ライオンの詩 ~sing's word & diary 2

~永遠に生きるつもりで僕は生きる~by sing 1.26.2012

#16 好きなサカナのキーホルダー、承ります。形は全部同じです。

2017-06-17 00:58:20 | Weblog
十六曲目。第3部の二曲目。「サマンサのアイデンティティ」(Trash Box Jam, RUBBER SOULに収録)



最近、魚を彫ったりしている。
なぜか?なぜ魚を彫ったりしているのか?

それはわからない。なんとなーく、魚を彫ったりしているだけ。

魚を彫ったりしていて楽しいのか?
別に楽しくはない。ただ、なんとなーく彫っているだけだから、楽しくなくてもよい。

ほんとは、楽しい。

魚を彫ったりしていて楽しいというとバカだと思われるから、別に楽しくないと言ってみたが、本当は結構楽しい。

魚のキーホルダー、売れないかなぁ?

なんの魚かって?

さっき彫ったのは鮎で、その前に彫ったのはハマチ。
形も大きさも同じだけどね。

鮎とハマチのキーホルダー、誰か買ってくれないかなぁ。


サマンサのアイデンティティ。

アニーズガーデンの曲である。
アニーズガーデンでは、「サマンサ」と称する。
Trash Box Jamでは、「サマンサのアイデンティティ」と称する。
同じ曲である。

アイデンティティと称すると、アイデンティティとは何か?を説明しなければならない。

さて、アイデンティティとは何か?
辞書にはこう書いてある。「同一性」。
同一性とは何か?
さっぱりわからない。

「自分探しの旅」なんて言葉をよく聞く。
「自分探しの旅」の否定派という人がよくいる。
ちなみに、僕は「自分探しの旅」の肯定派である。

生きる上で、アイデンティティは重要である、と僕は思う。

そんでもって、アイデンティティとは何か?

アイデンティティとは、「自分探しの旅」における「自分」であると、僕は思う。

「自分」とは何か?

「自分」とは、「他の誰でもない自分」、ということである。

詩人の言葉を借りるならば、「揺るぎない自分の中にある、揺るぎないモノ」だと、僕は思う。

確固たるアイデンティティを持った人ならば、自分探しの旅は必要ない。
生きるということは、「アイデンティティを探す旅」だと僕は思う。
アイデンティティを意識もせず、アイデンティティに興味も持たず、自分探しの旅をせずに生きる人は・・・なんというか・・・少し、面白くない。

さて、君は君である。
他の誰でもない、君である。
君は世界に一人しかいない。
どこを探しても、君一人しかいない。
そうでしょ?違うの?
ならば、君のアイデンティティは?

答が浮かばないのなら、「自分探しの旅」へ出ないとだね。


「サマンサのアイデンティティ」

泣き疲れ眠った横顔 さりげない夜にねぇサマンサ
君が漏らすため息が1000キロ四方を闇に変える

君がうつむく訳と確かなものを探してるだけと,,,you said
今は見えない自分の存在を明かす影さえ知れない
所変わり心痛み涙の河渇かぬから

浮かない氷上のダンス一切を投げ出して
squeeze僕をジューサーで30秒

唄が流れた「悲しい顔するのはやめなよ ねぇサマンサ」
独りぼっち帰り道 星が空に流れて散った

だから・・・意味も無い不安を 誰かの体温を 纏い付く助言を
負けない負けたくない泣かない泣きたくない涙ポロリ
寂しがり屋撤回絶対強くなりたい涙キラリ

空回りの現状突拍子なサクセス
squeeze未来をジューサーで30秒とちょっと


ねぇサマンサ・・・そこは上空1000メートルリボンの上
無敵だって強気だって踏み外したら真っ逆さまさ

単純なストーリー「僕が受け止めるよ ねぇサマンサ」
だからほら全速で1000マイルほど詰め合わせて

泣き疲れ眠った横顔 さりげない夜にねぇサマンサ
君が漏らすため息が1000キロ四方を闇に変える

唄が流れた「悲しい顔するのはやめなよ ねぇサマンサ」
独りぼっち帰り道 星が空に流れて散った

lalala lalalala samantha...smile for me...

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #15 シッシー、あの時、メー... | トップ | #17 参勤交代で足が痛くなっ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
サマンサ (やよい)
2017-06-18 13:20:14
この曲も名曲だよね、うん。
また聴きたいなぁ〜。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む