貧乏日記2017

ひなびた黄昏の地方都市に住む、初老の非正規社員(奇跡的に、平成30年6月末まで契約更新してもらいました)の貧乏物語。

6月17日(土)

2017-06-17 11:57:43 | Weblog
朝食:バナナ1、玄米食パン1
昼食:カップうどん、惣菜1
夕食:寄合

今日の買い物:龍角散ダイレクト、カップうどん、ミニ豆腐、玄米食パン、焼きプリン、惣菜1、キウィ2、柚子胡椒、飲むヨーグルト、キッチンペーパー、トイレットペーパー、ティッシュペーパー、洗剤詰替、消臭元、コーヒー粉(200g)、ゴミ袋2

今日の支出:5899円(含 クリーニング、+寄合会費不明4000円?)

【産経抄】
われこそは正義の味方とばかりにかさにかかっている新聞や野党、ご都合主義が過ぎる 6月17日
http://www.sankei.com/column/news/170617/clm1706170003-n1.html

日本に産経新聞があって本当に良かったと思うね。
そして、購読者数も増えてるらしいし、電子版の閲覧はそれ以上に増えているとか!

>▼平成22年9月に尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖で、中国漁船が海上保安庁の巡視船に体当たりする事件があった。当時の民主党の菅直人内閣は海保が即日公開する予定だった衝突映像を隠蔽(いんぺい)したため、海上保安官だった一色正春氏が義憤にかられ、映像をインターネットに流した。

 ▼この時、朝日社説は「政府や国会の意思に反することであり、許されない」、毎日社説は「国家公務員が政権の方針と国会の判断に公然と異を唱えた『倒閣運動』でもある」と決め付けた。菅内閣の仙谷由人官房長官は「由々しき事件だ。徹底的に調べないといけない」と強調していた。

民進党がお間抜けなところは、自分たちが過去どういう発言をしていたか、全く検証していない事。
こんな政党に、国を任せられるわけがない!
それは、知能は高くても知性はゼロの、阿呆サヨ・メディアにジャーナリストもどき(たとえば、スーパーJの大谷爺とか(笑))も同罪。
そして、メディアが陰湿なのは、産経が書いていることは、知っていながら、平然と論理が通らない安倍政権批判を垂れ流す事だね(笑)

「共謀罪」成立 記憶しておきたい発言を総まとめ
文春オンライン / 2017年6月17日 7時0分
https://news.infoseek.co.jp/article/bunshun_2968/

お間抜けなコメントが並ぶ。

>デーブ・スペクター
「自民党のやり方こそ凶暴罪」
ツイッターより 6月15日

お前は、しょうもないおやじギャグで自己陶酔してればいいよ!

共謀罪を、戦時中の治安維持法になぞらえるバカも多い。
運用に問題はあったとはいえ、治安維持法は、そもそも過激な共産主義者を取り締まるためだったのでは?
ただ、戦争遂行のために、運用が戦時体制批判にも向けられてだけ。

安保関連法案にときも書いたが、今の日本が、戦争をして得る国益、あるいは、守れる国益はないよ。戦争を起こせば、国益は100%損なわれる、そんなことを分からない自民党じゃないよ!

今回の共謀罪も同じ、”たけし軍団の殴り込み”を例に出しているけど、極論に過ぎないし。実際に、出版社に殴り込みをかけるために、凶器を集めていれば、出版社側の罪もない人に危害が及ぶ可能性があるわけだから、未然に防ぐべきものであることは論を待たない。そもそも、こんな例を出して記事を書くレベルの低さに呆れるよね(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月16日(金) | トップ | 6月18日(日) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL