マイ・シークレット・ガーデン vol.3

アニメ好きハハがネタバレ感想等をつぶやいてます。秘密のお庭へ遊びにいらっしゃ~い♪

東京国立博物館 平成館 特別展「茶の湯」

2017年04月20日 | お出掛け
Gremzキーワード:ゴミ分別!
知識も見る目もないけど・・


東京国立博物館 平成館 特別展「茶の湯」 行って参りました~

アニメの『へうげもの』見て興味あったので^^;

上野駅公園口を降り、国立科学博物館の前を通り



信号を渡って



チケットを買って門の中へ



表慶館の前を通り



これが平成館か~



で、
今回も音声ガイドを借りました。520円也
荷物はロッカーへ預けます^^v
初めはお茶が日本に伝わった歴史や足利将軍の室町時代あたりから・・
唐物の名品は前半に展示

青磁の花入れ美しいです
ネットの映像だと青っぽいのですが、パンフレットの緑がかった感じが近いかな
写真より透明感があります



シロウト的目玉のひとつ、曜変天目
油滴天目とこちらは四方から見ることが出来るのですが、人が群がって大変^^;
室町時代のものとは思えない輝きです
曜変天目の独特の模様は内側だけで、外は深い紺色なんですね~
油滴天目は星空のようでもあり、季節がら夜桜の花びらのようにも見えました・・



天下三肩衝のひとつ、初花
こないだTVで見ました~
こちら、内緒の保管場所から何重にも入れ物に入ってて
出すだけですごく時間がかかるのですよ^^;
もっとしゅっとしてるのかと勝手にイメージしてたら思ったより丸い感じでした



日本で焼かれた茶碗で国宝に指定されているのは
本阿弥光悦の白楽茶碗(銘不二山)と、この卯花墻の2碗のみだそうで
志野茶碗の代表とか



粉引茶碗 三好粉引
素朴で力強さが特徴みたいな朝鮮物も、時代を経るに従って洗練されてく気がします



交趾大亀香合
私にゃ全然わかりませんが藤田傳三郎という人はずっと入手したがっていて
もうすぐ亡くなるという枕元で落札出来たと報告を聞いてとても喜んだとか・・



こういう本物を常に見て勉強を重ねていれば見る目は養われるのでしょうか・・?
それにしても、
ほとんどは私にも美しさや佇まいの良さがわかる(気がするw)ようなものだと思いますが
古田織部の趣味は理解出来ない~というものも多くて^^;
この人の感性は現代美術に通じるものがあるのかもーーー?なんて妄想しましたww

写真OKの茶室「燕庵」再現展示コーナー



にじり口



茶道口



この特別展は≪きもの割≫がありますよ^^b
普段から着物を着ているんだろうなぁという方も結構お見掛けしました
平日でしたがそこそこ混んでいました++;
今までで一番入館者の平均年齢が高かったような?
普段、美術展では人に接触することは少ないと思うのですが
今回はおばさま、おばあさま方に身体や持ち物で触れられて驚きました^^;

上野駅にてこんなポスター見ましたwwww



東京国立博物館 平成館 特別展「茶の湯」
『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 帰りたい場所 | トップ | 妹キャラの幻想とノートの存... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。