滂沱の涙・・・涙を流して少しでも楽になりましょう!

基本的には思いを吐き出し滂沱の涙を流すブログ。暗く、悲しく、惨めな思いを歳も体裁も場所も構わず訴える。

2016-10-18 23:36:03 | 心情






今日は少し良いことがあった

私の知らない店の主人が

高校時代の娘をしっかりと憶えていてくれたのだ

何年も前の娘のことをしっかりと記憶に留めてくれていた

思いもかけなかった当時の娘の思いや行いを聞かされ

まるでタイムスリップして

二度と会えるはずのない娘に会えたような不思議な気持ちだった

上手く表現できないけれど

娘のかけがえのない過去の1ページを

自分の知らないところで誰かが大切に守ってくれていたような気がして嬉しかった












『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 写真 | トップ | 生きること »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (夢子)
2016-10-19 09:47:01
人の一生、永くて短い一生。
気がつけば もうこんなところまて
来てしまった。
やり直すことが出来るなら
一体どこまで戻ったらいいんだろう?
若い頃、悩み、苦しんだ事も
今では苦笑い・・・
娘さんはまだ若いです。
たくさんの未来があります\(^-^)/
うらやましいです。
若さに乾杯 (さみ)
2016-10-20 21:36:42
若いということは尊いけど
これからの人生も長いということ
夢も、希望も幸福もいっぱいだけど
挫折も失望も危険もいっぱい
そんな人生を
逞しく生き抜いて欲しいと
母は切に切に願うだけです




コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。