読書日和

お気に入りの小説やマンガをご紹介。
好きな小説は青春もの。
日々のできごとやフォトギャラリーなどもお届けします。

「ソーシャル・ネットワーク」

2011-01-15 22:18:19 | 音楽・映画
今日は映画「ソーシャル・ネットワーク」を観に行ってきました。

-----内容-----
マーク・ザッカーバーグは、友人のエドゥアルドにサーバ費用などを提供してもらい、ハーバードの学生だけが使える“ザ・フェイスブック”を作る。
ザ・フェイスブックはすぐに多くの会員を獲得し、ハーバード大生以外にも人気を広げていた。
しかしマークは、「アイデアを盗用された」と訴えられる。
そして、サイトが大きくなり、マークが“ナップスター”の創始者に心酔するようになると、親友のエドゥアルドもマークから離れて行く…。
世界最大のSNS“フェイスブック”誕生の裏側を描くヒューマンドラマ。

-----感想-----
この映画は以前から興味があり、観てみたいと思っていました。
日本ではまだあまり馴染みのない「Facebook(フェイスブック)」ですが、全世界では利用者数5億人以上の巨大SNSとなっています。
そのフェイスブックの生みの親、マーク・ザッカーバーグと、彼を取り巻く人間たちが、「フェイスブック」を巡って壮大な人間ドラマを繰り広げていきます。
物語は事実を元に随所に創作を盛り込んで作ったとのことで、ジャンル的には「半ノンフィクション人間ドラマ」になるのかなと思います。
作品に出てくる主な登場人物について、以下に簡単に説明します。

マーク・ザッカーバーグ
フェイスブックの創業者。プログラマやハッカーとして天才的な能力を持つ。

エドゥアルド・サベリン
フェイスブックの共同創業者。マーク・ザッカーバーグの唯一の親友。しかし段々と確執が生まれていき、最終的にマークを訴える。

エリカ
マークの恋人。「アンタがモテないのは性格が最低だからよ」と言い、マークを振る。

ショーン・パーカー
ネット上で音楽ファイルを交換する「ナップスター」を創業した、シリコンバレーの企業家。フェイスブックの存在を知り、マークに近付く。

双子のウィンクルボス兄弟
裕福な家に育ち、次期オリンピックにも出場が期待されるボート部のエース。学内男女のインターネット上の出会いの場“ハーバードコネクション”を作るため、マークのプログラミング能力を利用しようとして近付く。最終的に「アイデアを盗用された」としてマークを訴える。

ディヴィヤ・ナレンドラ
ウィンクルボス兄弟の友人。同じく“ハーバードコネクション”を作るため、マークに近付く。

ほかにも色々な人が出てきましたが、重要だったのはこの7人かなと思います。
これを見て分かるように、親友と恋人以外は、マークを利用しようとして近付いてくるんですよね。
何だか欲望や思惑に満ちているなと思いました。
もともとはウィンクルボス兄弟とディヴィヤ・ナレンドラが“ハーバードコネクション”の立ち上げをマークに持ちかけたことで、フェイスブックの誕生につながっていきます。
なので「アイデアの盗用だ!」となり、知的財産権を主張するのは分かるのですが、自分たちもマークを利用する気満々だったのを棚に上げているのが何だかなと思います^^;
マークを上手いこと使って“ハーバードコネクション”を作ろうと思ったら、マークはその遥か上を行く天才だった、そんなところかと思います。
利用しようとしたほうも、出し抜いたほうも、それぞれ思惑があったわけです。

悲劇的に見えたのは、マークの親友のエドゥアルド・サベリン。
当初はフェイスブックの共同創業者として、主に資金面と事業面でマークとともに頑張っていたのですが。。。
段々と疎外感を感じていく様子が可哀想でした。
シリコンバレーの企業家、ショーン・パーカーが近付いてきたことで、マークとエドゥアルドの関係がおかしくなってしまいました。
ショーン・パーカーを警戒するエドゥアルドとは対照的に、彼に心酔してしまうマーク。
段々とエドゥアルドに断りなくショーンとマークの二人だけで話を進めてしまう場面が目立つようになり、最後は…
あんな形でマークとエドゥアルドの友情に終止符が打たれてしまうとは、残酷だなと思いました。

物語は、マークとエドゥアルド、ウィンクルボス兄弟が裁判で争う「現在の場面」と、フェイスブックとともに走り抜けてきた「過去の場面」が、交互に展開されていく形式となっています。
なので場面はよく切り替わり、またマーク・ザッカーバーグ役の俳優が迫真のマシンガントークを見せていたこともあり、かなりシリアスな雰囲気となっていました。
マークは天才すぎるからなのか、裁判でも過去の場面でも、微妙に話が噛み合わないときがありました。
質問に対して、全く違う答えが返ってきたり。
その辺りも孤高の天才プログラマとしての雰囲気を上手く表していたと思います。

