健康・美容・その他の悩みお役立ち情報

健康食品、サプリメント、美容、化粧品その他の悩みのお役立ち情報を発信します。

快適のタネ■ 第223話 ■ ●●●のリスクを知ろう!

2017-07-15 16:32:49 | 快適のタネ

快適のタネ ■ 第223話 ■
●●●のリスクを知ろう!

みなさんは
「胃下垂(いかすい)」という言葉を
耳にしたことはありますか?


胃下垂とは、
通常みぞおちの辺りにある
胃の下部が、へそや骨盤当たりの
位置まで垂れ下がっている
状態を指します。

「胃下垂は太らないと
聞いたことがあるから羨ましい!」
と思う方もいらっしゃるかと思いますが、
実は健康上のリスクが潜んでいるのです。

生まれ持った体型、体質によって
引き起こされる場合もあれば、
生活習慣が引き金となって
胃下垂になることもあります。

今回はそんな
胃下垂についてのお話です。

==============================
胃下垂を引き起こす原因と影響
==============================
胃下垂を引き起こす代表的な原因には、
以下のようなものがあります。

1.猫背や反り腰

運動不足による筋力低下や
骨盤の歪みは、猫背や反り腰を
引き起こすことがあります。
これらは胃を支えにくい姿勢のため
胃の下部の位置が
下がりやすくなるのです。

また、胃以外の臓器も圧迫されるため
働きが悪くなり、
新陳代謝の低下にも繋がります。

2.胃を支える筋力や脂肪が少ない
加齢や生活習慣から
胃を支える筋力や脂肪が減少すると
胃の下部の位置が下がりやすくなります。

3.ストレスや食生活


ストレスで、自律神経が乱れると
胃をはじめ、臓器全体の働きが
悪くなってしまうことがあります。

胃の場合、働きが悪くなると
食べ物の消化に時間がかかります。
すると、食べ物が長く胃に残り、
その重みを支え切れなくなって
胃の下部の位置が下がる
ことに
繋がるのです。

また、早食いや暴飲暴食なども
消化を悪くする要因となります。
そして、やがて胃もたれ、胃痛に
つながってしまいます。

胃下垂の状態が進行していくと
さらなる消化不良や膨満感、
食欲不振を引き起こす
「胃アトニー」という状態を
併発することもあり、注意が必要です。

そんな胃下垂を防ぐためには、
胃を支える筋肉を鍛えるのが
効果的です。

そこで今回は簡単にできる
胃下垂防止エクササイズを
ご紹介します!

==============================
簡単!胃下垂防止エクササイズ
==============================
胃をはじめとする、内臓全体を支える
「腹横筋(ふくおうきん)」を鍛えるのが
予防のポイントとなります!

1.仰向けに寝て膝を立てる



この時、手の平は床についてください。

エクササイズの効果を高めるため
柔らかい布団やベットの上ではなく
絨毯やマットなど、ある程度の
硬さがあるものの上で
横になるのがおすすめです。

2.腰を浮かせる



膝、腰、胸が、
できるだけ一直線になるように
腰を浮かせてください。

3.2番の姿勢を5秒間キープ



つらい場合は無理をせず、
短い時間から始めて
だんだんとキープする時間を
延ばしていってください。

1~3の工程を
1日に5セット行うのが目安です。

胃下垂を防いで、
胃に負担の無い毎日を
過ごしていきましょう!


快適のタネ バックナンバー
こちらから♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 書評 しょひょう : 樋口穣... | トップ | 【デヴィ】 『ドライブ日和♪』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL