読書日和

お気に入りの小説やマンガをご紹介。
好きな小説は青春もの。
日々のできごとやフォトギャラリーなどもお届けします。

女性の活躍推進について

2016-12-20 20:34:50 | 政治
ちょうど今読んでいる「細雪」(著:谷崎潤一郎)という小説が昭和初期を舞台にしていて、まだ女性の社会進出が一般的ではなかった時代のため、現代との差が凄く印象的です。
そこで女性の社会進出、活躍推進について思ったことを書いてみます。

現在、安倍晋三首相率いる自民党政権は「女性が輝ける未来を」と、女性の活躍推進を重要政策として掲げています。
昨年の8月28日に「女性活躍推進法」が国会で成立し、今年の4月1日に施行されました。
これにより従業員301人以上の企業は、女性の活躍推進に向けた数値目標を盛り込んだ行動計画の策定などが新たに義務づけられることになりました。
例えば女性社員(女性管理職)が今は○人なので、これを○人まで増やしたいなどの目標になるかと思います。
私は女性の活躍を推進するのは良いことだと思います。

女性の社会進出、活躍推進については、以前から極端な意見がありました。
一つは「三食昼寝付き」などと専業主婦を馬鹿にする意見です。
あたかも物凄く怠けているかのような言い方で、社会に出て働くことのみを正義とし、家事、育児の大変さに目を向ける気はないようです。
もう一つは「女は家庭に居れば良いんだ」という、社会に出て働くことに難色を示す意見です。
こちらは「細雪」の時代のような意見で、一体いつの時代の話をしているのだろうと思います。

ちなみに女性の活躍推進も、一歩間違えると「とにかく女性も一律でみんな働くべき。専業主婦なのは怠けている」というような意見になりかねないため、注意が必要だと思います。
私は「専業主婦は三食昼寝付き(女性もみんな社会に出るべき)」も「女は家庭に居れば良いんだ(女性はみんな社会に出ないべき)」も極端だと思うので、その中間くらいが理想的だと思います。
各家庭の家族構成、経済状態、そして女性自身の人生観から、専業主婦のほうが家族生活が豊かになる場合もあるでしょうし、社会に出て働いたほうが豊かになる場合もあると思います。
女性の活躍を推進するのは大いに良いと思いますが、社会に出て働くことの推進一辺倒にならず、専業主婦として家族を支え家事、育児に励む女性にも目を向けてもらえればと思います。
専業主婦になっても社会に出て働いても、どちらを選んでも女性が輝ける未来になってほしいです。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スパゲティハウス チャオ | トップ | 「イメージの心理学」河合隼雄 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ビオラ)
2016-12-22 10:39:39
お早うございます。

はまかぜさんのおっしゃる意見と同じです。
女性が輝ける場所は、女性の生活環境により、家庭であったり、社会であったり、それは、色々ですし、人それぞれだと思います。
独身女性、
結婚はしているが、子供はいない女性、
おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に住み、老人、子供の世話をする女性、
結婚していて子供がいる女性
結婚していて子供が独立している女性
・・・、それぞれに条件が異なりますから、ライフスタイルも色々で、輝き方も色々。

私は色々な女性を見ていますが、自分の周りに輝きを放っている人多いです。
しかし、皆社会に出て働いている人ばかりではなく、家で何か教えている人もいるし、家族のサポートをしている人もいます。

1人1人の女性が、周囲とのバランスを考えて、自分のポジションで輝ければ、良いのではと思います。

基本の形は家族。
家族とのバランスを考えて、良いポジションにつければ良いと思います~
ビオラさんへ (はまかぜ)
2016-12-22 17:27:18
やはり生活環境によって輝ける場所は変わってきますね。
そしてビオラさんの周りには輝いている人が多いのですね
それは良い影響を受けることと思います。

家族とのバランスは大事だと思います。
時期によっても変わってくるので、一人一人、自分自身に合った輝き方をされていってほしいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。