随所に創作があるとはいえ、基本は事実を元にした物語。
フェイスブックの舞台裏にはこんなに濃い人間ドラマがあったのかと思いました。
マイクロソフトがそうであったように、何か画期的なものが登場するときは人と人の思惑のぶつかり合い、確執があるのだなと思います。
マーク・ザッカーバーグは億万長者になるのと引き換えに、大切な親友を失ってしまいました。
それでもこういった天才的な人はきっと立ち止まらず、どんどん先に進んでいくのだろうと思います。

映画はシリアスなまま終わるのかと思いきや、最後の最後に何だか微笑ましい感じの幕引きとなりました。
あの場面のマークが一番人間味があるように見えました^^
観るほうとしても、最後に緊張感が解かれる感じに終わってくれて良かったです
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クリスピー・クリーム・ドーナツ | トップ | 薔薇色のスタートとはならず »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
この映画・・・★ (あかね)
2011-01-30 00:47:35
私も興味があり、観てきました
自分と年齢がほとんど同じ人物が主人公、しかもフェイスブックも現在進行形として、まだわからない未来があるからか、映画としてどんな風にまとめられているのかなと思っていたのですが・・・マークを取り巻く人間ドラマが、すごく見応えあって楽しめましたエドゥアルドに関してはほんと哀しかったよね

TBさせていただきます
あかねさんへ (はまかぜ)
2011-01-30 19:02:56
あかねさんも観たのですね
人間ドラマはとても濃密でしたね。
エドゥアルドはずっと体よく使われてる感があって、見ていて可哀相でした。。。
フェイスブック創始者の二人が最終的に裁判で争うことになって、人間の嫌な部分を見た気がしました。
でも作品としてはかなり見応えがあって面白かったです

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「ソーシャル・ネットワーク」(ネタバレ注意) (映画鑑賞日記)
評価:★★★ ストーリー(Yahoo!映画より) 2003年、ハーバード大学の学生マーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)は、 学内で友人を増やすためのサイトを親友のエドゥアルド・サヴェリン(アンドリュー・ ガーフィールド)と共に立ち上げる。サイトは瞬く...
『ソーシャル・ネットワーク』 友達いる? (映画のブログ)
 『ソーシャル・ネットワーク』というタイトルは、とうぜんFacebookそのものが代表するSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のことだと思った。  しかし、それでは映画の題材にならないだろう。デ...
ソーシャル・ネットワーク / 映画 (恋する図書館。)
久々~に映画感想日記です『ソーシャル・ネットワーク』を観ました STORY:マーク・ザッカーバーグは、友人のエドゥアルドにサーバ費用などを提供してもらい、ハーバードの学生だけが使える“ザ・フェイスブック”を作る。ザ・フェイスブックはすぐに多...
「ソーシャル・ネットワーク」 牽引するのは脚本力 (はらやんの映画徒然草)
現在世界最大のSNSへ成長しているフェイスブックのCEOマーク・ザッカーバーグを
『ソーシャル・ネットワーク』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「ソーシャル・ネットワーク」 □監督 デヴィッド・フィンチャー □脚本 アーロン・ソーキン□原作 ベン・メズリック □キャスト ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク■鑑...
ソーシャル・ネットワーク (映画的・絵画的・音楽的)
 すでにグラミー賞の4冠を獲得していて、さらにアカデミー賞の最有力候補ともされていますから、早目に見ておこうと、『ソーシャル・ネットワーク』を吉祥寺のバウス・シアターで見てきました。 (1)この映画はFacebookの創始者であるマーク・ザッカーバッグ氏のことを中...
映画「ソーシャル・ネットワーク」 (itchy1976の日記)
ソーシャル・ネットワーク 映画 - goo 映画 ソーシャル・ネットワーク:作品情報ー映画.com 「ソーシャル・ネットワーク」オフィシャルサイト ソーシャル・ネットワーク@ぴあ映画生活 ソーシャル・ネットワーク (映画)-Wikipedia ○作品データ(映画.com) 原題:The Soci...
映画 ■■ソーシャル・ネットワーク■■ (Playing the Piano is ME.)
ゴールデン・グローブ賞の ドラマ部門作品賞を受賞して アカデミー賞の有力候補にもなった 「ソーシャル・ネットワーク」 これは見逃せません! ああ、アカデミー賞前後は、名作が多くて嬉しい!
『ソーシャル・ネットワーク』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 ソーシャル・ネットワーク 』 (2010)  監  督 :デヴィッド・フィンチャーキャスト :ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク、アーミー・ハ...
ソーシャル・ネットワーク (The Social Network) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 デヴィッド・フィンチャー 主演 ジェシー・アイゼンバーグ 2010年 アメリカ映画 120分 ドラマ 採点★★★★ いつまでも根に持って虎視眈々と復讐の機会を伺うタイプではないんですが、“機会があれば仕返ししたいリスト”ってのを常に心の奥にしまっている私...
The Social Network ソーシャル・ネットワーク「字幕」(2011-003) (単館系)
世界で5億人以上が登録しているSNS(交流サイト) 「Facebook(フェイスブック)」の誕生物語。 自分は未登録。→登録しました。 ソーシャル・ネットワークを略してSNS。 日本でのSNSといえばmixi。 ...