。+°:*.氷花.*:°+。

あなたにどうか 
    とどいてほしい
        わたしのこころ

天使が舞っていた

2017-04-21 | プレシャス
せんせいと また 逢った。4月14日。
せんせいは、やせていたけれど、げんきにしゃべっていた。安心した


この日を、わたしの2度めのたんじょう日にしよう
この日を、わすれない、わたしの2度めのたんじょう日にしよう


わたしはせんせいに出逢えて、生まれかわれた

「じぶん」を語ることをしった。「訴える」ことをしった
「じぶんの生を訴える」ことをしった

ありがとう、と感謝のことばしか、おもい浮かばない

わたしの人生の核になるものをつくってくれて、ありがとう
わたしの人生の支柱になるものをつくってくれて、ありがとう


10代のあのころ、せんせいに逢ってから帰るとき、いつも こころのなかは天使が舞っていたよ
あまりに浮かれすぎて、電車の切符をとちゅうでなくしてしまうほど。
ジャンル:
その他
この記事についてブログを書く
« 友情は永遠か | トップ | 哀しき魔術師 »