読書日和

お気に入りの小説やマンガをご紹介。
好きな小説は青春もの。
日々のできごとやフォトギャラリーなどもお届けします。

憲法記念日2017

2017-05-03 15:12:53 | 政治
今日5月3日は憲法記念日です。
日本国憲法が施行されてから今日で70年となります。

70年の節目の年、5月1日に行われた「新しい憲法を制定する推進大会」にて、安倍晋三首相から印象的な発言がありました。
「いよいよ機は熟してきました。今、求められているのは具体的な提案であります」
「憲法改正という大きな目標に向かって、この節目の年に必ずや歴史的な一歩を踏み出します」


これはまさにそのとおりだと思います。
衆議院でも参議院でも憲法改正に前向きな議員の数が全体の3分の2を超え、憲法改正の発議が可能な状況になりました。
民主主義国家として国会で憲法改正の発議をし、「国民投票」で国民に直接意見を聞くべき時が来ました。

日本国憲法の施行から70年が経ち改正したほうが良いものが増えてきましたが、中でも特に話題になるのは憲法九条です。
まず、私は日本の平和を願います。
そして平和はただ「平和が良いです」と願うだけでは守ることができず、守るための具体的な方策を考える必要があります。
昨年の5月に「平和記念公園の折鶴から見る戦争と平和」の記事で書いたように、こちらがどんなに憲法九条を信じても中国には関係ないことで、尖閣諸島侵略をやめてはくれないです。
もし本格的に艦隊を組んで尖閣諸島を奪い取りに動けば、それは中国によって戦争を仕掛けられるということです。
尖閣諸島侵略の先には沖縄本島侵略を見据えているのも明らかであり、今のままただ憲法九条を信じているだけでは平和を守ることはできないです。

中国に尖閣諸島侵略を思い止まらせるためには「抑止力」が極めて重要です。
まず2015年秋に集団的自衛権の公使が容認されたことで従来より抑止力を向上させることができました。
ただしそれではまだ不十分で、「憲法九条の改正」という重要なものが残っています。
憲法九条を改正し日本を守れる憲法にすれば中国はさらに尖閣諸島を侵略しずらくなり、日本が戦争を仕掛けられる危険性も下げることができます。

この世界は全ての国が善良なわけではなく、中国のように武力で他国の領土を侵略しようとする国が存在します。
北朝鮮のようにミサイルにサリン(猛毒)を積んで日本に打ち込むと脅迫してくる国が存在します。
平和を守るためにはこれらの国に対し、いかにして「日本に戦争を仕掛ければこちらもただでは済まない」と思わせ攻撃を思い止まらせるかが重要で、これが抑止力です。
平和に暮らせる日々を守っていくために、私は憲法九条の改正を希望します。

参考記事
「平和記念公園の折鶴から見る戦争と平和」

※「憲法記念日2017 日本共産党談話 昨年と今年の特徴」の記事をご覧になる方はこちらをどうぞ。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 皇位継承問題 | トップ | 憲法記念日2017 日本共産党談... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。