読書日和

お気に入りの小説やマンガをご紹介。
好きな小説は青春もの。
日々のできごとやフォトギャラリーなどもお届けします。

高校生の遅い帰宅

2017-05-18 19:41:50 | ウェブ日記
遅い時間の電車に乗った時、高校生が乗っていて驚くことがあります。
例えば21時30分くらいの電車に乗ると、車内に高校生が数人いたりします。
部活動の帰りや制服のまま塾に直行した帰りだと思います。
私も弓道部に入っていましたが遅い場合でも20時過ぎには帰宅できていました。
21時30分頃でまだ電車に乗っているのはだいぶ疲れる一日になると思います。

私は高校一年生の時は22時には寝ることが多かったです。
その後高校二年生で徐々に寝る時間が23時に近づき、高校三年生では安定して23時頃でした。

21時30分の時点でまだ電車に乗っているとなると、家に着いてご飯を食べお風呂に入り、出てきてから一休みしていると、たぶん23時は過ぎると思います。
24時や25時に寝るような日が続くと睡眠不足になり、若々しさのある高校生といえど体に疲れが溜まってくるはずです。

成長期では寝ている時の22時~2時の間に体が成長すると聞いたことがあります
この時にきちんと寝ずに深夜まで起きている日が続くと体の成長にとっては良くないと思います。
高校生はまだ成長期で年齢が若いほどその傾向があるので、体の成長のためにもなるべく早く寝たほうが良さそうです。

なので部活や塾などであまり帰宅が遅くなりすぎるのは体にとっては良くないのだと思います。
ただ部活で大事な大会があり遅くまで練習していたり、大学受験を目指して遅くまで勉強するような場合もあるため、それらときちんと寝ることとどう折り合いをつけるかが問題です。
帰宅が遅くなるのが避けられない場合は帰宅後にいち早く寝るための流れを考えておいたりして、上手く工夫して寝る時間を確保してほしいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本刀の一閃のような雲 | トップ | 名古屋城の桜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。