終の棲家でのんびり暮らす田舎暮らし

リタイアして山の中に終の棲家を建てて、夫婦二人で自然すぎる環境での田舎暮らしは、どこまで続けられるかを綴る。

暑いよ!だが薪割りは続くのだ

2017年08月09日 | 薪ストーブ色々

暑い炎天下での薪割りは難行苦行だった

丸太の山を早く片付けたいの一心で、旅行前に玉切りにした丸太を割っている。

いま割っているのはケヤキの丸太で、薪としては火力がある方だ。薪といえばコナラ・クヌギなどが代表格だが、椎茸栽培の原木になることが多くなかなか手に入らない。

「コナラ・クヌギ」より「ケヤキ」は堅く割りにくいが、燃焼火力はともに高いとされている。
以前の七トン電動薪割り機だと手間隙が掛かってしまうところだが、エンジン式薪割り機なら意図も簡単に処理作業が進むのがうれしい。

広葉樹の丸太が終わっても薪作りから卒業できないのだ。なぜなら針葉樹「メタセコイア」の丸太13本があり、玉切りと薪割りが残っているのだった。

これが終わったら薪作りからしばらく解放されたい

暑いよ 10分もすれば汗が噴出してくる。ガーデンパラソルを立てての奮闘だ。

  直径40~50センチはあるケヤキの玉切りは持ち上げるには重すぎる。腰を痛めたくないので、アルミブリッジ二本をスロープのように使って転がしながら簡単に薪割り機に乗せられた。   直径50センチの玉切りもまずは1/2の半分に割って、各々をさらに半分に割り、1/4から細かく割って薪にしていく。一個の玉切りを割って一輪車いっぱいになった。けっこう重いです。

表画像に1024px×768pxの拡大画像をリンク、下のGIF画像は一枚3秒の表示。

関連記事

やっぱり道具の力は凄い
さすがチェーンブロックだ!丸太を軽々と持ち上げる 昨年の暮れからずう~っと頑張ってきた『 薪作り作業 』の。。。。
2017年07月25日 | 薪ストーブ色々 gooid: sinbolsugi

PH-GS13で楽に薪割り
初めからエンジン式薪割り機にすればよかった。本格的薪割り機PH-GS13プロは電動薪割り機がオモチャに。。。。
2015年03月28日 | 薪ストーブ色々 gooid: sinbolsugi

大量の薪、薪屋になれるかも
薪置き場第二として借りている。地主さんは薪をどんどん作って薪を売ればと言ってくれますが簡単ではない。。。
2015年02月25日 | 薪ストーブ色々 gooid: sinbolsugi


ジャンル:
その他
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やっと栗駒山荘に泊まれたよ | トップ | たった一回でごまかす気じゃ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む