ケロりん魂~kerorincon 

素敵に飛びつく飽くなき魂
~浮かぶうたかたの「与太話」  

病院なう 2 ~今を生きる ( ̄ー ̄)ゞ

2017年06月15日 | ゆめゆめ笑うなゆく道だ(義母と施設と)





         




病院に着いて面会手続きを済ませてもすぐには病棟に行かず
売店のセブンでカフェオレを買って、
義母モードに切り替えます。
昨日あれだけ痛がっていた義母が、今日どうなっているか。
望んで確かめたい訳ではないけれど
1日でも見に行かないのは 怖くてできない
ただ、どうしているか確かめるために
日参するのです。


動かないのは右腕だけで済むのか
昨夏の入院で転がるように悪くなった認知症、ココから更にひどくならないか
退院時に食事が口から摂れないようなら、
特養への再入居は難しいと言われて出てきて

場合によってはもう一度、
その時の状態に合わせて
施設探しのイチからやり直し〜なんて未来も
チラ見えするのですが

先のことを考えても面倒臭さがむやみに香り立つだけなので
今のことだけを考える。

そう
あれだけ
痛がっていた義母は



どうなっているのか・・





                






「お義母さんが今
どこも痛くなければ、いいんよ。」

「私が?そうかあ、痛かったらそれは大変でしたな!」

「今が痛くなければ、万々歳やね?」



この日はゴキゲンで
頭の中がかなりクリアーになっていったらしい義母は
そのうち
「どうして今、自分がこんなところにこんな状態で居るのか?」という大問題を思い出してしまって


段々と
不機嫌になっていきました。


過去へ過去へと、
この抗えない不本意の元凶を探す旅
義母の彷徨が本格的になる前に
また来るからねと
逃げ出すように帰ってきました。




今日はそんな話





                    ~( ̄ー ̄)ノシ







.
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 病院なう〜 年寄りの痛み無情 | トップ | ことの顛末~去年の今日はま... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (萩)
2017-06-15 05:17:46
ちょっと、ホッとしました(笑)。
今日さらに痛みを訴えていた、とかじゃなくて。
日参する気持ち、なんとなくわかります。
通う事の負担より、行かずに終わった日のほうが
多分ココロのほうが疲れて潰れそうな気がするので。
って、想像だけで勝手な事書いてますがね(^^;

介護は先が見えないので、無理しないでね。
ひとまず安心 (LEO)
2017-06-15 17:17:51
痛いのが無くなっていて良かった。食べられる状態で施設に帰れそうなのも良かった。お義母さんがどうなっているのか?心配だけど、現実を見に行くのも勇気がいると思う。現実から逃げてもどうしようもないけど・・・。先を心配するのではなく、今と向き合っていくしかないねんね。頑張りすぎないでね。
認知症の母や義母を見てきて (くちかずこ)
2017-06-24 19:29:38
一番感じたことは、人間の強さかな。
施設勤務の時も感じました。
人ってどうなっても、強いわ・・・と。

認知症の残酷さ、哀しさを見ることも。

家族は、
現実問題を解決する方法を模索し、
あり得ない言動に振り回され、
腹が立ち、切なくも有り、
自分が行く道かもという恐怖にも。

人生って、寿命って、50年が正しかったと思うんだなあ。。。
萩姉さま (麦)
2017-06-28 21:59:31
拍子抜けしましたけど、よかったです
痛くない
というのは幸せですよね。

いつも思うんですよね
「これが在宅介護だったら地獄だ」
って。

なのでね
日参すると言ったら聞く人みんなねぎらってくれるんですけど
寝食排泄お風呂まで、すべて他所のプロに任せっぱなしで、
その様子をみに1.2時間をささげるくらいなんともないのです。
せめてものってやつでしょうかねえ
( ̄▽ ̄)
LEOちゃん (麦)
2017-06-28 22:01:10
そうなのよ、
先のことを考えてもしようがないから
今を見るしかないのよねえ・・。

ていうか、先のことを考えても
このことばかりは楽しいことが思いつかないもんねえ。
くちかずこさま (麦)
2017-06-28 22:16:54

命のやり取りの現場にいらしたんですもんねえ。
施設におられたこともあったんですね。

人って強いんですね。
私は食事の時に様子を見に行くんですが
視線の先には何も映ってなくて
何を食べているかわからない状態でも
もうドロドロで何を食べているかわからない食事でも
それが半分くらい入りきらずに垂れ流しになっていても
人は口に食べ物を入れるんだなあ・・と思うことがあります。

この間、80代のおばあさんが
「あちこち痛いのなんて当たり前よ
私の体は昔ならとっくに死体なんだから、死体が生きてるんだから」

「ああああ~そうですよねえ!」
って言わないようにするのに
全身全霊の集中力を使いました。

50年だと私も死体だなあ
でも、私もそれが正しい気がします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。