終の棲家でのんびり暮らす田舎暮らし

リタイアして山の中に終の棲家を建てて、夫婦二人で自然すぎる環境での田舎暮らしは、どこまで続けられるかを綴る。

桜の木が真っ二つ折れたが

2017年06月28日 | 田舎暮らし

先日は低気圧の通過に伴ない関東地方に 竜巻注意報が出ましたね。
我が地区には、竜巻注意報は出ませんでしたが、ものすごい風邪と 雨が降った。

標高260m位だと思うが 道路脇の桜の木が真っ二つになり道路に倒れた。
上に住む方が道路脇に寄せたところに出会い、私が薪にするから片づけることを引き受けたのだった。

写真左から

  1. 桜の木は弓なりになった状態で倒れている。
  2. 枝のほうからチェンソーで落としていくことに。
  3. 折れた幹が軽くなったところで、折れた箇所を整形して終わり。
  4. 少しばかりだが「桜の薪」がとれました。

もちろん各写真画像をクリックすると大きな画像を別窓で表示しますよ。

ジャンル:
その他
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 女三人の熱川温泉の旅に同行 | トップ | ギボウシをGIFアニメで遊ぶ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む