終の棲家でのんびり暮らす田舎暮らし

リタイアして山の中に終の棲家を建てて、夫婦二人で自然すぎる環境での田舎暮らしは、どこまで続けられるかを綴る。

私の人生の楽園が危機に

2016年10月29日 | 田舎暮らし

ヤマユリの郷が危機に陥っている

少し大げさなタイトルをつけてごめんなさい。
毎日、イノシシたちの口撃というか食害に壊滅的な状況なんです。
だってヤマユリの球根をピンポイントで堀当てていく 『 イノシシたち 』。。。。スゴワザだ!

『 はっきり言って憎いです 』

リタイア後 『 終わった人 』 に仲間入りした私が、
山中での終の棲家で出会った数株のヤマユリに魅せられてから、

群生を見ることが少なくなった昨今 『 ヤマユリの郷自然再生を夢みて 』
小さな斜面の一角だがライフワークの一つにしようと増やしてきたのだった。

最近は数も増え、近所でも注目を集めるまでになったのに、毎日進入されて穴だらけ。

これで 『 私のヤマユリの郷は終わった 』 になってしまうのか?

この日は、警戒していたのだ。
庭のデッキに大型の投光器を据えて、8時から一時間毎に監視していたのに、
11時に外を見たら投光器の光に『 まさかのイノシシ6頭 』の黒い影が。。。。

私は、喉が切れるほどの大声で『 コラー ~~と叫んだのだ。
イノシシは侵入した穴から猛烈な勢いで 『 ドッドッドー 』 出ていったのだった。
私は、頭にヘッドライト、長靴を履き、1.2m の大釜を持って山奥に向かって追っかけ

叫びながら~~だが、もう姿形はない。

ネットが破られたところからまた進入してきやしないかとショックで一晩寝れなかった。

球根がある処をピンポイントで掘っている状況を見ると、匂いで探し当てるようだ。

掘り出されたが、食べ損じた球根だ。助かったと喜びたいところだが。。。。。。

山に響き渡るような大声、私の『 コラー ~~ で食べ損じた球根だ。

元来、私は声が大きい、仕事のヒソヒソ話のときに声が大きすぎるとよく注意された。
私の尋常ならざる大声のせいか200m離れた家の犬がつられて吠えてしまう始末。

もうこれ以上、球根を食べられては大変とばかりに、ステンレス線入りと高めのネットを買ったのに。これで守れることを期待してというより祈るような気持ちだったのだ。

そんな祈りを打ち砕くように、外周をイノシシから守るためにネットを張ったのに。。。

たった二日で破られてしまう。それはないだろうと言い。。。自分の考えが甘かった。
あの大きな体、こんなネットなんかチョコザイだったのか。

これがイノシシにネットを食い破られた箇所だ。
ネットの下を押さえるために、地面に転がした黒い木にはコールタールを塗ってあった。

枝からぶら下がっている青いネットに、トイレミニボールを入れたのに無力だった。

ステンレス線入りネットでも簡単に噛み切られてしまう有様なのだ。
この日もかなりの被害になってしまった。

根本的に別の対策が必要だ。『 ショックと怒りが 』早急に行動しないとヤマユリが全滅してしまう。

150mmメッシュ筋で害獣対策するしかないのかな。

関連記事

山百合の郷から終の棲家だより
我が終の棲家のメインイベントであるヤマユリ観賞祭り(たったふたりのデッキで乾杯だが)は無事に終わった。。。。
2016年07月25日 | 終の棲家 gooid: sinbolsugi


私のヤマユリの夏は終わった
運命の出会なのか。どこにでもありふれた緑の山に囲まれたこの地を終の棲家として暮らし始めてから、強がりを。。。
2015年07月16日 | 花と植物 gooid: sinbolsugi


『ガーデニング』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 薪ストーブのサイトマップ | トップ | マダニ退治はまだに~ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む