仏させるには、自分の魂が肉体にあることを確認し、その魂が正気(プラスエネルギー)のレベル五以上なければ浄化して成仏させる事は危険です。

なぜなら、正気エネルギーレベルが四以下だと邪気界の不浄仏霊に負ける可能性があるからです。

つまり、不浄仏霊に憑依されます。

また、不浄仏霊を浄化して成仏させるには、三次元界の地球上のものでは絶対に浄化して成仏させる事は不可能です。

なぜなら、地球上のものは、肉体を持った人間が生きて行く上で必要なものであり、四次元世界へ行った肉体のない魂には何の役にも立ちません。

地球上のものをたくさんあげて祈祷をしても、ものや祈祷で通用する世界ではありません。

不浄仏霊や地獄霊を浄化するには、正気のエネルギーで邪気エネルギーに覆われた魂達を説得するしかありません。

正気のプラスエネルギーで邪気のマイナスエネルギーを説得する事によって、魂に付いている邪気エネルギーを浄化します。

すると、浄化された魂は、気が付いて反省をします。

反省をすることで魂に正気エネルギーの光が差し込み、守護霊である魂の兄弟達が天国の世界へ導きあげるのです。

人間は、肉体を持つと他人が説得をしても、顕在意識で物事を判断します。

人間、肉体を持つとなかなか素直になれません。

肉体を持つとプライドが邪魔をして、判断するのに時間が掛かります。

しかし、魂だけの霊界では心が非常に素直でありますから、良い事か悪い事かの判断が瞬時にできます。

ですから、正気の波動で説得をすると、瞬時に判断を下してすぐに反省をします。

反省をすることで魂に付いている暗い邪気エネルギーが晴れて、正気波動の光に包まれ天国である正気波動の世界へと昇天して行くのです。

不浄仏霊が、成仏して、天国へ行く事により陰徳を積む事になるのです。

また、先祖供養は、いつも心の中で先祖に感謝をする事でもあります。







ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いじめはなぜいけないのか | トップ | 心に邪気エネルギーを背負っ... »

日記」カテゴリの最新記事