ケロりん魂~kerorincon 

素敵に飛びつく飽くなき魂
~浮かぶうたかたの「与太話」  

なんとなく狂気に満ちてゆく感じ〜忙しかったら読まないで超与太話( ̄ー ̄)ゝ

2017年07月14日 | スマホ投稿








        

この街は絶賛
スクラップアンドビルド

轟音とともに慣れ親しんだ物が破壊され
後にそびえる
無菌のバベルタワー

なんとなく
そして否応なく奪われたのに
二度と関与は許さない
資本の権化
どれもこれもタワマンで




見慣れない光の加減、北寄りのからの西日は
6時を過ぎても衰えず
何かが狂ったような
間違い探しの違和感で
私は、今別の星にいるみたい。


私の影も
まだ燻るように焼かれるコンクリートも


等身大の私      ( ̄ー ̄人)


さて
昭和の昔なら
一年に一度報道されるかされないかの大洪水が
アチコチで起こって

狭い視野で
切り取られた情報を
頻回に見せられ続けてゆくうちに
私はやっぱりどうしやうもなく
そのうちに
慣れてしまう。


毎日報道される猛毒のアリのことも
かつてのデング熱のように
いつだったかの
セアカゴケグモのように

それで結局私の脅威なのか
なんなのか
ってとこで


浸かってる湯はじんわりじんわり熱く熱く
でも、
出るわけにもいかなくて


どにも術を知らないから
怖いね暑いね
で日々やり過ごす


いつもとにかく情報だけは豊かで速い
知ってる

けれど

何もできない

ああどうか
お手柔らかにお願いね?


とか
思ってる




時代はますます加速するのに
私は着々加齢して


もうこれ以上速くは歩けない
なんだかよくわかんない



だから時々
とてつもなく私は不安になるアルよ



という
そんな話



街中からお邪魔しました
さ、帰ろう。


( ̄ー ̄)ゝ





スクラップ=公園・児童館











ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 若鮎は母の好物~義母の入院... | トップ | 2017年七月前半記  ~7... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (TKG)
2017-07-15 00:22:10
“人生は風のように過ぎてゆく”

麦さんからいただいた言葉
ずっと心に残っていますよ。
建物や街も“そよ風程度”には過ぎていくのでしょうかね。

最近、特に思います。
風のように過ぎるのであれば、その風に乗ってちょっと俯瞰して過ごしたいなぁと。
やや逃げのようでもありますが、一個の人間の数十年など、取るに足らない瑣末なことです。

そう、人生はケ・セラ・セラ公則&ツイストでドラムは結局、ふとがね金太がやらざるを得ないのです。
鮫島秀樹がドラムは叩けません、彼はやっぱりベースです。

麦さんは麦さん、米ではないのです。
私もTKGであって、KFCになれないのです。
当然、ECC・TBC・SK2にも縁がありません。

そろそろ寝ます…。
なんてなんて! (萩)
2017-07-15 05:23:40
スマートな影なんでしょう! ←そこ?

何十年に一度の災害がこうも頻繁に
ここ数年あちこちであるようになって
「まだ被害にあってない」者としては
ニュースはともかく、
ワイドショーなどで次々に流される映像は
注意を促されるどころか、
対岸の火事に馴らされてしまうことのほうに
効果を発揮している気がします。
大雨が来る、被害が出る、と注意報が出てるのに
私のようなこの感覚では
いずれ私も逃げ遅れる側かなぁ、なんて
ぼんやりと思っていたりします。
このぼんやり感で、今日も生きています。
TKGさま (麦)
2017-07-15 11:12:29
そうですよね
商店街だって、もう入れ代わり立ち代わり
なんとあの日高屋が私の庭にできていて
テレビ取材(と言ってもMX東京)入るほどの盛況ぶりだと最近知りました。


俯瞰
この国では「何もしていない」をするのは
とても根性いりますもん。
いいと思います。
私としては立場上
その根性あるイーグルを飛翔させてくれている空
名古屋美人の肝っ玉も想像します。

この間
立ち読みした本の中に
才があるかないかで悩むのはばかげている。手持ちの能をどう生かすかが勝負
という一文がありました。
そういうことですよね。

KFC大好き
ECCは高校の時夏期講習行ったことあります。
TBCは無駄だけどSK2は使ってみたいですねえ。

それにしてもですよ??
そのコンディションで
これだけ出てきたというのは
超絶すごい才のような気がします。
( ̄▽ ̄)b
 (麦)
2017-07-15 11:22:42
そう、
これが「あり得ること」になってきて
昨日報道された中国の暴風雨なんて
本当に映画だと思いましたもの。


子供の復旧の手伝いにいそしむ姿など密着し
胎児と幼子を抱いて亡くなった方の死の直前のインスタグラムをお見せすると
CMまたぎで予告して
どんな災害も現状も

「壮絶なスペクタクル
お楽しみいただけましたでしょうか?」

というセリフで締めくくられても
違和感ない感じすらするのです。

しかしそれはあくまでも
受け取り手の私の気持ちの投影で
そういう風に見るからそういう風になるんですよねえ・・・。

そういうことも含めて
怖いです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。