ライオンの詩 ~sing's word & diary 2

~永遠に生きるつもりで僕は生きる~by sing 1.26.2012

#11 世界の中心で「ブルートゥースカムバック!」と叫ぶ。

2017-05-26 03:15:48 | Weblog


十一曲目。第2部の四曲目「月のお姫様」(trash box jam The Band 2nd, the room404に収録)。

アイフォーンセブンが発売されてから、ブルートゥースのイヤホンが飛ぶように売れているらしい。なぜならば、アイフォーンからイヤホンジャックが消えたからである。

イヤホンジャックがなくなったら音楽が聴けないじゃん?とお思いのアナタ、心配はありません。充電ケーブルを挿し込むところへ、アダプターを使ってイヤホンを挿し込めば聴けます。アダプターは標準で付属しているからご安心を。

僕はアイフォーンセブンを使っているわけで、つまりイヤホンジャックがないわけで、でもアダプターを付ければ問題なく聴けるわけで。
だがしかし、一つ問題が・・・ある。あった。
充電ケーブルを差し込む箇所へイヤホンを挿すと、充電ケーブルを挿すところが塞がってしまう。つまり、充電しながらだとイヤホンが使えないのである。

がーん( ̄◇ ̄;)

ということで、僕は売れに売れているというブルートゥースのイヤホンを買ったのである。へへへ。

コードが無いってのはいいのである。気に入ったのである。畑でも庭でも散歩中でも、イングリッシュニュースを聴けるのである。

「よし、かっこいいのを作っちゃうかな」

と、レザーのイヤホンホルダーを作ったのである。へへへ。

イヤホンホルダーにブルートゥースのイヤホンを付けて、会う人会う人に自慢をするのである。見せびらかすのである。

そして、ブルートゥースのイヤホンをどこかで落として失くすのである。

ショックなのである。

まだ5回くらいしか使ってないのに。

見せびらかしたからバチが当たったのである。とほほ。
ブルートゥースのイヤホンがなくたって、生きていけるからいいけどね。


月のお姫様。ハネバージョン。

手拍子をお願いします。そこはハネバージョン。それぞれがそれぞれの手拍子を。
ステージの上から。それぞれの手拍子を眺めながら歌う。

僕の好きな唄。
君の好きな唄。
僕を好きな君。
君を好きな僕。

笑いながら、微笑みながら、毎日をいく。

チョコレートみたいな夜が明ける。

きっと今日も、世界は君に優しいはずだ。


「月のお姫様」

嵐の前触れのようにボクが恋をした人は
赤いリボンとハーモニカが似合う月のお姫様

雲の切れ間に浮かんでいたボートに乗って駆け落ちして
海の向こうは行き止まり知らない世界はこの先だ

チョコレートみたいな毛布に包まれて
少し寒がりなボクらはベッドを作った

ボクは少しあくびをしてキミはすでに夢の中で
ロッキングチェアーみたいに揺れてる三日月は今日もご機嫌だ


次第に追っ手が迫り来るお姫様奪還の指令のもと
情熱を武器に応戦だ 愛に勝るものなどありはなしない

気まぐれた猫にそそのかされて迷い込んだ未知のダンジョンで
「ボクが必ずキミを守るよ」格好をつけて約束した

つないだ手を強く握りしめたまま
少し泣き虫なボクらは笑った・・・そして

ボクはキミにキスをしてキミはちょっと首をかしげて
ロッキングチェアーみたいに揺れてる三日月は今日もご機嫌だ


チョコレートみたいな毛布に包まれて
少し寒がりなボクらはベッドを作った

嵐の前触れのようにボクが恋をした人は
赤いリボンとハーモニカが似合う月のお姫様


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #10 どこかで輝くshineを探し... | トップ | #12-1 アニキをアニキと呼び... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む